100均アイテムでリメイク♪すのこを使って収納ボックスをDIY

100均で購入できるすのはリメイクアイデアも多く、収納やインテリアにもリメイクされていますが、すのこリメイクを始めたばかりの方にもおすすめなのがシンプルにすのこボックスを作って収納ボックスにすることです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2015.5.6 作成:2015.5.6

サイズも豊富な100均すのこ

100均で販売されているすのこはサイズや形も豊富にあり、何を作るかによって購入するものも変わってきます。作りもしっかりしているので、すのこリメイク上級者さんはミニラックを作ったりと様々な物を作り上げています。

ダイソーやセリアで販売されているすのこは形やサイズも様々です。どんな収納ボックスを作るのかしっかり決めてから購入するのがお勧めです。

すのこで収納ボックスの作り方

材料

すのこ 4枚
ベニヤ板 1枚
その他工具

材料をカットする

まず最初にベニヤ板を作りたいボックスのサイズにカットする。

次にすのこの裏についている角材で底板になる部分を少しカットします。

組み立てる

材料がカット出来たらあとは組み立てていきます。余分なすのこ部分はカットしながら行いましょう。

出来上がり

しっかりと組み立てたら立派な収納ボックスの完成です。

ちょっと加工したい

収納ボックスはできたけれどお洒落なボックスにしたい方はステンシルを使ってみましょう。

予めワトコオイルを塗ったボックスにステンシル加工をしてオリジナルのワイン箱風の収納ボックスが出来上がりました!

すのこのボックスいろいろ

ボックスの2面のみすのこを使った収納ボックスです。こちらもステンシルで加工がされています。

サイズの違うすのこを使ったボックスもたっぷり収納できる大きさになっています。

前面にすのこを使って浅めの収納ボックスも作ることができます。

全面すのこを使った収納ボックスに更に蓋を付けた物もできます。

すのこボックスのアレンジ

食品収納に

冷蔵庫に入りきらない野菜などの生鮮食品を一時的に収納できるボックスとして。

植木などを入れて

ボックスに植木を入れてもお洒落です。底部分にはキャニスターを付けて移動しやすいように仕上げています。

マガジンラックに

薄めのすのこボックスを作ってマガジンラックとして使用するのもいいですね。

プランターに

細長いすのこボックスはプランターのカバーに使うことができます。
好きな色にペイントしてお気に入りのガーデニングに。

収納ボックスに

中に仕切りを付けたり、キャニスターを付けておもちゃや本の収納に使うこともでsきます。

壁に取り付けて

渋めのペイントを施したボックスを壁に取り付けて収納としても使うことができます。

重ねて置いて

すのこボックスを重ねておいて見せる収納としても使うことができます。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事