まさかこんなに可愛いとは☆北海道の木彫り熊をペイントしてみた

北海道の名物としてお土産品に上げられる木彫り熊ですが、もらった方としては、なかなかに微妙な気持ちにさせられてしまうのものです。そんな木彫り熊をペイントしてみたらかなり可愛いインテリアになっちゃいました♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2015年4月24日更新

実は高級品な木彫り熊

北海道のお土産品として観光地の売店などには必ず取り扱っている木彫り熊。これ血行お値段するんですよね。キーホルダータイプの物でも1000円くらいから横幅20~30cmの物は3~4万円くらいします。これだけ高級な物ではありますが、やっぱりもらっても微妙です。。

木彫り熊は取っても技術のいるものなので高いのもわかりますが・・。

実際にペイントしよう

汚れを取る

溝に入ったごみや汚れを落とすため、ブラシを使って水洗いをしていきます。終わったらしっかり乾燥させます。

下地塗料を塗る

乾燥したら下地塗料を塗ります。

印をつける

今回はパンダ風にペイントするので黒く塗る部分に印を付けます。

いざペイント

印を付けたら先ずは黒のペンキを塗っていきます。

クロを塗ったら今度は白のペンキを塗っていきます。

裏の部分もしっかりと塗っていきます。

白のペンキが終わったら仕上げにに黒のペイントを塗って整えていきます。

後はしゃけの部分もペイントして出来上がりです。

元々が木彫りの熊とは思えないようなかわいいパンダができました♪

ペイント次第で様々な物に変身する木彫り熊

リアルパンダ

上記の様にパンダ風にペイントしたものです。しゃけ部分は緑に塗って笹の葉にしてみました。

鮭部分を鯉にしてみるのもありです。

まっしろ

木彫り熊を真っ白にペイントしてみるのもインテリアにできそうです。

黄色

熊を黄色にペイントして鮭をシルバーにしてみるとかなり遊び心がわいてきます。

真っ赤

ボディを赤にしてみるとポップな感じがにじみ出ています。

クリーム

クリームカラーにペイントした熊もキュートさがあふれています。

グリーン

グリーンカラーにペイントした熊はナチュラル感あふれる出来上がりになりました。

真っ黒

エヴァ風!?

まるでエヴァの様なカラーリングの熊はかなりアートな感じになります。

リアルプーさん

黄色と赤にペイントした熊はリアルなプーさんになりました。

目玉を付けて更にお茶目な感じに。

ミニサイズの熊もプーさんにしちゃいましょう。

カラフル

好きな色をたくさん乗せてカラフルな木彫り熊にしてみるのもかわいいです。

ピンク系にするとポップな感じが前面にででます。

ブランド!?

ブランドのロゴマークを掘り込んでペイントすると更に高級感が増します。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事