人気継続中!!チアシードの基礎知識と摂取方法まとめ

ここ数年で一気に話題となったスーパーフード「チアシード」。まだまだ人気は継続中で、栄養満点のヘルシーフードとして世界中で注目を集めています。今回はそんなチアシードの基礎知識と様々な摂取方法をまとめてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2015.5.7 作成:2015.5.7

チアシードとは

見た目は黒ごまのような小さな実。
南米原産のシソ科の植物、チアの種です。
この小さな種にはたくさんの栄養が詰まっていて「栄養素の宝庫」と呼ばれる程です。
▼海外ではスーパーフードとして大人気
海外では女優やモデルだけではなく、一般的に健康フードとして広く人気があり、人々の生活に取り入れられています。
▼日本でもモデルなどの間では必須フード!

ローラさんや長谷川潤さんも積極的に取り入れています。
quote
中には、チアシードがはいっているの!!チアシードってしってる?
去年ね何回かブログにupしたんだけどね、食物繊維もオメガ3もたっぷりのスーパーフードなの
quote
チアシードは食物繊維がだっぷりだから、とっても体にいいんだよ~( oˆoˆo ) ぷにぷにタピオカみたいな食感なの~
quote
チア•フレスカ
+水
+チア•シード
+レモンジュース

気になるチアシードの栄養素

quote
チアシード 大さじ1杯(10g)に含まれる栄養は・・・

・エネルギー 49kcal
・たんぱく質 1.6g
・食物繊維 3.4g
・カルシウム 63mg
・マグネシウム 34mg
・亜鉛 0.46g
・鉄 0.77mg
・オメガ3脂肪酸(ALA) 1.78g
▼特に注目なのは「オメガ3脂肪酸」
quote
【オメガ3脂肪酸の働き】
 ・吸収された中性脂肪やコレステロール値の上昇を抑制する
 ・血液中に溜まった中性脂肪やコレステロール値を下げる
 ・血管をしなやかにして血流を改善する
 ・血小板の凝集を抑える
 ・赤血球を軟らかくして血管を通りやすくする
 ・月経前症候群(PMS)の緩和
 ・免疫力を高める
 ・心や脳の健康を維持
このようにオメガ3脂肪酸をはじめとする多くの栄養が含まれているチアシード、
美容と健康にストイックなモデル達の間で人気なのも納得ですね。

チアシードのおもしろい特徴

チアシードといえば、たくさんの栄養素の他にも
「水に浸水させておくとジェル状に膨らむ」というおもしろい性質が特徴です。

これはグルコマンナンという食物繊維によるもので、栄養価も高い上に少量で満腹感を得られる
ダイエットに嬉しい成分です。

チアシードの摂取方法

チアシードには味が無いので色々な食材との相性が良く、
様々な方法で取り入れることができます。

キュウリとライムで爽やかドリンク

シェイクに入れても。

定番のグリーンスムージに入れれば最強です。

チェリースムージー。
かわいい!

バナナ・アーモンドスムージー。
飲みごたえがありそう!

牛乳やヨーグルトと混ぜて。
固まるのでスプーンで食べます。

アメリカでは、アーモンドミルクと食べるのも流行中です。
アーモンドミルクも健康に良いと話題。

アイスにするアイデア!

クッキーに混ぜても。
完全にセサミクッキーですね。

チアマフィンもいいですね!

市販のジャムに混ぜれば、
お手軽ヘルシージャムに。

サラダの上にパラパラと振りかけるのも。

ドレッシングに入れるのも美味しく食べられます!

豆サラダに混ぜ込んで。
プルプルの食感が面白いです。

熱々ご飯に振りかけるだけ。

ポン酢と混ぜてジュレを作っても。

梅肉と混ぜてさっぱりジュレ。
おしゃれです。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事