服の収納は見せる?隠す?おしゃれに衣類を収納するインテリアアイデア

みなさん、衣類の収納法にお困りではないですか?
クローゼットがごちゃごちゃしていたり、クローゼット内に衣類が収まりきらずにお困りの方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、衣類をおしゃれに収納するためのポイントをご紹介していきたいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年5月31日更新

目次
  1. 衣類の収納、上手に出来ていますか?
  2. 衣類の収納方法
  3. 1.クローゼット内をおしゃれに見せる方法
  4. 2.クローゼットに入りきらない衣類の収納法
  5. 3.引き出しの収納法
  6. まとめ:実践してみよう

衣類の収納、上手に出来ていますか?

増え続ける衣類たち

日に日に増えていく洋服たち。
みなさん、上手に収納できていますか?

可能であれば、ちょっとした小部屋をウォークイン・クローゼットとして使用したいけれど、そんな贅沢は言ってられませんよね。

一人暮らしの収納

特に一人暮らしの方は、小さなクローゼット内に、全ての衣類を収めなくてはいけません。
しかし、ただ衣類をクローゼットに詰め込んでいくと、使い難くなってしまいますし、見栄えも悪くなりがち。

クローゼットの中が汚くて、誰かがいる時は、絶対にクローゼットの扉を開けられないという事態に陥って入る方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、今回は、上手な衣類の収納方法を複数ご紹介していきます。

衣類の収納方法

衣類の収納方法には、大きく分けると、クローゼットを使用する方法としない方法とがあります。
おうちに造り付けのクローゼットなどがない、という方でも大丈夫。
今回は、両方ともご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.クローゼット内をおしゃれに見せる方法

クローゼットの収納術:基本「長さごとに衣類を分類」

まずは、クローゼット内をおしゃれに見せるための基本を押さえましょう。

こちらの写真を見ると、沢山の洋服をクローゼットに収納しているにも関わらず、とてもスッキリして見えますよね。

その理由は、「長さごとに衣類を分類」しているからです。

クローゼットの収納術:基本2「順番に並べるように収納」

実は、衣類をキレイに収納するためには、この「長さごとに分類する」ことが一番大切なポイントになります。
「長さごとに分類する」、たったこれだけのことをするだけで、グッと整理整頓されている感が出て、クローゼット内がすっきりとして見えるのです。

例えばこちらの写真では、衣類をシャツ、ワンピース、パンツ、スカートなどジャンルごとにきっちりと分けて、区画を決めて収納されています。
シャツ類も、長さが長いのから短いのへと、順番に並べるように収納されていますよね。

これにより、クローゼットの中が非常に明確に片付いた印象になるのです。

非常に簡単なことですが、とても効果がありますので、クローゼット内が散らかっている方は、ぜひお試しください。

クローゼットの収納術:小物編「本棚やカラーボックスを活用」

続いては、クローゼット内で、小物をおしゃれに収納する方法のご紹介です。

おすすめの収納方法は、こちらの写真のように、奥行きのある「本棚」を使用して、お店のようにディスプレイする方法です。

洋服も一緒に収納できますので、見た目がおしゃれなだけでなく、使い勝手も良い、とてもおすすめの収納法です。

そして、本棚の隣に「カラーボックス」を設置すると、バックなどの背丈の高い物、または、下着などの人目に触れさせたくない物を収納できますので、更に使い勝手が良くなります。

クローゼットの収納術:小物編2「ドアハンガーは便利」

また、小物を収納する場合は、「ドアハンガー」を利用し、クローゼットの内扉を上手く活用することも大切です。

こちらの写真に写っているアイテムもドアハンガーの1つ。
このような「ドアハンガー」を活用して、使用頻度の高いアイテムをクローゼットの内扉に掛けて収納してみましょう。

そうすることにより、クローゼット内の空間をより効率的に使用することが可能になります。

「ドアハンガー」で検索すると、さまざまなアイテムがヒットしますので、ぜひお気に入りのアイテムを見つけてください。

クローゼットの収納術:小物編3「小分け収納できるドアハンガー」

ドアハンガーには、こちらのように、小物を小分けに収納できるタイプも存在します。

こちらも使用頻度の高い小物を収納するのに適したアイテムですので、出かける前にバタバタしてしまいがちな方は、利用してみるといいかもしれません。

クローゼットの収納術:シャツホルダーでショップディスプレイのように

クローゼットで衣類を仕舞う方法は、何もハンガーだけではありません。
こちらのような「シャツホルダー」を上手に活用することで、シャツなどを畳んで収納することも可能です。

まるでショップのようなディスプレイ収納になっていて、すっきり片付いて見えるのが素敵です。着たい服が一覧でき、すぐに選べるのもいいですよね。

オシャレでシンプルなシャツホルダーは、無印良品などで手に入れることができます。
また、シャツだけではなく、小物を収納するのに特化した「小物ホルダー」、バッグの整理に最適な「バッグホルダー」など、クローゼット内での整理収納に便利なアイテムが各種揃っているので、必要に応じて選んでみるのもいいですね。

