100均の木かる粘土でシューモールド(木型)をつくろう。

シューモールドって知ってますか?よく海外のアンティーク雑貨で靴をつくる時の木型です。
今ひそかにとても人気があって自分で作って販売している人もいます。
これを粘土で簡単に作ってかわいく飾りましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2015年8月25日更新

アンティークシューモールド

これが本当のシューモールドでアンティークインテリアに使われていたりします。
アンティーク感がとてもおしゃれですね。

材料

木かるねんど

木の廃材などを使った粘土です。木粉なども入っていて木の香りもします。

ハトメ

作り方

まず粘土を取り出して、作りたい大きさに形を作ります。
粘土を少しこねますが、あまり完璧にしない方がアンティーク感がでます。
そして最後はハトメを上にとめます。
後は乾燥します。

ニス

乾いたら100均にも売っているニスを塗ります。

いろんなシューモールド

seriaのクラフトナンバーをつけています。
seriaの英字新聞を張り付けています。
レースと合わせたバッグチャーム。
リースと合わせたシューモールド。
少しビターなシューモールド。
Rの文字がおしゃれ。
靴屋さんみたい。
友達にプレゼント。
かわいくインテリアに。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事