魔法みたい!簡単に作れるクラックビー玉でアクセ作り♡

クラックビー玉というのを知っていますか?ヒビ入りのビー玉のことです。普通のビー玉に比べてキラキラ輝くとても可愛いビー玉を簡単に作る方法があります!今回はその方法と、そのビー玉を使って作るアクセサリーもご紹介します♡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2015年8月23日更新

作り方は超簡単、クラックビー玉って知ってる?

クラックビー玉とは、ヒビ入りのビー玉のこと。
普通のビー玉よりもキラキラと光を反射して、とてもキレイで可愛いのです。

しかも作り方は超簡単!
是非皆さんも作ってみてください。
部屋にインテリアとして置いても、アクセサリーにしても可愛いですよ★

作り方と注意点

1. フライパンでビー玉を煎る

10分から15分程、ビー玉を煎ります。
転がしながらまんべんなく温めることが必要です。

2. 氷水を用意する

氷は多めに。できるだけ冷たい水を用意してください。

3. 熱したビー玉を氷水に入れる

ビー玉を入れるときは優しくそっと。
あまり高い位置から投げ入れると、ビー玉が割れてしまう可能性があります。

4. 完成!

ビー玉が冷えたら完成!
この通り、とても簡単にできます。

フライパンの代わりにオーブンを使ってもOK。
キャンプでクラックビー玉作りを楽しむ人もいるようです。
実験みたいで盛り上がりそう!!
いい思い出になりますね♡
クラックビー玉は、ビー玉を熱して実行的にヒビを入れています。
よって割れやすいのが特徴。
ネイルのトップコートを塗ることによって強度を付けることができます。
<注意点>
・ビー玉の選び方
 使うビー玉は、ヒビなどが無いキレイなものを選びましょう。
 元々欠けていたり気泡が入っているものを使うと
 割れてしまったり、キレイに出来ないことがあります。

・氷水の温度
 クラックビー玉は、熱したビー玉を氷水で一気に冷やすことで完成します。
 できるだけ冷たい水を用意すること、また連続で冷やすと水温が上がってしまい、キレイに仕上がらないという注意点があります。

・冷やす時は要注意
 乱暴に水に入れてしまうと割れてしまいます。そっと注意して入れましょう。

作ったビー玉をアクセサリーにしよう!

金具をつければ可愛いネックレスやピアスができちゃう!

花座にTピンを通します。

瞬間接着剤を内側に塗り、ビー玉をくっつけます。

Tピンの処理は、
くるくると根本に巻きつけて、適当な所で切ります。
※先っちょは尖っているので、しっかりとなじませましょう。

ピアスにしたり、ネックレスにしたり、
好きなアクセサリーにしましょう!

ワイヤーを使ってこのようにビー玉を包んでしまうことも。

手軽で可愛いクラックビー玉、挑戦してみて!

いかがでしたか?
熱して冷やすだけで、まるで魔法のようにキラキラ輝くクラックビー玉。
是非皆さんも挑戦してみてくださいね♡


▼合わせて読みたいオススメ記事▼
■100均で買える懐かしアイテム!ビー玉でインテリアをひと工夫!
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事