【100均材料】プチプラ手作りバスボムで贅沢なおふろタイムを☆

夏もそろそろ終わりで涼しくなってくると、秋の夜長のおふろタイムが楽しくなってきますよね。そんなおふろタイムをより充実させちゃうバスボムを、おうちで簡単手作りしちゃいましょう。
材料はすべて100均で揃いますよ☆
初心者が失敗しやすいポイントと簡単なコツもご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2015年9月3日更新

LUSHのは素敵だけど、ちょっとお高い・・・

バスボムと言えばLUSHですが、やはりひとつ買うのにワンコインくらいはかかりますので、頻繁には買えませんよね。
おうちで手作りすると、LUSHひとつ分のコストで何日分もできちゃいます。

バスボムの材料

すべて100均で売っています。

・片栗粉orコーンスターチ

片栗粉は、お湯を柔らかくする効果があり、バスボムを固まりやすくします。
デメリットもあって、浴槽がザラついてしまうそうです。

・粗塩

粗塩は、美肌効果がある上に、お湯を冷めにくくし保温効果が持続しますのでオススメです。

・精油など香りを入れるもの

精油はあった方が香りで癒やされて楽しいですが、なければなくても作れます。
代わりにおうちで余っている香水を使ったり、好みの入浴剤を使ってもいいようですよ!

作り方

セリアの重曹とクエン酸で

こちらでは、セリアの「重曹物語(240g)」と「クエン酸物語(120g)」とを1袋丸ごと使った作りやすい分量のレシピが紹介されています。

レシピはこちら
LoHASY☆

セリアの霧吹き

水を一度に加えると、重曹とクエン酸が反応して発泡してしまい失敗の原因となります。
霧吹きで少しずつ加え、まだもうちょっとかな!というくらいでやめておくのがコツです。

みんなの失敗を見てみよう

1.開けた瞬間、ザーーーーーッ

あるある。これ、あるあるですよ。

塩の種類に注意

右のサラサラの塩を使ったのが、崩壊の原因らしいですよ。
塩には水分を引きつける役割もあるので、吸湿性の低いサラサラ塩を使うと失敗しやすいです。
しっとりした塩を使うとよいそうですよ。

2.発泡しすぎ

これはよくある失敗ですね。
原因は、主に水の入れすぎだと思われます。
霧吹きで、足りないんじゃないかってくらいでやめておくのが吉です。

無水エタノール

・・・を使うといいそうです。(こちらも分量は少量で)
エタノールは水と違い、重曹やクエン酸を発泡させる作用がないので、実は水よりもオススメです。

3.ハンバーグのタネ化

いや。ハンバーグみたいなのは単に色のせいですが。

こちらの失敗例の原因は、材料の計量ミスだそうです。
基本のレシピに対して、分量を増やして計算してみたところ、
体積表記のものを重量で考えてしまって、割合がおかしくなったようですね。

形作りで遊ぶ

シリコン型で

100均にはお菓子用の型がいろいろ揃ってますから、選ぶのも楽しいですね。
シリコン型は抜く時に型離れがよいようです。

ザク豆腐の型で

以前売られていたザク豆腐の型を使用されています。
筆者も買ったことがあるので、取っておけばよかったです・・・

ラップで包むだけでもOK

こんな素朴なできあがりに。

LUSH風に作るにはガチャポンのカプセルで

おうちにない場合は、近所のガチャガチャのあるお店などでお願いすると
使用済みのカプセルをいただけることも多いみたいですよ。

見た目にもこだわりたいですよね。

100均で買えるまんまるおにぎりメーカーを使って作る人もいるそうですよ!

まんまる氷のできる製氷器を使うアイデアも

こちらはシリコンタイプなので、型離れもよさそうですね。
探せば100均やニトリなどにもあるとのことですよ。

いっそ詰めるだけでもオシャレ

セリアの蓋付きプラカップに詰めるだけ

大きさも丁度良く、扱いも楽で、万一固まらなくてもそのまま保管できるナイスアイデア!

セリアの「アルミキャップPETキャニスター」に入れて保管してるそうです。
シンプルでオシャレですね!

パンに塗って食べたくなってしまいそうですね!

中にいろいろ入れてみる

ハーブをin

こちらはローズゼラニウム。
爽やかな見た目でいいですね!

ポプリをトッピング

見た目にも鮮やかで素敵ですね。
ポプリを入れる場合、お風呂のお湯を抜くときに、排水口にそのまま流してしまわないよう注意しましょうね。
詰まってしまいます。
バスボムをネットに入れて投入する方もいますよ。

カップケーキ

ホイップされたような形は難しそうですが、お菓子のようなデコレーションは参考になりますね!

チョコチップ!?

まさかと思いましたが、今LUSHにも「チョコミント」のバスボムが売られていて人気だそうです。
チョコの主成分であるカカオは、脂肪の燃焼を促すのだそうですよ。
自分で「チョコミント」も作れそうですよね!

手作りびっくらたまご

手持ちのおもちゃを中にギュッと込めてあげるだけです。
お子さんは大喜びですよね☆

LUSH各店で、時々手作り体験イベントも行われているようですから、気になる方はチェックしてみるといいかもしれませんね☆

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事