濡れた靴はニオイの原因に!濡れた靴を早く乾かすポイント

梅雨時期、毎日のように降り続ける雨。特にどしゃぶりでは、外を少し歩くだけで足元がびしょ濡れ。
しかも湿度が高いこの時期は、自然に乾かすのでは時間がかかってしまいます。
そんな時に役立つお手入れ方法をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2015.6.11 作成:2015.6.11

濡れた靴は、独特のイヤ~なニオイがしますよね…

靴は濡れたまま放置すると、臭いのもと!

靴にはもともと皮脂や汗がついていますが、雨で濡れると雑菌がさらに繁殖しやすい状態になります。
この雑菌が臭いの原因になるのですね。
濡れたら、自然に乾くのを待つのではなく、できるだけ早く乾燥させるようなお手入れが重要になってきます。

◆まず中敷きを取る

中敷きは外し、それぞれ別に乾かすとより時短になります。

◆新聞紙を靴の中に入れて、水分を吸収させる

新聞紙を丸めて、靴の中にいれます。水分を吸収し新聞紙が湿ったらまた新しいものと交換します。

新聞紙が濡れたまま放置すると、インクが靴の中に移ることもありますので、こまめに交換を。
quote
新聞紙がないときには、電話帳、タウン誌、キッチンペーパーなどがおすすめです。

◆つま先を下にして立てて置く

このように置くと下に水分が集まるので、水分が吸収しやすくなります。

◆風を当てる

ドライヤーは冷風で

温風を当て続けていると、靴内の温度が高くなり変形や生地が痛む可能性もあります。
どうしても早く乾かしたい時は、靴から離れたところで温風を当てるとよいですよ。


扇風機やエアコンで風を当ててももちろんOK。

◆洗濯機で脱水

濡れ方がひどい場合は、靴をタオルでくるみそのまま洗濯機に。脱水をかける方法もあります。

シューズネットという便利なものもあります。

◆靴乾燥機を使う

コインランドリーに靴専用の乾燥機が置かれている所もあります。そちらを使って乾燥させるのも手です。

色々なタイプの靴乾燥機が市販されています。
布団乾燥機の先端ノズルを変えて、靴乾燥に対応できるものも。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事