こどもと一緒に!牛乳パック工作アイデアと作り方

飲んだ後牛乳パックはどうしてますか?そのまま捨ててしまう事も多いけれど、椅子や小物入れなど、こんな作品ができるなら、頑張って溜めておきたいですね。外から見たら中身が牛乳パックだなんて誰も気が付きません。お子様と一緒に作ってみてくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2016.8.17 作成:2016.8.17

まさかこれが牛乳パックで作ったの?と驚かれる方もいると思います。それくらい頑丈にできていてちょっとしたお部屋のインテリアにも最適です。

そんな牛乳パックで作る工作アイデアと作り方を一挙にご紹介いたします。

牛乳パック工作をはじめる前に!

紙パックの簡単な切り開き方
まずは下準備に欠かせない紙パックの切り方、ハサミを使う場合曲がってしまったり切るのに時間がかかり手が痛くなりがちです。 包丁を使えばものの数秒で紙パックを開く事ができます。動画のようにまずは底面を表徴でカットすることで、牛乳パックが折りたためるようになります。 牛パックの中に包丁を入れ横に滑らせて牛乳パックを開くだけです。

牛乳パックの匂いを取る

牛乳パック工作をする上でもっとも気になるのが、「匂い」ですよね。

まずは中性洗剤で中を綺麗に洗います。その後牛乳パックが乾いたら匂いを確認しまだ取りきれないようなら、エタノールをタオルにつけて中を拭きましょう。

これで確実に匂いが軽減します。

まずは六角形の椅子からはじめよう!

牛乳パックを24個用意します。

まず牛乳パックで三角形を作ります。

先ほどの準備で開いた牛乳パックをガムテープ等で三角の状態にし、底はカッターなどで切り、飲み口は内側へ織りこみます。

牛乳パックを5-7-7-5で接着

先ほど作った牛乳パックを5-7-7-5の順番で並べ、ガムテープでしっかりと接着させます。

この時に飲み口と底はお好みでカットしても強度に影響はありません。

ダンボールで補強します。

大きめのダンボールを2枚ほど用意し、強度によりますが、今回は六角形に切ったダンボールを上下に接着させます。より強度を高める場合は中に新聞紙などの詰め物を入れたり、側面にもダンボールを巻きましょう。


生地を貼り合わせる

六角形の椅子が出来上がったところで、お気に入りの生地を用いてカバーを作ります。

座面にキルト芯やクッション材を入れると座り心地がいいだけでなく、見た目も丸くお洒落になります。

さらに厚手の生地を使う事でよりしっかりとした椅子に仕上がります。

六角形の椅子の作り方を動画で見る

詳しい作り方
詳しい作り方は動画を参考に!

パッチワーク

生地のハギレや着なくなったお洋服などを継ぎ接ぎして作るパッチワーク柄の椅子。

座面と背もたれに、クッション材を貼り、座面の手前側をキルト芯を敷きこの上に、スポンジを載せることで座面が綺麗なカーブになっています。

作り方はこちら

キルト

お友達の子供がたくさんきても大丈夫!牛乳パック椅子なら持ち運びも便利で座り心地もバツグン!

キルト芯を座面に使うだけで丈夫で座り心地が良くなるので、作る場合はマストかも!

作り方はこちら

ソファ

牛乳パックがたくさん集めてトライしたいのがソファ、厚みのあるキルト生地とクッション材を使えば本物さながらのソファが出来上がります。

二つ作って重ねてもよし!足置きを作ってみてもよし!夢が広がりますね。

作り方はこちら

子供用クッション

牛乳パック工作なら子供用のクッションにも大活躍。小さくてとってもキュートな作品。

そのまま使ってもいいし、ダイニングテーブル用の椅子の上にのせても使えます。

この時にダイニングテーブルの高さを測っておくと膝がテーブルに当たらないように作れますね。

取り外しカバー

牛乳パックを使った六角形のリネンのキルティングを使った厚みのある椅子でラベルがとても可愛いですね。

座面だけ取りはずし出来るように別に縫う事で汚れたら洗濯することができます。

高さをソファと揃えればオットマン風にも使えますね!

取っ手をつける

こちらも六角形の牛乳パック椅子、チェック柄のキルティングで作られておりインテリアショップに売っていそうなぐらい可愛いです。

取っ手をつける事で持ち運びも楽々!牛乳パックが軽いのでお子さんでも片付けられるようになるかも!

牛乳パックでペン立てや小物入れ

小物入れ

布地が薄く牛乳パックの文字が透けてしまうのを避けるには、内側と外側にお気に入りの布を貼り付けておくことです。

内側も可愛い模様にすることでより愛着が湧きますね。

カルトナージュ風六角形ペン立て

内側に布とレースを貼ることでまた違った雰囲気になりますね。
なかなか丁度いいペン立てがないので高さを自分好みに作れる所が牛乳パックのいい所ですね。

小物入れを作る場合も、側面にキルティング綿などを入れる事で厚みが増して牛乳パック絵柄が透けずにすみます。

ハサミ、定規、ボールペン、カッターなどスペースごとに分けられるのでとても便利です。

作り方はこちら

引き出しタイプ

四角い牛乳パックの形を活用したのがこちら!

リボンやビーズの取っ手をつけるだけで引き出しタイプのお洒落な収納箱に変身!

飾るお部屋のテイストに合わせて布や取っ手の雰囲気を変えて作ってみてください。

蓋付き小物入れ

牛乳パックをアレンジして蓋をつければ、まるでお家のような小物入れの出来上がり。

飲み口の部分を活用する事で三角や四角などの蓋を作ることができるので、使わない時もとっておくようにしましょう。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事