クローゼットの収納術:ボックス収納

どう使おうか、運用に頭を悩ませがちなのがクローゼットの最上段ですよね。

高い場所にあって手も届きにくいから、普段使いのものを入れておくには不便だし、かと言って、普段使わない季節ものを入れておくとしても、取り出しに大きなストレスを感じるようだと、そのままずっと死蔵されることにもなりかねません。

そんな時に活用したいのが、「ボックス収納」です。

ひとつひとつの箱に、中に何が入っているのかを「タグ」できちんと管理し、ほしい時にほしいものの場所が一瞬で分かるようにしておきます。

こちらのように、同じ種類のボックスで統一して収納すると、見た目もすっきりするし、とても片付いた印象にもなります。

ちなみにこちらのボックスは、セリアで人気の「PlentyBox(プレンティボックス)」です。
シンプルな見た目がどんなインテリアにも合わせやすく、ひとつ100円と、リーズナブルに個数を揃えられる点がオススメです。

2.クローゼットに入りきらない衣類の収納法

見せる収納法:ハンガーラック編1「ハンガーラックとは」

続いては、クローゼット内に納まりきらなかった衣類の収納法をご紹介していきます。
まず最初にご紹介する方法は、ハンガーラックを使用した収納術です。

ハンガーラックとは、こちらの写真に写っているような、沢山の衣類をかけておけるラックのことです。
通販雑誌やホームセンターなどでよく見かけますよね。ネットなどでも簡単に手に入りやすいです。
では次は、ハンガーラックのおしゃれな使用方法をご紹介します。

見せる収納法:ハンガーラック編2「使用例」

こちらがハンガーラックの使用例になります。
とてもおしゃれな収納法ですよね。

ハンガーラックをおしゃれに使用したければ、やはり「服の長さ」ごとに衣類を並べることが大切です。

そして、もう1つは、衣類の色に統一感を持たせること。
沢山の色が混ざり合うと、ごちゃごちゃした印象を生んでしまいますので、だいたい3色までにしておきましょう。

見せる収納法:カラーボックス編

衣類と同様に、カバンや靴もどんどん増えて、クローゼットを圧迫していきますよね。

そして、「服よりも、小物が収納できない!」と言う方も多いのではないでしょうか?

そんな時は、カラーボックスに注目です。
カラーボックスをこちらの写真のように並べ、小物を収納すると、お部屋があっという間にアパレルショップ風に。

カラーボックスは安価な物が多く販売されていますから、コストをかけずに見せる収納ができますよ♪

見せる収納:カーテン編

見せる収納とは、ちょっと異なりますが、つっぱり棒とカーテンを利用して、簡易クローゼットを作ってみるのも1つの手です。

こちらの写真のように、おしゃれなカーテンを使用すれば、お部屋の雰囲気を崩すことがありませんので、ぜひお試しください。

3.引き出しの収納法

衣類を取り出しやすく収納する方法

最後にご紹介する収納術は、チェストの引き出しに、衣類を大量に、そして取り出しやすく収納する方法です。

こちらの写真のように、衣類を平べったく積み重ねている方もいらっしゃると思いますが、この収納法では、多くの衣類を収納することは不可能です。
そして、着たい服を探すのに時間がかかってしまいますよね。

衣類は縦に仕舞う

そこで、おすすめなのが、衣類を縦に並べて収納する方法です。
こちらの写真のように、衣類を立たせて収納すると、いつもより多くの衣類が収納できる上、探している衣類をすぐに見つけることが可能になります。

色別に仕舞うと更に便利に

そして、さらに踏み込んで、色別に衣類を収納すると、更に目的の衣類が見つけやすくなります。

チェストに衣類が収まりきらないとお悩みの方は、ぜひこの収納法をお試しください。

仕切りを上手に活用する

引き出し収納をする上で、みなさん、お悩みを抱えやすいのが、下着や靴下などの小物収納ですよね。
そのままどんどん入れていくと、どこに何を入れたのかわからなくなり、ほしい時にほしいものが取り出せなくなり、また、見た目もごちゃついて、あまりよくありませんね。

そんな時に活用していただきたいのが「仕切り収納」です。

仕切り用の板やボックスなどを利用して、アイテムごとに分けて収納していきます。
分け方は、そんなに細かくなくてもざっくりでも構いません。ご自分で運用しやすい程度に分類するといいですよ。

仕切り用の板は、100均でも簡単に手に入りますし、また、無印良品などのポリプロピレン製のボックスも、扱いやすくて重宝します。

まとめ:実践してみよう

いかがでしたか。

以上、おしゃれに衣類を収納する方法でした。
一度このように収納システムをきっちり作っておくと、その後の衣類収納も楽になるし、何より服選び自体が楽しくなります。

衣類の収納にお困りの方は、今回ご紹介した収納法をぜひ試してみてくださいね。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事