いつ!?何を持っていく!?知っておきたい引越し挨拶のマナー

引越しシーズンがやってきました。新たな環境での生活がうまくいくためにもご近所さんへの挨拶は欠かせないもの。今回は引越し挨拶のマナーについてまとめました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2015年3月21日更新

この春、進学や就職、転勤など、新たな土地で生活をスタートする人も多いのではないでしょうか。
新しい土地での生活には何かと不安もつきもの。
少しでも早く馴染めるように、引越し先では挨拶まわりをしてみるのもいいでしょう。
どんな人が住んでいるかお互いに知っておくと、安心して生活を始めることができます。

挨拶まわりは「いつ」したらいい?

現在の住まいのご近所へは、数日前からがベター

遅くても引越し前日までに済ませておくのが良いでしょう。

quote
引越し当日は会社の車の出入りなどで迷惑が生じる可能性があるので、当日の挨拶では遅すぎる。
引越しの予定日とお世話になったお礼を伝えましょう。
引越し作業でご迷惑をおかけするかもしれない、と一言伝えておくと、あとでトラブルになることも少ないようです。

新居での挨拶は、引越し当日~1週間以内に

あまり間が空きすぎると、挨拶もしにくくなるものです。

ただし、荷物の搬入などで迷惑が生じそうであれば、前日までにその旨を伝えておくことをおすすめします。

どの範囲まで挨拶したらいい?

quote
一般的には一軒家の場合向かい三軒と両隣。集合住宅では両隣と上・下の階の住人、および管理人さん(大家さん)と言われています。
quote
社宅の場合は、全棟の住人に配るのが無難。引越しの噂などはすでに知れ渡っていることも多く、今後のことも考えてなるべく手渡ししたいところ。
quote
新居での引越しの挨拶は朝10時~夕方6時までが適している
できるだけ日中の明るい時間帯を選ぶようにしましょう。ただし、日中不在のご家庭もありますので、その時はご在宅の時間を見て、挨拶に伺うとよいでしょう。

昼時、夕方時は食事の準備等で忙しい時間帯なので、避けた方がよいかもしれませんね。

どんな品を持っていったらいい?

quote
挨拶品の予算は500円~1000円が一般的。
あまり高価な品は、相手も気を使います。

大家さんに挨拶する場合は2000~3000円位が相場のようです。
quote
ポイントは、「日持ちする(生ものは厳禁)」「いくつあって困らない」「実用的」

タオルやふきんはシンプルで好みに左右されない品です。

洗剤やゴミ袋やラップなどの日用品は実用的ですね。

サラダ油や海苔、乾麺など日持ちする食品も喜ばれます。

ティッシュペーパーやトイレットペーパーもよく使う品なのでもらって困るということはなさそうです。

挨拶の品は熨斗をかけて

quote
挨拶品を渡すときには包装してもらい、白赤の蝶結びの外のしで上部に「御挨拶」と書いて下部に苗字を書いておくと名前も覚えてもらいやすいです。

不在の時はどうしたらいい?

何度伺ってもタイミングが合わず、不在である時は手紙で挨拶をする方法があります。
会うことができた時に改めて挨拶をするとよいでしょう。

挨拶の品は手紙を添えて郵便受けに投函する、またはドアノブに掛けて置くとよいかもしれませんね。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事