291896 VIEW

見てるだけで美味しい♥おしゃれなサンドイッチ詰め方・包み方

お花見やピクニック、アウトドア・レジャーのお弁当と言えば、おにぎり?いなりずし?それともサンドイッチ?今回はおしゃれに見えるサンドイッチの包み方をご紹介します。運動会や遠足にもお役立ち♡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年4月21日更新

目次
  1. サンドイッチはどう持っていく?
  2. ■ボックスに入れる■
  3. ■普段使いのお弁当箱を使って■
  4. ■タッパーだってお洒落に使えます■
  5. ■使い捨て容器も上手に活用して■
  6. ■竹籠&バスケットを使って■
  7. ■ワックスペーパーで包む■
  8. ■その他の包み方アイデア■
  9. まとめ

サンドイッチはどう持っていく?

ラップでくるんと包むのも一つの方法

ふんわりしたパンに、好きな具材を詰め込んで、断面も彩り豊かで美味しそうなサンドイッチ。
これからの季節、暖かくなるとお外でお弁当!という機会もあるかと思いますが、そんな時にサンドイッチ弁当って、華やかで何となく心が踊りますよね。

でも、パンが柔らかくてて、そのままだとつぶれやすいサンドイッチ・・・

ラップにくるんで持っていくのはパンの乾燥防止にもなり、定番の方法と言えますが、まさかそのままカバンの中に詰め込んでいくわけにもいかず、意外と持って行き方に困るという場合もありますよね。

みなさんはサンドイッチをどうやってお弁当にして持っていきますか?

■ボックスに入れる■

紙製のボックスやサンドイッチケースは食べ終わった後、コンパクトになるので嬉しいですよね。
まずは、サンドイッチの型くずれを防ぐのに最適な、ボックスタイプのご紹介です。

牛乳パックでエコランチボックスを手作り!

こちら牛乳パックをリメイクしたお手製ランチボックス!
バスに見たてたその作りはこだわりと愛情たっぷりで可愛らしいですね。もちろんお子さんも大喜び間違いなし♪
例えば苦手な野菜なんかをたっぷりサンドしたとしても、「トマト野菜号」なんて可愛い名前を書いておいてあげるだけでもテンションがアップして、喜んでいっぱい食べられそうです。

セリアにもバス型のランチボックスが

urafuwa

ボックスまでは手作りしないなぁ、という方も、ダイソー、セリアなどの100均でお洒落なランチボックスは手に入ります。
こちらは、セリアのワーゲンバス風のランチボックスで、サンドイッチ弁当を作られている実例です。
子どもも喜びそうだけど、大人から見てもお洒落で可愛いですよね!

折りたたみもできる!サンドイッチケース

昔ながらの、食べ終わったらたためる、折りたたみ式の弁当箱も便利でいいですね。
こちら、網目の形状がより軽量にコンパクトになり、サンドイッチ弁当にはもってこいです。

■普段使いのお弁当箱を使って■

いつもはご飯とおかずを詰めて持っていくお弁当箱。
意外と、サンドイッチ専用のお弁当箱でなくても、上手に使えます。
たまにはいつものお弁当箱でサンドイッチ弁当もいいですよ♪

いつものお弁当箱でサンドイッチ弁当

quote
お米系ほか弁用に指名していた工房アイザワ弁当箱が急遽出番となったんだけど、妙にうまくおさまっちゃった。なんだ、こういう使い方でもよかったんじゃん!幅が狭いから、小さく切ってよしなサンドイッチ限定だけど。
深さのあるお弁当箱なら、サンドイッチも楽々入ります。
お弁当箱の幅に合わせて、食べやすいようにカットして入れるといいですね。
用意したもう一つの段にはサラダなどの副菜も添えれば、ボリュームも満点。
見た目も栄養面もばっちりですね!

丸いお弁当箱だって大丈夫!

