WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

自作で簡単にできる!トレンドのクラッシュデニムでお洒落なファッションを目指そう

デニムは今年のトレンドの一つとしても数えられていますが、ダメージ加工をしたクラッシュデニムがかなり熱いです。そんなクラッシュデニムは普通に購入しようとすると結構なお値段がしたりします。安く抑えたいなら自作でクラッシュデニム作っちゃいませんか。

2015.4.16

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2015.4.16 / 作成:2015.4.16

身の回りにある道具でできちゃうクラッシュデニム

今年のトレンドでもあるクラッシュデニムはがっつり穴を開けて大ダメージを与えたデニムが中の蒸されています。そんなクラッシュデニム自分で持っているデニムに加工出来ちゃうんです。それもお金をかけないでできちゃうんですよ♪

がっつりボロボロにしてトレンドファッションに取り入れていきましょう!

クラッシュデニムの基本的な方法

材料

材料はデニムとカッター、紙やすりなどを使います。

デニムを広げる

クラッシュさせたいデニムを床に広げます。

カッターで削る

クラッシュさせたい部分をカッターを使って削っていきます。

デニムは丈夫な素材なので結構力を入れて削っていきます。

側楽家吸っていくと白い繊維が見えてきました。

ある程度繊維が見えてきたらそれを少しずつ広げていきます。

時々手で繊維をほどきながら削っていきます。

カッターで削ったらあとは紙やすりで周りを削ります。

出来上がり

一か所目が完成しました。

ポケットなどをクラッシュさせる

ポケットのクラッシュは同じくカッターを使っていきます。

ガリガリと家吸っていくとこんな感じの仕上がりになります。

メラニンスポンジを使って

お掃除に大活躍のメラニンスポンジもデニム素材に使うと色褪せ加工できます。

メラニンスポンジをデニムに使うとかなり色落ちしてくれます。

他にも様々な道具でできるクラッシュ加工

出典 Handmade Pride

カッター以外にもおろし金等を使えばデニムのクラッシュ加工ができちゃいます。自分の使いやすい道具で加工してみましょう。

クラッシュ加工をしたデニムたち

デニムジャケットに

大きくクラッシュ加工をしたデニムジャケットは個性的な一着になります。

デニムパンツに

淡い色合いのデニムパンツにクラッシュ加工をしでも格好いいです。

繊維を残したクラッシュの仕方もかっこいいです。

膝の実にがっつりクラッシュ加工をしても今年風なデニムになります。

左右非対称にクラッシュ加工をしたデニムもいいですね。

ひざ部分に大きくクラッシュ加工をしたデニムはスタイリングのアクセントにもなります。

軽くクラッシュ加工をしたデニムはちょっぴりシンプルなスタイリングに。

自分で行うクラッシュ加工は自由にできるので好きなダメージ具合を調整できます。

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