DIY好き必見!BRIWAX(ブライワックス)で簡単ヴィンテージ風リメイク!

DIY好きなら一つは欲しいBRIWAX!その使い方とみなさんのリメイクアイデアをあつめてみました!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2015年10月8日更新

DIY好きの家にはかならずあるという”BRIWAX(ブライワックス)”

quote
「ブライワックス オリジナルワックス」はヨーロッパで最も優れたワックスとして支持され続けロングセラーとなりました。
そして現在は世界のベストセラーとして木工愛好家や家具製作のプロまで多くの人に愛されています。
蜜蝋や植物性の天然素材カルナウバ(※)を主原料にブレンドした、このワックスは新材・古材を美しく保護します。

カラーの種類も豊富!

カラーの種類と仕上がり

左が下地のみ、右がBRIWAXを塗った木材

”BRIWAX”を使うのに必要なもの

quote
・リメイクする木材
・BRIWAX (お好みのカラーを)
・粗い目のヤスリ ~#180
・細かい目のヤスリ #240~
・水性ステイン
・たわし
・布

BRIWAXの使い方

荒い目のものをかけてから細かい目のヤスリをかける

quote
<ステップ1> BRIWAXを塗りたいものを用意して、ヤスリをかけていきます。粗い目のヤスリをかけた後に、細かい目のものをかけるとキレイに仕上がります。

<ステップ2> 木目を強調させるために水性ステインを塗ります。これをすることで、完成時の仕上がりが味わい深くなります。
quote
<ステップ3> BRIWAXを塗っていきます。布を使って塗装することが一般的のようですが、はけを使って塗ることもできます。衣類や床が汚れないように注意してくださいね。

<ステップ4> 15~30分くらい乾燥させて、たわしで磨いていきます。磨き残しがあると色移りの原因になることも。しっかりこすって定着させましょう。

<ステップ5> 乾いた布で表面を磨きツヤだしできたら完成です。

塗る時のコツやワンポイント

水性ステインの代わりにインスタントコーヒーで下地

quote
インスタントコーヒーを 濃いめに作ります(ブラックで)。それが、冷めたら刷毛で塗っていきます。

乾くと、あまり色が付いた感じがしないと思いますが、これをするとしないとでは
あとあとの、ワックスの色の 「 深み 」 が変わってきます。【ポイント】

塗る前に傷をつけておくと…

質感が変わる!

BRIWAXを使ったDIYアイデア

ツートーンテーブル

焼印風のステンシルと合わせて

板と木箱で棚!

100均の木箱をリメイク!

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事