美大生が描く黒板アート!”黒板ジャック”の活動がすごすぎる!

武蔵野美術大学の学生が「旅するムサビ」という活動の一環で行っている”黒板ジャック”
はたして”黒板ジャック”とは一体どんなものなのでしょうか???
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2015年2月20日更新

黒板ジャックとは???

武蔵野美術大学で教職履修生を中心に行っているという「旅するムサビプロジェクト」。
学校で作品を展示したり、授業をしたり…!
アートを通じてムサビ学生と生徒たちのコミュニケーションを図り、教える楽しさを感じでもらうためのものなんだとか。

その活動の一環として話題になった”黒板ジャック”があるようです。
quote
武蔵野美術大の学生らが、休みの間に小学校を訪れ、児童に内緒で全学級の黒板にチョークで絵を描いた。名付けて「黒板ジャック」。同大が小中高校で取り組む美術交流の一環で、「アート作品で子供たちに驚きを味わってほしい」との思いから学生が発案した。
学校から出ずとも身近な”黒板”で感じられるアートなんて素敵です!
優れた道具や目新しい題材がなくとも、想像力しだいで素晴らしい芸術が生まれるんだと実感して欲しいですね〜!

そんな授業を受けた小中高の学生たちの反応やいかに??

投稿するまで教室の黒板に何が起こっているかは知らない学生たち…
quote
いつも通り登校した児童らが黒板を見てびっくり。
 「すごい、誰が描いたの?」「これ、チョークで描いたの?」と大騒ぎになった。
(中略)
児童らは顔を近づけたり、そっと触ってみたりして、
 「リアル。食べられそう」
 「こんな絵、どうやったら描けるの?」と興味津々だった。
quote
授業開始前に作者の学生の手で絵が消されると、児童たちからは「もったいない」「やめて!」などの声も上がった。
当たり前ですが、授業が始まる前に消してしまうんですね…。
中には8時間以上かけて書き上げた作品もあるのだとか。

ちょっとさみしいですが、そんな黒板アートの儚さもきっと生徒たちの心に残ってくれるはず…!

少しだけ今までの黒板ジャックの様子をご紹介

今まで100位上描き上げてきたという”黒板ジャック”の作品
中でも私が素晴らしいと思った作品を少しだけご紹介させてください

まるで写真!

その力強い瞳に吸い込まれていきそうです
チョークで描いたとは思えない肌の陰影も素晴らしいです

白チョークだけで

見事に描かれた骨
頭蓋骨と背骨のようなものだけですが、迫力を感じます

色とりどりの動物

チョークという限られた色合いでカラフルに描かれる動物たち
ゾウは灰色、らくだは黄土色、なんて固定観念を消してくれる素敵なアートです!

こちらのブログは旅するムサビプロジェクトのブログです。
すべてをご覧になりたい方はこちらへどうぞ!!
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • えま

    ハンドメイドでアクセサリーを作るのが趣味です

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事