更新:2015.9.12 作成:2015.9.12

キッチンの収納術を大公開!プチプラアイテムで今日から収納上手に♪

みなさんは、シンクの下やキャビネットの中をキレイに整頓できていますか?キッチンって、中々上手に片づけられませんよね。そこで今回は100均アイテムなどを使ってできる収納術をご紹介します。
❤︎ お気に入り

キッチンを片づけよう

キッチンが片付かない原因は、収納場所の少なさにあります。
でも、限られた狭いスペースに棚を増やすことは容易ではありません。

ですので、キッチンの収納は、「縦の空間」や「ちょっとした隙間」を如何に上手く利用するかがカギになってきます。

今回は、「そんな縦の空間」や「ちょっとした隙間」を上手に利用する方法をご紹介していきます。

1.シンク下の収納術

100均の粘着フックで収納

最初にご紹介するのは、100円ショップで売っている粘着フックを使った収納術。
粘着フックは、裏がテープ状になっており、好きなところに貼りつけることが可能です。

その粘着テープの特性を活かして、シンク下の内扉にペタリと貼りつけてみましょう。
そうすると、こちらの写真のように、お鍋やフライパンの蓋を収納できちゃうんです!

ただ、写真では粘着フックを2個ずつ使用していますが、100円ショップの粘着フックの場合、強度がやや弱いので、3個ずつ使うようにしてください。

書類ケース

続いてご紹介するこちらの写真もシンク下の内扉を使った収納法。

100円ショップで売られている書類ケースを、こちらの写真のようにシンク下の内扉に貼りつけると、サランラップやアルミホイルを収納することができます。

書類ケースは、こちらの写真のタイプかクリアタイプを選ぶと、中のアイテムを確認しやすくなり、使い勝手も良くなりますよ♪

画鋲

とってもシンプルだけど、とっても便利なアイデアは画鋲を使った収納方法です。

ジップロックやごみ取りネットの箱を画鋲で留めて収納すると、場所を取らなくなる上に、こんなに使いやすくなるんです。

フック

シンク下の内扉に、普通のフックを取り付けても便利です。
こちらの写真のように、ゴム手袋などをぶら下げて収納しちゃいましょう。

つっぱり棒

こちらの写真の収納法は、洗面台の下にも使えるスペシャルなアイデア。

シンク下につっぱり棒を設置して、除菌用のスプレーやゴム手袋をぶら下げて収納してみましょう♪

2.食器棚やキャビネットの収納術

書類ケース

100均の書類ケースは、食器棚でも活躍します。

お皿って、平らにして収納すると、スペースを取ってしょうがないですよね。
そのせいで、食器棚に余裕がなくなってしまったり、サイズの違うお皿を何枚も重ね合わせて、出し入れがしにくくなったりしていませんか?

そんな方はこちらの写真に注目です!
こちらの写真のように、書類ケースを使ってお皿を縦に収納すると、ビックリするくらい使い勝手が良くなります。

使いたいお皿をパッと出せて、その上大量に収納できる凄い収納術ですので、みなさんもぜひお試しください。

トレー

コップの収納も場所を取りますよね。
そんな時は、縦の空間を上手に利用するのがポイントです。

こちらの写真のように、コップの上にトレーを置いて、2段収納をしてみてはいかがでしょう?

つっぱり棒

つっぱり棒は、キャビネット内でも活躍します。

トレーやまな板って意外に収納場所に困りますよね。
そんなお困りを解決してくれるのが100円ショップで売られているつっぱり棒なんです。

キャビネット内につっぱり棒を立たせて仕切りを作ってみると、こんな風にトレーやまな板を立てて収納することができるんです。

穴をあけずにできる簡単な収納術ですので、お気軽にチャレンジできますよ♪

ペグボード

次は、DIY好きさんの間で愛されるペグボードを使った収納法。

ペグボードをキャビネットの引き出しの大きさに合わせてカットし、穴にスティックをはめ込めば、簡易仕切りの完成です。

これで引き出しにお皿を収納してもしっかり固定されているので、割れる心配がありません!


※ペグボードは、有孔ボードとも呼ばれ、たくさんの小さな穴があいているボードのことです。
ホームセンターで販売されていますので、お立ち寄りの際はチェックしてみてください。

プラスチックケース

小物や調味料は、100円ショップで売られている大小さまざまなプラスチックケースを使用すると、キレイに整頓することができます。

中身を見えやすくしたいなら、クリアタイプのプラスチックケースにするか、メッシュ状のバスケットなんかがおすすめです。

ケースのフロント部分にネームシールを貼り、収納している物の名前を記しておくと、さらに使い勝手がアップします。

フック

キャビネットのオープン部分も収納場所として使ってしまいましょう。

オープン部分の上部にフックを挿させば、お鍋やフライパンの蓋を収納するのにぴったりのスペースになりますよ♪

コルクボード

計量スプーンって使いたいときに限って、使いたいサイズが見つからないってことありませんか?

この問題は、キャビネットの内扉にコルクボードを貼りつけることで解決します。

コルクボードは重い物をぶら下げるには強度不足ですが、計量スプーンをぶら下げる分には十分な強度を持っています。

ちなみに、ネームシールに計量スプーンのサイズを書いてコルクボードに貼っておくと、一目でサイズが分かり、使いやすさがさらにアップします。

3.壁を使った収納術

ワイヤーネット

キッチンを上手に片付けるカギは縦の空間を如何に上手に使うかにかかっています。

ですので、今度は「壁」を使った収納術をご紹介します。

まずは、こちらの写真をご覧ください。
ワイヤーネットを壁に取り付け、S字フックを使い、上手にキッチンツールを収納しています。

こんな風にどんどん縦を使っていきましょう!

つっぱり棒とワイヤーネット

でも縦の空間を利用しようにも、賃貸の方は壁に釘を打つなんてことできませんよね。

そこで活躍するのがまたしても「つっぱり棒」。
こちらの写真のように、つっぱり棒を縦につっぱらさせ、そこに結束バンドでワイヤーネットを設置してみましょう。
そうすると壁に穴をあけずに、壁収納を行うことが可能になります。

ワイヤーネットもつっぱり棒も、そして結束バンドも全部100円ショップで揃えることができるので、ぜひお試しください。

ペグボード

壁収納にはペグボードもおすすめです。
ペグボードは強度もありますから、フライパンやお鍋などの重い物をぶら下げることも可能です。

そして、元々たくさんの穴があいていますから、好きなところに好きな物をぶら下げることもできるんです。

さっそくチャレンジしてみよう!

以上、キッチンの収納術でした。
お役に立てる情報はあったでしょうか?もし、コレと思うような収納術があれば、ぜひチャレンジしてくださいね。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

ログイン・無料会員登録

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

【連載】パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ 〜 Episode 1

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!