WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

知っておくと便利☆ヘアブラシはこまめに綺麗にしておくと健康な髪になる

女性の髪を整えるのに大事なヘアブラシですが、使い続けていくと抜けた髪やホコリがたまっていってしまいます。ヘアブラシにゴミが付いた状態での使用は髪によくないことはご存知ですが?艶のある美しい髪を保ちたいのであればヘアブラシを常に綺麗にしておきましょう。 #美容

2015.6.3

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2015.6.3 / 作成:2015.6.3

ゴミがたまったヘアブラシは髪によくない

ヘアブラシは髪をとかすたびに頭皮についた油や垢が付き、衛生的には決して良い状態ではありません。その上せっかく洗った紙などに使うとまた汚れてしまい、髪にとって悪影響を及ぼしてしまいかねません。毎日使うブラシのお手入れは自分の髪にも良い影響が出ますのでこまめに清潔感を保つのが大事になってきます。

ブラッシングは頭皮のマッサージにもなるので自動的に頭皮の油や髪の汚れがついてしまいます。ブラシを綺麗にしておくことで美しい髪になる第一歩になります。

ヘアブラシの洗浄方法

入浴前にヘアブラシを使うとシャンプーの泡立ちが良くなりますが、これは髪の汚れが取れたことによっておこる反応です。これを毎回行っている方はもちろん、よく使う方のブラシは髪の汚れや油汚れなどがべったりついた状態になります。

ブラシの汚れを放置した状態だと、髪にもよくない上に衛生的にも悪いです。

ブラシの清潔さは髪の美しさにもつながるのでブラシの洗浄はぜひ一度試してみてください。


ぬるま湯を入れる

洗面器にぬるま湯をたっぷり入れます。

シャンプーを入れる

そこにいつも自分が使っているシャンプーを3~5プッシュ入れます。


泡立てる

ブラシを洗面器に浸してシャンプーを泡立てていきます。

洗面器に入れる

たっぷり泡立ったらそのまま洗面器にブラシを入れておきます。
時間は約8時間程度なので一晩おいて置くとよいです。

水洗いする

一晩経ったヘアブラシを取り出します。この段階でヘアブラシがもうきれいになっていると気持ちいですよ♪

シャワーでヘアブラシの間に入ったシャンプーを洗い流していきます。

水分を拭き取る

綺麗に洗ったらタオルにヘアブラシをトントンと軽くたたきつけるようにブラシの水分を取っていきます。

洗浄完了!

あとは風通しのいいところに乾燥させて終了です。お風呂に入るついでなどに行うといいですよ♪

重層を使ったヘアブラシの洗い方

抜け毛を軽く取る

ヘアブラシに付いている抜け毛を竹串などをつかって軽く取っていきます。

まだ汚れが残っていますがとりあえず少しは綺麗になっています。

一晩漬け置きする

深めの瓶や牛乳パックなどにぬるま湯を入れて重層をワンスプーン溶かしたものにヘアブラシを一晩漬け置きします。




水洗いする

一晩おいたら水に溶けた重層がヘアブラシの油を取り除いてくれるのですごい色になっています。ブラシを取り出すととってもきれいになっているのがびっくりしちゃいます。

あとは水洗いをしてタオルドライの後乾燥させて終了です。

様々なヘアブラシのケア方法

歯ブラシを使う

歯ブラシを使えばヘアブラシの間の汚れが簡単に取れます。

やり方も歯ブラシをゴシゴシこすればいいだけなので簡単です。

歯ブラシを使ってもとってもきれいになります。

木工ボンドを使う

ブラシの根元に木工ボンドをつけて一晩おいてボンドが付いた部分を剥がす。

木工用ボンドはプラスチックにはつかないのでその性質を利用します。そのためこの方法は土台がプラスチックの物限定になります。

専用道具を使う

ヘアブラシ専用の汚れを取る道具を使っても綺麗になります。

ヘアブラシに汚れをつけないための工夫

ガーゼを巻く

綺麗になったヘアブラシにまた汚れが付いてしまうのが気になる方はガーゼを使うと便利です。

適当にカットしたガーゼをヘアブラシに押し込んでいきます。

櫛を使ってしっかりとヘアブラシの奥まで押し込みます。

後はきっちりと後ろの方で結ぶだけです。こうすると汚れがヘアブラシにたまらなくなり、ガーゼが汚れたら取り換えればいいので気になる方は試してみてください♪

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