100均アイテムでも作れる!ビーズブレスレット作りの超基本

手首が出ているこの季節、ブレスレットはいくつあっても足りませんよね。そんな時はハンドメイドしちゃいましょう。手作りなら自分好みの形や色、素材を使うことができます!
今回は初心者さん向け、ビーズブレスレット作りの超基本情報をお届けします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2017.5.16 作成:2017.5.16

目次
  1. ビーズブレスレットをハンドメイドしよう!
  2. まずは材料を揃えよう
  3. 100円ショップでも材料は揃う
  4. 基本の作り方を覚えて応用していこう
  5. 自分好みのデザインでオリジナルブレスを作ろう
  6. まとめ

ビーズブレスレットをハンドメイドしよう!

夏に向けて、ビーズを使ったブレスレットをファッションに取り入れる人も多いと思います。

いくつあっても足りないブレスレット。
洋服のテイストや色に合わせてコーディネートしたいですよね。

そんな時はハンドメイドしちゃいましょう!
今回はシンプルなビーズブレスレットを手作りする際の超基本をまとめてみました。

まずは材料を揃えよう

ブレス用糸・ゴム・ワイヤー

テグス

素材:ナイロン

伸びない素材のため、両端に金具パーツを付けてブレスレットを完成させます。
号数で太さを表し、数が大きい程太くなります。

ノビロン

素材:ポリウレタン

透明のテグスがそのままゴムになったようなタイプです。
金属パーツは使わずに、テグスだけでブレスレットを完成させたいという場合は、こちらののびるタイプのものを選んでくださいね。

オペロンゴム糸

素材:ポリウレタン弾性繊維

白っぽい透明の細い繊維が束になったようなタイプです。
こちらものびるタイプですが、一般的にはちょっとお値段はお高め。
手芸店などで取り扱いがあります。
quote
オペロンゴムの特徴は、細い糸を集合して作ったものなので切れそうな場合が
見てすぐ解ります。その為石の紛失確率は少ないです。
伸縮性にも優れて着け心地も良いですが、紐の交換頻度は早いです。

ブレス用ワイヤー

普通のテグスの代わりに、ワイヤータイプを使うという選択肢もあります。

もちろん伸びないので、普通のテグスのように、画像左にある金属パーツを使用して装着できるようにする必要はありますが、ワイヤーは耐久性に優れており、しなやかな剛性があります。より作品を長持ちさせたい場合にいいかもしれませんね。

カラーバリエーションも豊富に

最近では、テグスはどの種類もカラーバリエーションが豊富になってきました。
使うビーズの色に合わせて選ぶことができます。
テグスの色選び次第で、ブレスの雰囲気が変わるのも楽しめ、特に夏の季節にはファッションのアクセントにしやすくなって、素敵ですよね。

ビーズ

そして、忘れてはいけないのが、主役のビーズ!

色や形、素材など、最近ではビーズアクセサリー人気も手伝って、本当にオシャレで可愛いものが増えていますよね。

色とりどりのビーズがお店に並んでいるのを見ていると、どれにするか本当に迷いますし、どれもほしくなっちゃいます。
ぜひ、目一杯悩んで、好きなものをいっぱい手に入れてみてくださいね!

いろんな種類のものを用意しておいて、作るときに組み合わせを考えるのも楽しいですよ♡

100円ショップでも材料は揃う

100円ショップでもテグスなどの材料はひと通り揃えることができます。

ハンドメイドに必要な道具類も、最低限のものはもちろん、最近の100均にはちょっと変わったものなんかもどんどん入荷されているので、その気になったら、全てを100均で調達して作るということも可能です。

100均のテグス

こちらは、ダイソーで取り扱われているテグスです。
右が普通のテグス(伸びないタイプ)、左が伸びるタイプのゴムテグス。
どちらのタイプの取り扱いもあるのは、用途や好みに合わせて選べるのが嬉しいですよね。

こちらの商品をお求めの場合は、パッケージがよく似ているので、ご購入の際には、くれぐれも買い間違えのないように表記をよく確認してくださいね。

ちなみにゴムテグスの材質は、100均の場合、シリコンゴムが素材として採用されていることが多いです。

シリコンゴムは、丈夫な反面、伸びるのも早く、うっかりすると、知らないうちに切れてしまって、大事なビーズを落としてしまうなんてことも・・・。定期的に交換が必要かどうかチェックしてメンテナンスしましょう。

カラーテグスもある

セリアのカラーテグスです。
のびるタイプなので、初心者さんにも扱いやすいのが嬉しいですね。

ビーズアクセサリーDIYに必要な道具も

ビーズをテグスに通す時に使う
ワイヤー針。

こちらは100均ダイソーのものです。
たった100円で10本も入っているのが嬉しい。
 

金具のセット

ダイソーでは「ビーズコレクション」というシリーズで、
金具のセットも販売されていますね。
必要な資材がたった100円で、いろいろセットにして販売してくれているのはとても嬉しいです。