丸いお弁当箱には、うまく収まるように、工夫してカットしていれるのがポイントです。
基本的には、どんな形のお弁当箱でもサンドイッチは入れられます。

ロールサンドならどんなすき間にも詰めやすい

例えば変わった形のお弁当箱だったり、少しのすき間にサンドイッチを入れたいという時にでも、ロールサンドなら、くるっと小さくまとまってるので、どんな場所にも入れやすいです。
小さなお子さんなら一口で気軽につまめるのもいいし、何より見た目が可愛らしく、テンションがあがりますよね♡

わっぱのお弁当箱にもきれいに詰めて

最近お弁当箱として人気の高まっている「曲げわっぱ」。
天然素材の木のいい香りも特徴で、そのナチュラルでシンプルな形状は、お弁当をお洒落に美味しそうに見せてくれるだけでなく、実際に機能面でも美味しさを保つ面でも優秀で、ファンになる人が増えています。

こちらにサンドイッチを丁寧に詰めると、何とも美しい見た目に!食べるのがもったいなくなりそうです。
サンドイッチを直接詰めずに、下にワックスペーパーを敷いておくのもポイントですね。

おかずは紙カップも上手に活用

yukomimame

サンドイッチ弁当を普通のお弁当箱で、おかずも一緒に詰めたいという場合、どんな風に詰めようかと、詰め方に困ることもありますよね。

アルミカップや仕切りを上手に利用するのも手ですが、こちらのように紙カップも使えます。
こちらの場合は、チリコンカンを紙カップに入れられていて、まるでカフェ風のお弁当のようで素敵ですね!
このような容器なども使って、パンにおかずの汁気がついたりしないよう、工夫するといいですね。

■タッパーだってお洒落に使えます■

s021013k

形が丈夫でしっかりしているタッパーも、サンドイッチを型くずれさせずに持ち運ぶにはとても適したボックスだと言えます。
底が浅いタイプで入れづらいという場合には、例えばロールサンドにしてみたり、小さめにカットするなどしてみると、きちんと収まります。

タッパーなんて、見た目がお洒落じゃないし・・・と思われるかもしれませんが、サンドイッチの具材の彩りや、おかずの詰め方次第でいくらでも可愛いお弁当に演出することは可能です。
お洒落なワックスペーパーやアルミカップなども、100均でも簡単に手に入りますので、そういったものを利用してみるのもいいですよね。

■使い捨て容器も上手に活用して■

nariselu_

プラスチック製の使い捨て容器も、軽くて持ち運びにも便利。そして、サンドイッチを持っていくのには十分な強度もあり、お弁当容器として使いやすいです。

ただのシンプルな使い捨て容器でもいいのですが、最近は各100均にもお洒落な柄のお弁当容器がいっぱい取り扱われていますよね。お気に入りの素敵な柄を見つけて、揃えておくのもいいですよね。
わざわざあれを使いたいがために、お弁当を作ってみたくなっちゃいそうです。

ちなみに画像の使い捨てお弁当容器は、セリアのものだそうです。

■竹籠&バスケットを使って■

細かな編み目が味わいのある竹籠やバスケット。
入れるだけでオシャレ度がぐーんと上がります。

構造上どうしても隙間があるので、籠の底にはワックスペーパーやクッキングペーパーなど耐水性の紙を敷きましょう。漏れを防ぐだけでなく、見栄えも良くなります。

竹籠に詰めるだけでお洒落に

happywakowako

いつもどおりの普通のお弁当箱を、竹籠に変えてみるだけで、こんなにも可愛い印象に!
おかずのボリューム感もたっぷりで、女子ウケも男子ウケもよさそうです。
こんなお弁当を持っていくと、ランチタイムがますます楽しみになりそうですね。

カゴを引き立てるファブリックの合わせ技

こちら、赤いチェックのファブリックを使って、カゴの可愛さを引き立てているお洒落な詰め方です。
おうちにあるカゴをそのまま再利用することもでき、ちょっとの工夫で見た目がぐーんと素敵に変身しますね!

北欧風のバスケットでピクニック気分に♡

こちらは、バスケットにワックスペーパーを敷き、市販のクロワッサンをメインにしてサラダなどのおかずを詰めたお弁当です。
持ち手のついたバスケットに詰めるだけで、ピクニックのような気分が盛り上がります。
春のぽかぽか陽気につられて、のんびりとお外ランチを楽しみたくなりますね。

和の雰囲気も捨てがたい

ナチュラルなカゴというと、カフェ風なイメージから洋風なものを思い浮かべがちですが、こちらのような和風の味わいあるカゴ型のお弁当箱も素敵ですね。

きちんと作り込まれたカゴは、網目がとにかく繊細で美しいです。黒っぽい色目も食材を美味しそうに見せてくれていいですよね。編みカゴは、通気性にも優れているので、お弁当に湿気をこもらせることなく、美味しく持ち運ぶことができるのも魅力的です。

100均のウッドボックスも使えます

お花見やピクニックなどに大人数で行くという場合には、小さなお弁当箱では間に合いませんよね。
そんな時には、こちらのような100均のウッドボックスも役に立ちます。
フタはついていませんが、ラップを使えば問題ありません。

いっぱい作って、ウッドボックス数個に分けて入れて、シートに並べてみると壮観でしょうね!

