売切続出!?セリアの◯◯風ノートがすごい!368ノートにあの手帳まで

そろそろ来年の手帳が気になる頃ですが、最近の100均の手帳もなかなかのクォリティで、選択肢に入る方も多いかと思われます。
最近、セリアではほぼ日風ノートやトラベラーズノート風、モレスキン風など、驚くような◯◯風ノートのラインナップが大評判のようですよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2015年10月12日更新

セリアの368ノート




大人気のセリア「368ページ B6フリーノート」。
「368ページノート」「368ページフリーノート」「368ノート」とも呼ばれるこのノートは、368ページというボリューム、自由度の高いページ設定で、何にでも使えると大評判。入荷されてもすぐに売切れてしまうとのウワサです。

ほぼ日手帳に似てると評判

大きさはほぼ日手帳よりも大きめなのですが・・・

中の構成が似てる

1日1ページという構成、使い勝手がほぼ日手帳に似ている、ということで話題になりました。

ページの上部に年月日

ページ下部にチェックボックス

ほぼ日手帳同様、todoリストの書き込めるチェックボックスがついています。
これは何気に便利。

ちなみにEDiTにも似ている

他にも1日1ページ手帳で人気のEDiTにも似ていると評判です。
シンプルな分、こちらのほうが近いかもしれませんね。

ほぼ日手帳もEDiTも、カバー付きだと3,000円はするし、本体だけでも2,000円前後です。それに似たものが108円で購入できるとなると、人気が出るのも頷けますよね。


ほぼ日手帳、楽しそうなのですけど、結局続かないこともありますので、まずはセリアの368ノートでお試し、という方も多いみたいですよ。

まとめ買いする人続出





なかなか見かけないノートなだけに、一度見つけると数冊買ってしまう方も。
これも幻のノートと化す原因のひとつかもしれませんね・・・

シンプルだからカスタマイズも自由自在



表紙の強度は今ひとつなので、持ち歩く方などは特に補強が必要かもしれません。

ゼンタングルで装飾

裏表紙にゼンタングルというパターンアートを描いて装飾を施していらっしゃいます。
シンプルなクラフト用紙に映えますね!

見出しを転写シールで

すっきりしていてこちらもなかなかかっこいい。

転写シールでアレンジ

セリアでついでに転写シールも買ってしまえば、このように素敵にデコれちゃいます。

セリアのウォールステッカーを貼る人も

ちょっとシュールな感じになるそうです。

日付のカスタマイズ

日付スタンプで

単純ですが、アナログでかっこいいです。

セリアのお名前スタンプ

こちらの切り離し式のスタンプを、同じくセリアで販売されている連結ホルダーを使って、日付スタンプとして使用されている方もいらっしゃいます。

これできれいに日付が押せます♪

てはさんの日付シート

インスタで人気になっている、てはさんの日付シートをダウンロードして使う方も。
これはすごく素敵ですね!ノートに書き込むのもこれだけで楽しくなれそうです。

▼てはさんの日付シートのダウンロードページはこちら▼
てはさんの。

エクセルで自作される方も

こちらはセリアのクラフトラベルに印刷されたのだそうです。
これまたシンプルで素敵ですね!

セリアのカレンダーシールを使って

こちらを貼ると、簡単に手帳になってしまいますよ。

手帳カバー



自分の好みの手帳カバーを見つけてみたり


同じくセリアのクラフトペーパーでブックカバーを手作りしてみたり


市販のB6サイズのノートカバーを使ってみたり

カバーを自作される方も

これは素敵。たった108円のノートだとは誰も思いませんよね!

