【100均DIY】お洒落な手作りケーブル収納の実例集

おしゃれな家具やインテリアを揃えても、テレビやパソコン、家電などの電源コードがごちゃごちゃしていると気になってしまいますよね。安くお洒落にケーブルを収納して、すみずみまでお洒落を楽しみましょう♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年1月31日更新

ケーブル収納のアイディア集

クラフトボックスに空けた穴にブックプレートを付けています。ごちゃごちゃしがちな充電器も、これならすっきりしますね。

余ったシューズボックスに、好きな柄の紙を貼り、穴を空けてケーブルボックスにリメイク。

100均などで買えるクラフトっクスを利用してコードを通す穴を空ければ、こんなに可愛いチャージスタンドがが作れちゃいます。マスキングテープなどでデコレーションしても良いですね。

セリアの木箱2つを使って作ったケーブルボックスです。

100均の木箱3つとミニ蝶番2つで作ったケーブルボックス。

針金で作った鉄塔型のケーブル収納。アイデア次第でケーブルの収納もアートに。

どのケーブルがどれ!?とならないように。食パンの袋についている、アレを利用。

クリップを使ってケーブルを簡単に整理。これなら、オフィスでも活用できそうです。

アマゾンのダンボール箱で作ったケーブルボックス。必要な箱はひとつだけで切る部分もほとんどなく、組み立てもとっても簡単なのだとか。

コードが絡まらないように、レゴの人形たちがお手伝い。

レゴの人形が家にあったら試してみたい!接着剤や両面テープでテーブル等に留めるだけ。

コードを何本か束ねて結束バンドで固定。造花等からとった葉っぱをつければ、まるで本物の枝のよう。

なんとこの箱の中には、インターネットのルーターが収納されています。これならパソコンの横で埃を被ることもなく、インテリア的にもお洒落ですね。

洋書のカバーの部分を使って、ルーターやコードを上手く隠しています。レトロな雰囲気も出てお洒落です。

コンセントとデスクやTVボードの位置によっては、コードをぐるりと部屋を這わせなくてはならないことも。そんな時は、木板を写真のように加工し、両面テープで壁にはりつければお洒落な目隠しになります。

バスケットの持ち手部分をコードの出口にして使えば、そのままケーブルボックスとして使えます。

先を切り取った靴下で、バラバラしがちなコードをひとまとめに。

使っていないケーブルの収納術

トイレットペーパーの芯を再利用してケーブルの分別に。

ボックスの中に仕切りを作り、好きな柄の紙やシールを使って可愛くデコレーション。

靴箱とトイレットペーパーの芯を利用した、ケーブル収納。

トイレットペッパーの芯にお洒落な紙や布を貼り付け、中にケーブルを収納。

空になったフィルムケースを使ってケーブルをすっきり。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事