針金ハンガー+Tシャツ=猫テント?!海外のすごいハンガー活用術その2

針金ハンガーをどんどんお洒落にリメイクしていくアイデア。海外の方たちからもっと学んでみましょう♪
リースや子どものおもちゃから、何と猫テントまで簡単に作れちゃいますよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2015年9月19日更新

リースにリメイク

針金を円になるように曲げる

その後、トップの部分をねじって外しましょう。

松ぼっくりにビーズを接着

ビーズはこちら、アイロンビーズのようですよ。
グルーガンを使います。100均にありますよ☆

針金ハンガーに松ぼっくりビーズを通す

ビーズの穴がハンガーに通るサイズかどうか、最初に確かめてくださいね。

スプレー塗料で白く塗装したらできあがり☆

大きなリボンで飾りましょう。
アクリルスプレー塗料は100均にもありますよ。

ツリー用のオーナメントを使うと手軽ですね♪

麻リボンのリース

円形にした針金ハンガーの端から、麻リボンをぐにゃぐにゃ通すだけ!
粗めの麻リボンがかわいいリースになりますね。
ラフな感じに通していくのがポイントですよ。

リボンをぐにゃぐにゃ通すだけシリーズその2

こちらは麻リボンのとは違って、きちんと通していきます。
リボンの素材や通し方で、雰囲気が随分変わりますよね!

裂き布のリース

裂き布をどんどん結びつけていくだけ!
色味が秋色なので、ハロウィンリースにもぴったりですね。

こちらは、リボンでひっかけるために、ハンガー部分も丸く均してあります。
このように、一本ずつ裂き布を結びつけていきます。

リボンで吊ると、誰もハンガーで作ったとは思いませんよね。

キャンディリース

細めのリボンでキャンディの片方の端を結びつけていくだけ!
こちらもハロウィンで使えそうなアイデアですね。

アートな顔を作る

こちらは子どもと楽しめるクラフトリース。
クラフト用の細めのワイヤーを別に用意して、自由に顔を作ります。

マスキングテープで色遊びも楽しめますよ。

子どもの創造性を育みますよ♪
できた作品はそのまま壁に飾れるし、いいアイデアですよね。

コルクと多肉で

りんごと麻のリボンで

りんごは発泡スチロール製だそうですよ。

糸玉で

ハロウィンアレンジも

グリーンリース

本物があればそれでいいですが、100均のフェイクグリーンを使うとより手軽そうです。
園芸用のワイヤーで括りつけていくとできあがりです。

ハートのハンガーにしてもかわいい

ハンガーを曲げるときに、ハートの形に成形するのもいいですね。

ハートにすることでまたアイデアが広がりますね。

いろんなハートをいっぱい作って飾るのもかわいい。

ハートのペパナプフラワーリース

リーズナブルで簡単なペパナプフラワーリースも、ハンガーを使うと形も自由自在で楽しいですね!

ハートの中に閉じ込める

こちらは、ハンガーを使ったわけではないようですが、閉じ込め方が詳しいのでご紹介します。
こうやって小石を飾るアイデアも素敵ですよね。
ホームセンターなどで手に入るチキンワイヤーを使用しています。

トピアリーに

文字オブジェ

自由に曲げて文字オブジェも思いのままです。
こちらは毛糸を巻きつけていくやり方。

フェイクグリーンを園芸用ワイヤーで巻きつけるだけ♪

子どもの遊びにも

シャボン玉遊びに

大きな円形で作ると、大きなシャボン玉ができますね。

いろんな形で作ってあげると楽しいですね。

王冠に

自由自在に形を変えて、こんな遊びも。

ぱっちんどめホルダー

凧の形の部分がワイヤーハンガーで作られていますよ!

ハンガーをひし形にして、一回り大きめに切った布をグルーガンで貼り付けるだけ。

あとは、下からぱっちんどめを留めるためのリボンを垂らします。

自分でどんどんお片付けしちゃいますね☆

妖精の羽根

これもワイヤーハンガーで簡単に作れますよ!

4本のハンガーをこのように妖精の羽根っぽくやや楕円に変形させます。

白いストッキングをかぶせて結びつけ、布用の染料で染める。
布用の染料は、手芸屋さんやホームセンターなどに売っています。

接合部をリボンで巻いて、腕を通す輪っか(こちらはレース使用)をくっつけてできあがり。

お子さんは、大喜びしますよね!

ブレスレットに

好きな布で作った裂き布を巻きつけて、かわいいブレスレットが作れます。

猫テント!

猫まっしぐら!

こんなものまでワイヤーハンガーで作れちゃいますよ!

1.ハンガーの頭の部分をペンチなどで切り落とす。

2.2本とも山なりに湾曲させる。

3.2本を真ん中のところでクロスさせるようにテープ接着。

4.ダンボール紙の四隅にワイヤーを通す。

5.ダンボール紙に通した針金をテープで固定する。

6.Tシャツを着せる。
首のところが出入り口!

7.底のほうで余った部分を安全ピンで留める。

8.Tシャツの首のところから猫に入ってもらう

9.できあがり!

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事