■ワックスペーパーで包む■

ベーグルサンドの包み方

お洒落な上にボリュームもあり、ランチにぴったりなベーグルサンドも持っていってみたいサンドイッチ弁当のひとつですね。

形が丸くて、ワックスペーパーで包むのがいまひとつうまく行かない、という方は必見です。
やってみると意外と簡単。この包み方を覚えておくと、他のサンドイッチやハンバーガーなどを包む時にも応用できますよ。

ロールサンドはくるくる巻いてキャンディのように

ロールサンドはそのままでも見た目が可愛くて、子どものみならず大人にも人気がありますが、そのロールサンドをワックスペーパーを使って包む時には、こちらのようなキャンディ包みがオススメ。
くるくる巻いて両端をねじるだけなので、作り方もとっても簡単♪
開けて出すのもまたワクワクしちゃいますよね!

花束のように華やかに

こんな花束のような包み方も素敵ですね!クレープなども連想させます。
こちらの包み方も実に簡単。
ワックスペーパーの上にパンを載せ、具材を載せたら一度にくるっと巻いてしまえばOKです。手を汚さずに済むのがまた嬉しいですね♪

■その他の包み方アイデア■

ワックスペーパーではありませんが、こんな便利なアイデアもありました!
覚えておくと、応用も効く見た目も抜群、使えるアイデア揃いです。

紙ナプキンでお洒落に包む

サンドイッチ弁当に、お洒落な紙ナプキンを活用されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
こちらは、紙ナプキンを使って、ボックス状のサンドイッチケースを作られている実例です。
ただ包むだけでなく、こうしたちょっとした工夫が、お弁当をより丁寧に美味しそうに見せてくれますよね♪
同様のやり方で、ワックスペーパーでも作れます。
ただ、ワックスペーパーにはマスキングテープはくっつきませんので、注意が必要です。
ホチキスを使うなど、臨機応変に作ってみるといいかもしれませんね。

包装紙でも包めちゃう

こちら、運動会やピクニックなどにオススメの、1本のバゲットで豪快に作られたサンドイッチです。
これは見た目も豪華で、その場が盛り上がること間違いなしですね!

ただ、問題は、1本まるごとサンドにしているだけあって、持っていくのがたいへんだということ。
こちらの方は、包装紙を使ってお皿のような形にして、バゲットの入っていた袋にそのまま戻し、風呂敷で包んで持っていく、というスタイルにしたそうです。

100均にもお洒落な英字新聞柄の包装紙などは豊富に揃っているので、そういうものを使えばこんな風にお洒落に包めるんですね♪

手が汚れない!キッチンタオルを使った包み方

ラップもワックスペーパーも使わず、キッチンペーパーで包んでデリのようなかっこいいサンドイッチの食べ方ができるライフハックが、アメリカから発信されています。
食べる時に、手を汚すことなくスマートに食べられるのが魅力的です。

包み方

キッチンペーパーのミシン目を活かした方法

用意するのは、2枚分つながった状態のキッチンペーパーです。このミシン目は、包む段階では切り離しません。食べる時に、画像のように切り離して食べられるように包みます。
キッチンタオルのミシン目を見事に使いこなしたアイデア。これは知っておくと便利ですね!
 

まとめ

いかがでしたか。
サンドイッチ弁当って、カフェ風でお洒落なイメージもあり、見た目も可愛らしくてたまには持って行きたくなりますが、その味と形をいい状態で保って持っていくのにちょっとした工夫が必要です。

乾燥防止にラップやワックスペーパーを活用する、型崩れ防止に箱型のものを用意する、など、詰め方についても、みなさん、あれこれ工夫されて、実用面だけでなく、見映えも更にワンランクアップさせるような素敵なアイデアがいっぱいでしたね。

みなさんも、この春はぜひサンドイッチ弁当を持って、お外に出かけてみてくださいね♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事