爪に押すだけ簡単ネイルアート!ネイルスタンプでかわいくセルフネイル!

韓国から始まって、今では世界中で親しまれているスタンピングネイルアート。凹凸がないのが特徴で、柄の上に柄を重ねることも可能。アレンジ次第で、時間と手間をかけずに楽しむことが出来ます。ネイル初心者でもサロンで施術してもらったようなネイルアートを楽しめるスタンピングネイル。試してみてはいかがですか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2015.11.3 作成:2015.11.3

自分でネイルをする人には嬉しいスタンピングネイル。
繊細な模様を10本の指全てに描くのはとっても大変な作業ですが、この方法ならスタンプをポンするだけというシンプル動作。楽しくって色々試したくなりますよ♡

道具を揃えましょう

【用意するもの】
■ネイルポリッシュ
■スタンパー
■スクレイパー
■スタンププレート

スタンパーは丸型と長方形があります。メーカによって固さも違うようです。
スクレイパーは使わなくなったクレジットカードなどを代用してもOK!
あると便利なのが、はがせるタイプのベースコート。
でも、ベースコートとして使うのではありません。
爪全体にスタンプを押したい場合、爪の周りに塗ってはみ出た部分の除去に使うとキレイに汚れが取れるので便利なんです♪
その他には、スタンプを押したくない部分にマステやセロハンテープを爪の周りに貼る方法もアリです。
ビニールパッチ(パンチ穴補強用のテープ)はネイルをする人には必需品かも?!

スタンププレート

プレートはワンポイント用と全体的に柄をのせることが出入る長方形、使う場所によって表情を変えられるミックスデザインのプレート等があります。

スタンピングネイルのやり方

Step 1.
ベースコートを塗ります。
(ワンポイントのスタンプではなく、爪全面にスタンプを押す場合は、ココで爪の周りにはがせるタイプのベースコートを塗って乾かしておいて下さい。)
Step 2.
スタンププレートに、ネイルポリッシュを塗ります。
Step 3.
スクレイパーやカードを使って余分なポリッシュを除去します。スクレイパーを斜めに当てて、素早く動かします。
Step 4.
プレートからスタンパーに模様を写します。
スタンパーは転がすように押し付けます。真上から力をかけると模様がにじんでしまうので注意です!
※スタンプに余分なポリッシュがついてしまっている時には、指で拭うかテープ類をその部分に貼って取り除きます。また、爪楊枝を転がして取る方法もあります。
※ポリッシュは乾きやすいので、Step 3〜4の行程は素早く行って下さいね。
Step 5.
爪にスタンプを押して模様を写します。
Step 6.
爪の周りのベースコートをはがし、爪にトップコートを塗ったら完成です。
言葉の説明では分かりにくいこともあると思います。
動画でやり方を見た方が、実感しやすいと思いますので、挑戦する前に動画で確認することをおすすめします。
これからのウインターシーズンは、クリスマス柄やノルディック柄で指先を彩ってみてはいかがですか?

消しゴムはんこで自作スタンプ!

鉛筆の片側に消しゴムのついているものがありますよね。
その消しゴムを削ってスタンピングネイルに使うことも出来るとか!
また、スポンジを使ってスタンプするのもスタンピングネイルの応用編と言えるのかも。
消しゴムはんこで、レオパード柄を表現!!
グラデーションやレインボーネイルをするならスポンジを使うといい感じで出来ますね☆

100均のポリッシュは使える?

さらっとしているポリッシュだとうまくプレートに残ってくれないようです。一度塗りでもしっかりと発色するタイプのポリッシュがオススメ。

100均のポシッリュで使える!と言われているのが「AT 濃密グラマラス」シリーズ。きれいに発色します。
100円ではなくなってしまいますが、プチプラコスメのCANMAKEのネイルポリッシュもオススメです。
ダークカラーベースにスタンプするなら、CANMAKEの白がきれいに発色します。
CANMAKEの黒もくっきりはっきり♡
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事