高温多湿な日本でジャーサラダは危ない!?食中毒に気を付けたいメイソンジャーの危険とその対策!

サラダも5日間保存できる!という触れ込みのジャーサラダ
しかしそれは乾いた気候のアメリカだからであって、日本で同じように実施するのは危険だと専門家からも声が上がっています
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2015年4月27日更新

流行中のメイソンジャー!

その盛り上がりとともに大きくなった心配の声

瓶の保存力、とは一体何だったのか

quote
食品が腐敗するには3つの条件があることを皆さんご存知でしょうか?

その条件とは・・・(中略)

・栄養=野菜

・水(湿度)=水気を含んだ野菜

・温度=冷蔵庫は氷点下では無い

これではせっかくの長期保存が効くという特徴が台無しになってしまいます。

ましてや高多湿な環境である日本は、ジャーサラダに限らずどんな食材でも条件にピッタリ当てはまってしまうんですね。
quote
カット野菜工場でさえ、野菜の洗浄、異物混入チェック、衛生管理の厳しい中でのカット日から3日間など、食中毒発生のリスクを踏まえて「消費期限」を設定しているのに、衛生的に劣る家庭のサラダが5日間や1週間も食べられるとする根拠は何でしょうか。

それでもジャーサラダが食べたいなら

▼煮沸はしっかり!!!

quote
100℃ 30秒間
90℃以上 5分間以上
75℃以上 15分間以上

▼持ち歩かない!!!

▼すぐ食べる!!!

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

  • 月間人気ランキング

    今月もっとも見られている記事