WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

100均アイテムでDIY♪セリアのティッシュケースリメイクアレンジまとめ

セリアのウッドボックスシリーズはリメイクしやすいことでも人気が高いですが、ウッドティッシュケースも自分なりにリメイクすることでオリジナルの物ができちゃいます。 #100均 #リメイク #セリア #ティッシュケース

2018.1.11

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.1.11 / 作成:2016.4.6

リメイクしやすいウッドティッシュケース

出典 ameblo.jp

セリアのウッドティッシュケースは一個108円で購入でき、ウッド素材の素朴さから、そのまま使ってもインテリアに馴染みやすいのが魅力。

でも、セリアの木製アイテムは、リメイクしてこそ、更に輝きます!

このまっさらな木目のケースをリメイクしない手はありません♪
ウッドティッシュケースも様々なリメイクが施されているのでそれをまとめてみました。

ウッドティッシュケースのリメイクアイデア

ペイントして

セリアのウッド製品のリメイクで、まず思い浮かぶのが「ペイント」ですね。

こちらは、ティッシュボックスを白くペイントして、更に、十字型を黒でステンシルしたデザインにされています。

シンプルだけど、とてもお洒落でセンスのいいリメイクになっていますよね!

ネイティブ柄も可愛い♡

全体を水色に塗ってから、こんな風に白くオルテガ柄を描いてみても素敵ですね。

このようなネイティブ風のデザインは、インテリアにも合わせやすく、流行も長く継続しているので取り入れやすいのも魅力的です。

ステンシルで男前に

こちらは、ティッシュボックスを白くペイントした上に、スタバのロゴをかっこよくステンシルされた実例です。

木のナチュラルな質感は、男前なインテリアとも相性がよく、乾いた風合いがたまらないですね。

地の色をあえて白くすっきりと仕上げられているのも素敵です。

色選びも大事です

こちらはティッシュボックスを3段重ねにされていますが、三者三様、色合いの違いがそれぞれお洒落で、バラでも組み合わせても使いたくなります。

白に黒に水色という色選びは、男前インテリアにも西海岸風インテリアにも取り入れやすく、インテリアにこなれ感をもたらしてくれます。

ツートンカラー

ツートンカラーで仕上げてみるのもおしゃれですね!

白と水色の組み合わせ、白と黄色の組み合わせ、白と無地の組み合わせなど、色合わせで表情が変わるのも参考になります。

どれもそれぞれ可愛いから、どんな色で塗ろうか迷ってしまいそうですね!

金具を取り付けて

セリアなどの100均では、アンティーク調の金具も豊富にそろっています。

こちらのように、あえて汚したような加工を施したティッシュボックスのコーナーに取り付けるだけで、ヴィンテージ風の味わいのあるリメイクが可能になります。

蓋付きボックスとして

こちらは、セリアではなく、上が開くボックスタイプのティッシュケースを使ってDIYされている事例ですが、アンティーク調の留め具を付けて、カラーリングとステンシルで仕上げられているのが、雑貨感があって素敵です。

ティッシュ以外の収納箱としての使い方もできそうなのがいいですね。

転写シールで

ステンシルはやったことないし、自信がない、という方もいらっしゃいますよね。

そんな場合でも大丈夫!

100均にはあらゆるテイストのお洒落な転写シールが取り扱われていますので、お気に入りを見つけてティッシュケースに貼るだけで、こんなにかっこいいリメイクが完成します。

転写シールを貼る前に、オイルステインやニスなどで塗装しておくと、木材が保護されるだけでなく、風合いも馴染んでオシャレ度があがります。

デコパージュで

お気に入りの柄のペーパーナプキンなどがあれば、思い思いにその柄を乗せることができる、デコパージュを施してみるのもおすすめです。

ペーパーナプキンを貼り付けるためのデコパージュ液も100均で簡単に手に入るのが嬉しいですね。

こちらは人気の高いマリメッコとリサ・ラーソンデザインのペーパーナプキンを組み合わせて作られた作品。
デザイン性が高く、とてもセンスのいい仕上がりになっていますね。

スイーツ柄でデコる

こんな風に、スイーツ柄でデコられたティッシュケースも可愛らしいですね!

レースなどで縁取りしたり、こちらのようにリボンを開口部につけてみるのもおしゃれです。

アンティーク調の落ち着いた色合いなので、可愛くなりすぎずに大人っぽい印象なのもインテリアに取り入れやすいですね。
 

デニムを貼って

こちらもたいへんおもしろいリメイクを施されていらっしゃいますね!

ティッシュケース本体はウォルナットカラーで塗装し、側面にデニムを貼って仕上げられています。

履かなくなったデニムのリメイク作品としても素敵ですし、どの部分を再利用しようか、考えるのも楽しそうです。

まるで別物!クォリティの高いティッシュケースリメイク

ここからは、必ずしも素材としてセリアのウッドティッシュケースを使われているわけではありませんが、ハイクォリティーなティッシュボックスリメイク作品をご紹介いたします。

リメイクで、ここまでできるのか!と、とても参考になりますし、また、創作意欲が刺激されますよ。

赤いラジカセの正体は・・・

ちょっとレトロでかっこいい、こちらのラジカセ風のボックスは、何とウッド素材のティッシュケース。

ティッシュケースを赤くペイントし、各種パーツを取り付けていくことで、ラジカセ風に仕立てていらっしゃいます。

置いておくだけでも素敵なディスプレイとしても使えますし、楽しいリメイク作品ですね。

デザイン違い

こちらもデザイン違い、色違いですが、ラジオ風に作られたティッシュケースです。

このように、自分の好みで、色合いもデザインも好きに作れるのがリメイクやDIYのいいところですね。

100均などで面白いパーツを見つけたら取り付けてみたりすることで、新しいデザインが生み出されるのも楽しいですよ。

アンティーク電話風

こちらのシャビーな雰囲気がたまらない、アンティーク調の電話型ティッシュケースも素敵です。

壁付けすることで、ティッシュケースを定位置に設置することができ、迷子にさせずに済むのも利点ですね。

お客さんがこれを見て、ティッシュケースだと気づいたときの驚きの表情を見るのも楽しみになりそうです。

裏にマグネットを付けると・・・

ティッシュケースを定位置に壁付けしておきたい、という場合、冷蔵庫など磁石が効く場所なら、100均のマグネットバーが役に立ちます。

思い思いのデザインにリメイクしたティッシュケースの底部分に、マグネットバーを取り付けて、冷蔵庫にペタリ。

それだけで、こんなに使い勝手がよさそうな環境が作れちゃいます。

セリアのティッシュケースはリメイクして楽しもう!

いかがでしたか。

セリアのウッド製品は、リメイクに最適ですが、ティッシュケースもその例外でなく、みなさん思い思いのオリジナル作品を作られていましたね。

アイデア次第で、インテリアを彩るティッシュケースはまだまだ作れます。

みなさんも、ぜひ素敵な組み合わせを見つけて、お気に入りのティッシュケースを作ってみてくださいね!

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