夏のコーデにアクセント☆おすすめハットの種類とコーデ集!

夏はファッションとしてももちろん、紫外線対策としてもコーディネートにハットを取り入れる人が多いのではないでしょうか。
夏におすすめのハットの種類とコーディネート特集です☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2015.5.23 作成:2015.5.23

夏はハットをかぶりたくなる!

夏に向けて、ファッションにハットを取り入れたくなりますよね。
コーディネートのアクセントに、そして紫外線予防にも!

今回はハットの種類とコーディネート特集です!

■中折れハット

quote
ハットの中でも最もポピュラーなタイプのなのが中折れハット。帽子の上部(クラウン)が中に折れている形が特徴。
帽子を持つ時は上部のへこみの部分を持つと型崩れの原因となるため、つばの部分を持つようにします。
ハット・ボリューム感のあるトップス・スキニーパンツが絶妙なバランスです!
シンプルコーデのワンポイントに!
大人な着こなしですね。
Tシャツ+デニムでカジュアルですが、
髪型とヒールで女性らしいコーディネートになります♡
流行りのロングカーデとの相性もいいです!

■カンカン帽

quote
もとは、水兵や船乗りのためにつくられた帽子です。 水しぶきから守るため、麦わらを編んだ素材をプレス機で圧縮して、ニスや糊などで固めて耐久性を高められています。名前の由来は、叩くと「カンカン」と音がするほど固い帽子である事からそう呼ばれています。
ちょっと斜めにかぶるのがポイントです。
マキシワンピとも相性バツグン!
まとめ髪もいいですね♡

■ボーラーハット

quote
別名山高帽(山高帽氏)とも呼ばれるハットの一種。
丸い半球型の帽子上部(クラウン)と巻き上がった帽子のつば(ブリム)が特徴。
コークハットやダービーハット、山高帽などとも呼ばれていますが、ボーラーハットが最もポピュラーです。
コロンと丸い形がコーデを更にキュートにしてます!
三つ編みもいい!
ブラウスをさらりと合わせるのも涼しげです。

■つば広ハット

通称「女優帽」。
広いつばが特徴で、この夏も引き続き流行の兆し。
ファッション的にももちろんですが、日焼け予防にも絶大なる効果があるのがポイントですね。
大きなリボンがポイントですね。
形もキレイ!おしとやかに見えます!
シンプルなコーデのアクセントにいいですね!
黒髪とハットの色がベストマッチ!
白も映えますね♡
カジュアルな格好にさらりとかぶるのがかわいい♡

<素材によるハットの種類>

■ストローハット
quote
ストローとは麦わらのことですが、麦わらに限らず、天然草のハットはこう呼ばれることも多いようです。
麦以外にもバオ・マニラ麻(アバカ)・ラフィアなど、かなり多くの種類があります。
■パナマハット
quote
夏の天然素材の代表ハット。原料はトキヤ草。手作業で繊維を編み上げ(ここまでは現地での作業)、型入れしてつくられます。
パナマは夏の最高級品だといわれていますが、その中にもまたグレードがあります。目の細かいものは、1つ編み上げるのに1~3ヶ月も
かかるほど!
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事