5213 VIEW

歯の黄ばみは○○で解決!自宅で簡単にホワイトニングする方法とは?

歯が黄ばんでいると「老けて見える」ってご存知ですか?どんなにきれいにお化粧していても、歯が黄色いとそれだけでマイナス。そこで今回はおうちで気軽にできるホワイトニングの方法をご紹介します。是非お試しください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年8月15日更新

努力が水の泡に…

歯が黄ばんでいると老けて見える!

みなさんは「歯が黄色いと老けて見える」という噂を聞いたことがありませんか?

実はこれ、事実だったんです。

男性を対象に行ったとある調査では、歯が黄ばんでいる女性は「2.7歳」も老けて見られていました。

せっかく毎日ケアしているのに、歯が黄色いだけで老けて見えるなんてショックですよね。

歯が黄ばんでいると、こんなマイナス面も…

quote
「歯が黄ばんでいる人にどのような印象を持つか?」という質問をしたところ、第1位「笑顔の輝きが減る」(84.3%)、第2位「不潔に見える」(80%)、第3位「好きな人でも冷める・がっかりする」(73%)が上位を占め、歯の黄ばみはマイナスの印象を与えがちということがわかった。
quote
「歯の黄ばみによる『笑顔の輝き』が歯が黄ばんでいるとどの程度イメージダウンするか?」と聞くと、「50%以上イメージダウンする」という回答が全体で7割(69.3%)となり、5人に1人(18%)は「100%イメージダウンする」と答える結果となった。
quote
調査対象の男性100名に対し、歯の白さのみが違う同じ女性の顔写真を2枚提示し、「何歳に見えるか?」という質問をしたところ、歯が白い「A」の顔写真は平均22.6歳という回答だったのに対し、歯が黄ばんでいる「B」の顔写真は平均25.3歳という結果となった。歯が黄ばんでいるだけで2.7歳も老け顔に見られることがわかった。

でも歯医者さんのホワイトニングは高すぎて…

1万円以上かかるって本当?

歯の黄ばみがこんなにマイナス評価されるなら、真っ白にホワイトニングしたいですよね。

しかし!
歯医者さんがしてくれるホワイトニングはお財布に優しくありません。
クリニックにもよりますが、だいたい治療が終わるまでに1万~5万円はかかります。

1回数千円という広告も見かけますが、それは「あくまで1回にかかる治療費」という意味に過ぎないかもしれません。
ホワイトニングが1回の治療で完了することは滅多にありませんので、広告の詳細をよく確認しましょう。

歯の黄ばみは自宅で落とそう!

自宅でやればワンコイン!

歯の黄ばみは気になるけど、そんなにお金をかけられませんよね。
それに、何度もクリニックに通う時間だってありません。

そこで、おすすめなのが、自宅ホワイトニング。
今回ご紹介する○○なら、なんと1回100円以下でホワイトニングができちゃいます♪

○○の正体は何??

○○とは

自宅で低コストに歯のホワイトニングを行える魔法のアイテム○○。

その正体は「重曹」です。

重曹は、お掃除やお洗濯で大活躍するお助けアイテム。
その重曹が、なんと歯のホワイトニングまで行ってくれるのです。

「衛生的に大丈夫かな?」と不安に思った方は、ご安心ください。重曹には、「食用」もあり、お料理用の商品も存在するんですよ。
お値段はメーカーによって異なりますが、50gでだいたい「70円前後」が相場です。

重曹でホワイトニングしてみよう!

早速チャレンジ

では、早速ホワイトニングの方法を見ていきましょう。

用意するアイテムはこちらです。
・歯ブラシ
・重曹(食品用)
・水

これだけのアイテムで、ホワイトニングができてしまうんですよ。

ただ、重曹ホワイトニングは、絶対に注意しなければいけないこともありますので、今回はホワイトニングの方法と併せて、そちらもご紹介していきます。

ステップ1:重曹歯磨き粉を作る

まずは、ホワイトニングの方法を見てみましょう。

最初にすることは、重曹歯磨き粉を作ること。
と言っても、水を少量足すだけですから、とても簡単です。

ステップ1
小さじ1杯の重層に、少量の水を加えて練る。
市販の歯磨き粉くらいの硬さを目指しましょう。

ステップ2:歯を磨く

次は、作った歯磨き粉を歯ブラシに付け、歯を磨きましょう。

ただし、決して強く擦ってはいけません!
優しく丁寧に磨くように注意しましょう。
この理由は、下で詳しくご紹介しますので、必ずチェックしてください。

後は、口をゆすいで完了です。
このホワイトニングを週に1度の割合で行うと、歯が白くなります。

泡が出ないので、初めは違和感があるかも知れませんが、効果は抜群です。

危険!やってはいけない行動!

NG行為に気をつけて

欧米でも重曹ホワイトニングは人気で、多くの人が試しています。
アメリカでは、重曹入りの歯磨き粉まで市販されていて、人気の商品になっているんですって。

しかし!
重曹は確かに歯を白くしてくれますが、使い方を間違えると、歯を痛め、逆に黄ばみの原因になってしまいます。

今度は、やってはいけない行動とその理由を見てみましょう。

何がいけないの?

重曹には研磨作用があるため、強い力で擦ると、歯の表面を削ってしまう危険性があります。

歯の表面はエナメル質で覆われています。
重曹歯磨きでゴシゴシ力強く歯磨きを行うと、このエナメル質を削ってしまう可能性があるんです。

エナメル質を削っても、歯は黄ばんでしまいます。
ですので、絶対に力を込めて磨いてはいけません。
また、歯ブラシも毛先の柔らかいタイプがおすすめです。

そしてもう1つ。
毎日の使用もNGです。
週に1度、曜日を決めて重曹歯磨き粉を使いましょう。

重曹ホワイトニングのポイント

注意事項を守りましょう

・優しく磨く
・週に1度だけ使用する

重曹ホワイトニングは、この2つをしっかり守って行いましょう。
そうすることで、自宅で簡単に歯の黄ばみを落とすことができます。

1カ月程で効果が目に見えてきますので、ぜひお試しください。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事