100均 meets/silkで見つけた♪アルファベットオブジェを可愛くオシャレにアレンジする方法

インスタグラムでも話題。また、最近ではウエディングでも必須アイテムになりつつあるアルファベットのオブジェ。少し前までは3cionsなどで安価に入手可能でしたが、今や100均の「ワッツ」系列のmeetsやsilkで購入できるんです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2015年10月7日更新

アルファベットの大文字・小文字(Aa to Zz)・数字(0〜9)が揃っています。

オブジェの種類は?

quote
左がシルク 右が3coins

若干シルクの方が小さいですが 2個で300円の3coinsに対して
シルクは1個100円なのでね。

そしてシルクはMDF素材のみに対して
3coinsは片面だけですが薄い木が貼ってあります。

1個100円ならシルクでいいかなって感じですね。
そのまま手を加えなくてもナチュラルな雰囲気が◎...なのですが、この無垢な感じ、DIY心を燃え上がらせてくれます!いかようにも、自分好みにアレンジできる感が非常にウケています。

素材はMDF

こちらの「アルファベットレター(シルクでの正式商品名)」は段ボールでもなく結構しっかりとしたMDF素材でできています。
MDFとは、木材を繊維状にほぐし、接着剤などを配合してボードに成型した「繊維板」の一種です。バラツキが少ない安定した強度で、反りやねじれが生じにくい優れもの!そして、表面がすべすべしていてペイントがしやすい点もDIYにもってこいのアイテムなのです。

マスキングテープで簡単オシャレに

meetsのアルファベットレターにエイジングペイントを施し、非常に趣のあるオブジェに仕上げました。お見事です。

白でペイトした後に茶色の鉛筆で木製の雰囲気を出しました!スゴイ!力作です。

モスをベースに貼付けてプリザーブドフラワーや木の実をあしらってナチュラルな雰囲気に

オシャレインテリア実例

セリアの数字オブジェ。展開は「1、2、3」のみだそうです。

結婚式を彩る新郎新婦のイニシャルオブジェ♡最近では必須アイテムかもしれません!!
造花やプリザーブドフラワーをグルーガンで付けました。

大きさや字体のバリエーションが乏しいな...と感じたら

100均や3coinsなどで取り扱っているオブジェの大きさは手のひら程度です。もっと大きなアルファベットオブジェが欲しいと思ったら、もう作るしかありません!
...いえ、本当は購入することが可能です。木製やブリキ製などの異素材のオブジェがありますが、結構な高値になります。せっかくですので、比較的安価で手に入りやすい素材でDIYを楽しんでみてはいかがですか?

ブリキ製のオブジェ。無機質な感じがかえってオシャレです。

木製のオブジェは木目を生かして

素焼きテラコッタのアルファベットオブジェ

海外のインテリアに学ぶ

海外では、イニシャル(アルファベット)を用いたインテリアは非常にポピュラーで、DIYも盛んに行われています。リースに用いたり、ウォールデコレーションにしたりとてもオシャレなアイデアが沢山あります。
好きな大きさで自分好みの字体で、アルファベットオブジェを作ってみましょう♪

KIDIMO(キディモ)は、いまパリで大人気のアルファベットアートショップです。

段ボールにアルファベットを書き(パソコンでお気に入りの字体をプリントアウトすると良いですよ)グルーガンで造花を付けました。出来上がったアルファベットをアンティーク調のフレームにおさめました。

こちらも素材は段ボール!布で包んでしまえば問題ありません。字体はシンプルなものが包みやすいですね。

ナント、こちらは約200枚のコーヒーフィルターを使ったアルファベットレターです。

発泡スチロールを使い、前と後ろを二枚の布で包みました。仕上げに側面にリボンを沿わせています。

厚みを出すために二枚の段ボールの間に紙コップを挟むアイデア。

モノグラムのリース

オアシスを用いて生花を飾ることもできます。

もう読まなくなった絵本を、捨ててしまう前に再利用

シルバーグリッターとピンクのラメのグラデーションが可愛い!

毛糸で巻いたアルファベットレター

クリスマス用 アルファベットオブジェ

結婚披露宴のキャンディー・バーに設置されたモノグラム

ウエディング・モノグラム

ウェルカムボードに

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事