WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

理想のヒップになれる♡30日スクワットチャレンジでデニムの似合うお尻を目指そう♪

夏になるとデニムや水着はもちろんショートパンツ等を履く機会が増えて、女性の体のラインがわかりやすく見えてしまう時期になります。そこで意外と気になるのがお尻のラインです。そんなお尻を30日間でキュッと引き締めてみませんか? #ダイエット #健康 #美容

2015.7.17

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2015.7.17 / 作成:2015.7.17

ヒップを中心に鍛えることができる30日間スクワットチャレンジはその名の通り30日間スクワットを続けることで理想のヒップと引き締まったウエストラインが手に入るエクササイズ法です。

元々はアメリカのセレブが火付け役となって広がり、方法もシンプルで簡単に理想のボディが手に入るといまだに人気の高いエクササイズとなっています。

日頃さぼりがちな運動も一日決まった数のスクワットを行うだけでキュッと引き締まったスレンダーなボディがあなたの物になるんですよ♪まずは30日間真面目に取り組んでみて絶対損はないです!

やって損はしない30日間スクワットチャレンジ

30日間スクワットチャレンジの効果

30日間スクワットチャレンジは一見聞いただけでは、効果も疑う方も多いかと思います。実際に行った方は続けて一週間あたりから自分でもわかるくらいの体の変化が出てくるそうです。

自分で変化を感じるなら他の人にだって一目でわかるくらいの見た目になります。中には「何かしてるの?」なんて聞かれる方も。

一か月間スクワットを続けるだけでキュッとお尻が上がって足長効果やウエストがキュッと引き締まったボディになります。写真は一週間ごとに経過を収めたものです。後姿も全く別人のようになっています。

お尻には大臀筋の様な個別の筋肉を始め上半身にも下半身にもつながる筋肉が集まっているため、鍛えれば鍛えるだけ結果が出やすい部位となっています。

こちらの方も初めて18日目でプリッとしたヒップになってきているのがわかります。

横から見てもヒップの丸みが全く違ってきていますね。

30日間スクワットチャレンジはお尻だけでなくウエストもキュッと引き締まってきます。要するにスクワットだけでお尻を中心として全身が引き締まってくるんですね♪

気になる30日間スクワットチャレンジの方法

30日間スクワットチャレンジの方法は3日間スクワットを行ったら一日休むというのを30日間繰り返していきます。回数は上記の画像の様に50回から初めて、そこから日ごとに5回ずつプラスして行います。

最終的にはスクワット245回まで行うことになりますが、一度にすべての回数を行う必要はなく、何回かに分けても大丈夫です。

どんなエクササイズにもいえますが、最初の3日間はかなりきつく感じる上に筋肉痛が襲ってきます。ですがそれを乗り越えて30日間スクワットを行うことでデニムパンツにあうキュッとしたお尻が完成するのは楽しみにもなってきます。


【スクワットのやりかた】

出典 dietbook.biz

①脚を肩幅に広げる
②足先はハの字に広げる
③上半身を膝の位置まで落とす
④ゆっくり上半身を起こす
【筋トレ】スクワットの正しいやり方とよくある間違いを詳しく解説!
解りやすいスクワットのやり方が紹介されていましたので参考にしてみてください!

実践してみよう!

では実際に30日間スクワットチャレンジを行っていきましょう。初日から50回と大変かもしれませんが夏のビキニやショートデニムをスタイリッシュに着こなしたいなら30日なんてあっという間ですよ!

上級者向けに

最初の30日間スクワットチャレンジを終えると更にその上を目指していきたいなんて方もいると思います。

そんな上級者さんには次の30日間は毎日10回づつスクワットを増やしていって500回まで達成しちゃいましょう!

理想のヒップを目指して

実際エクササイズを行う際にはお部屋などに理想の体型などの写真を飾ってモチベーションを上げていくのも効果的ですよ♪そして自分で期限を設けていつまでにどんなヒップになりたいのか決めてから行うことも大事です!

スクワットチャレンジを行う際の注意

とにかく30日間やりきる!

30日間スクワットチャレンジは時にはつらかったり、時間がとれないなんてことも出てくると思いますが、とにかく30日間やりきることを心にとどめておくのが重要です。

フォームをしっかり覚える

スクワットのフォームは見た目は簡単ですが、しっかりとポイントを押さえておくことで効果がしっかり現れてきます。中途半端なスクワットを行うとそれだけ効果が半減してしまうのでちゃんと行うことがマストになります。

怪我をした時には中止する

上記でしっかりやりきることを説明しましたが、けがや病気をした場合にはチャレンジは一旦お休みしましょう。しっかりと体を健康な状態にしてからまたチャレンジすることをお勧めします。

怪我をした状態でスクワットチャレンジをしても痛いのを我慢してしまっては悪化させてしまう原因になりかねません。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