100均のビーズ

もちろん、ビーズも売っています。
ちなみにこちらはダイソーのもの。
色や形も様々で、センスを発揮して、思い思いのビーズを組み合わせていけるのが楽しいですよ。
ビーズと言えば、外せないのがパールビーズ。

こちらはセリアのパールビーズですが、発色もキレイで、自然な上品な輝きが評判がいいようです。

基本の作り方を覚えて応用していこう

作成方法は複数あります。

基本的には、ビーズの配置を考え、好みのテグス糸にひとつずつ通して、最終的に結ぶ、という流れになります。

自分に合った作りやすい方法を覚えて、色々と応用できるようになりましょう!

【貴和レシピ】のびるテグスの使い方 - YouTube

大手ハンドメイド材料店、貴和製作所のHow toビデオです。
のびるテグスを使った、ビーズの通し方を丁寧に紹介されています。
まずは動画で大体の流れを確認してみると、全くの初心者さんでも作り方の全体像が把握しやすいですよ!
テグスにビーズは通せても、やっぱり気になるのは、最終的にテグスを結ぶときにどうすればいいか、ということですよね。

こちらの図の通りに結べば、ほどけにくく、結び目も目立たなくさせて始末することができます。

【貴和レシピ】ボールチップの使い方(テグスの場合) - YouTube

こちらも貴和制作所のHow toビデオ。 金具パーツ、ボールチップの扱い方法です。
テグスで結ぶ式のブレスだけでなく、金属パーツも使いこなして、より本格的なブレスレットを作りたくなった場合、こんな作り方動画を参考にしてみてくださいね。

自分好みのデザインでオリジナルブレスを作ろう

夏に必須なターコイズとゴールドのブレス

細長く作ると、できあがりをグルグル何連かに巻いて楽しめます。
二連や三連のネックレスとして使うことも可能に!ブレスレットだけでなく、こんな風に2wayで楽しんでもいいですね!アンクレットとして使うのもよさそうです。

ターコイズとゴールドの組み合わせも夏らしい装いにはぴったり!

エスニックなウッドビーズ

ウッドビーズはグッと夏っぽくなりますね。

素朴なウッドビーズがエスニックなファッションにも合わせやすく、ひとつは持っておきたいアクセサリーです。

マルチカラーが可愛い!

マルチカラーのビーズを使ったブレスレット。
ちょっと派手目な色合いも、ファッションのいいアクセントに。
極小のビーズで作ると細身に仕上がるので、何連も重ね付けするといい感じです。

ビビッドテイストも素敵です

マルチカラーはマルチカラーでも、こんな風にビビッドな色目にすると、また雰囲気がぐっと変わりますね!
ビーズの組み合わせ次第で、様々なテイストのファッションが楽しめます。

黒とゴールドでセンスよく

ブラックにタイガーアイのワンポイントを組み合わせたブレスレットは、男性に人気がありますが、女性が着けてもクールですね。
女性用として作る場合は、ビーズの大きさや配置に関して、ちょっと華奢な雰囲気を心がけるなどすると間違いありませんよ。

カラフルビーズにタッセルをプラスして

こちらもキュートなブレスレットですね!

カラフルなビーズの組み合わせにも目を引かれますが、最近流行りのタッセルをポイント使いしているのも素敵です。

色の組み合わせ方もセンスよくて参考になりますね。
タッセルを組み合わせるデザインは、簡単に真似できるので、気になる方はぜひ取り入れてみてくださいね。

ねじりタイプ

異なるテイストのビーズブレスが数本、絡まり合うように、ねじれるように組み合わせられた、こんなデザインブレスも素敵ですね!
作るときに、工夫して、組み合わせを考えるといいですよ。
こちらは3種類のブレスを組み合わせていますが、それぞれ色も素材も大きさも全く異なり、お互いに魅力を引き立てあっていますね。

シフォンなどの異素材も組み合わせて

ビーズブレスレット作りに慣れてきたら、こんな風に、いろんな異素材を組み合わせてみるのもオシャレで楽しいですよ!

こちらは、シフォンの軽やかな素材が夏らしくて、ビーズブレスにもぴったりですね。
ゴールド素材のパーツもそれぞれアクセントとして効かせてみると素敵です。

まとめ

いかがでしたか。
これからの夏の季節に向けて、ぜひ手に入れたいビーズアクセサリー。
手作りするのも簡単で楽しいので、この機会にぜひ挑戦してみてくださいね♪

慣れてきたら、お店のブレスや作家さんの作品などを参考にして真似してみたりと、どんどん作っていくと、自分のオリジナルブレスもセンスのいいオシャレなものを作れるようになってきますよ。

100均アイテムも賢く利用して、ハンドメイドアクセサリーを楽しんでください!
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事