ダイソーのマスキングテープを使ってみたり

横に平行に貼って、カバーにされています。

ペンとの相性

万年筆との相性も◎

裏抜けもなく、意外と優秀みたいですよ♪

quote
水性ボールペン、蛍光マーカー、水性マーカーで試してみたが、ある程度裏写りがあるけれど、それほどひどくない。
裏から見ると、多少透けて見えるくらいのことはあるようですが、気にならない程度だ、もしくはそれが味だという方が多いみたいですよ。

180度パタンと開かないという弱点

368ノートの一番の弱点・開かないこと

ほぼ日手帳、EDiTに最も及ばない弱点はと言えば、この180度パタンと開かない仕様。
ほぼ日手帳などに慣れていると特に、この開かない仕様がとても使いづらく感じられてしまいます。

quote
せっかく糸綴じなのに開きにくいというのは背表紙のノリが悪さをしているようです。ノリがべっとり付いているので開かないんですね。作業としてはこれを削り取ることになります。
なるほど。糊のせいで、開かないのですね!
この糊を取り去ればいいということみたいです。

カッターで削り取る

糊が硬質ゴムのようになっているそうなので、その部分を小刻みに削りとっていきます。
くれぐれも手を怪我しないように気をつけましょう。

このくらい削ればいいようです。
この方は15~20分かけて削られています。

180度開くようになりました!

手で押さえなくても大丈夫って、嬉しい。

削った背表紙は、製本テープで補強

そのままだと表紙がバラバラになる恐れがありますので、製本テープで補強します。
この方はマスキングテープで補強されていますよ。

好みのマスキングテープで、かっこよく製本できてしまいますね。

アイロンで溶かす手も

カッターを使うのは手を切りそうで怖い・・・
そんな方には、アイロンで糊を溶かすという手もありますよ。

アイロンで温めて溶かした糊をキッチンペーパーに吸わせて、糊を減らしていく、というやり方です。

できあがりはこんな感じ

糊を減らして取り除いて、背表紙をまた元通りにくっつけるだけなので、見た目は元とほとんど変わらない、というのもいいですね!

セリア以外でも手に入るみたい



同じ100均の「シルク」にもあるみたいです。
他にも、Watts(シルクと同系列の100円ショップ)にあったという口コミもありますので、近所にある方はそちらも確認してみるといいかもしれませんね。

セリアのトラベラーズノート風

そんな368ノートが話題になっているセリアですが他にも手帳好きなみなさんを賑わすノートを出していますよ。

こちらが本家トラベラーズノート

トラベラーズノートとは、使い込むほどに味わいが出る本革のカバーに、必要なリフィルのみを選んで挟んで使う形式の手帳です。
このカバーの荒削りな風合いと深い色味が根強い人気の肝です。

セリアのトラベラーズノート

そんなトラベラーズノートと全く同じネーミング、全く同じサイズで、トラベラーズノートのクラフト紙リフィルが発売されたと話題に。

ですが・・・


人気で品薄なのかと思いきや、何と、やはりネーミングがまずかったのか、廃盤に。


でもその後、名前を変えて、無事復活!

トラベルメモリーズノートブック

本家のものとはやはり紙質は違うのだそうですが、108円だと思うと、ガンガン気負わず書けちゃえるのが嬉しいですね!



復活後も、なかなか見かけない商品のようですので、見つけたらぜひ手に入れておきたいですね。

セリアのモレスキン風「セリスキン」



トラベラーズノートもどきの他にも、モレスキンもどきの手帳まであるそうですよ!

HBBノート

こちらが、ネットで「セリスキン」と呼ばれているモレスキン風の手帳。
青い帯を外せば、黒いモレスキンそのものです。

モレスキンもどきの手帳と言えば、こちらのほうがネットでは有名のようです。

ダイソーの「ダイスキン」

ダイソーにもモレスキン似の手帳があると大評判。
こちらは「ダイスキン」と呼ばれています。色は黒の他に白と赤もあるようです。

そして、セリアには他にも・・・

ロルバーン風のセリア「セリバーン」

こちらも本家激似系のノート。
セリアさん、どんどん攻めていますね!

いかがでしたか。
どれも本家とは一味違いながら、本家ファンも惹きつける魅力溢れたノートばかりでしたね。用途別に複数購入してガンガン使い分ける人も多いのも頷けます。
安くてシンプルだから、どんどん自分好みにカスタマイズして使ってみたいものです。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事