水族館のサメが他の魚を食べない理由

多くの種類の魚たちが共に過ごしている水族館。そんな水族館の素朴な疑問、サメって他の魚を食べないの?その真偽のほどはいかに…。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2015.1.16 作成:2015.1.16

獰猛なイメージのサメ

サメといえば、映画「ジョーズ」に出てくる人食いザメのように、人を襲う獰猛な生き物という印象が強いです。

そのイメージで水族館でサメを見るものだから、
水槽越しとはいえ少し緊張してしまいます。

でも同じ水槽で泳いでる魚達はどうなのでしょう。
常に食べられる危険に怯えながら泳ぎ回っているのでしょうか…

意外!サメは他の魚を食べない。その理由は…

サメも他の魚達とうまく共存しているようです。そのためには水族館側の管理が重要になってきます。

十分に餌を与えられていて満腹状態にあるから

quote
水族館で飼育されているサメは満腹になるまでエサを与え続けているのです。
サメも他の動物と同じようにお腹が空くと、周りの魚達を食べることもあるようです。
それを防ぐために、常に満腹になるようにエサを与えるように心がけているのですね。
quote
水族館の魚たちは飼育員からエサをもらえるので、自ら体力を消耗して獲物を取りに行く必要がありません。
quote
サメは食いだめをするそうで、気が向いた時に気が向いた量を食べると、しばらくは何も食べないらしい。
いつも決まった時間、決まった量を食べているわけではないようです。
食欲は、その日の気分や空腹具合に影響を受けているのかも知れませんね。
ここでまた新たな疑問。
水槽の魚とエサの魚を間違って食べることはないの?
quote
サメと同じ水槽で一緒に泳ぐ、小さな魚と、
エサとして、与える魚は、別の魚にすることで、
誤って食べてしまうことを、防いでいるのです。
エサの内容も十分に考えられているのですね。

一方、こんな意見も。

いえいえ、実は食べているのです…

quote
大型の肉食魚は小型のイワシやアジを食べるので、定期的に補充している
やっぱり全く食べないのも難しいのかもしれませんね。
鑑賞している私たちは気づかないだけで、食べられた分は補っているようです。
他の魚を食べる場面に遭遇した人も。

とある水族館では水槽に放したイワシの群れがサメ達に食べられ小さくなってしまった、という事件もありました。

この見事な2万匹のイワシ玉が、一瞬にして“小玉”に…

quote
須磨海浜水族園(神戸市須磨区)がゴールデンウイークの目玉として企画したイワシ約2万匹の
群れ(イワシ玉)が、サメなどに食べられ想定外のスピードで激減している。
quote
「波の大水槽」に搬入したイワシは、瞬く間にサメや大型アジの餌食に。
念のため、前日にエサを通常の3倍与えて満腹にさせていたにもかかわらずだ。
エサが足りなかったのか、はたまた搬入されたイワシが美味しそうに見えたのか、
食いだめをするサメがちょうど食欲が出るタイミングだったのか…。
イワシによる銀色のカーテンを目玉企画としていた水族館側は困惑したことでしょう。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事