子育ては3歳までが大事な理由

「三つ子の魂百まで」って、3歳児までの記憶がその子の一生を決めるってことだったんですね。それほど、3歳までというのは、子育てにとって重要な時期なんです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2015年1月16日更新

3歳児神話とは

quote
1.子どもの成長にとって3歳までが非常に大切。
2.その大切な時期だからこそ、生来的に育児の適性を持った母親が養育に専念しなければならない。
quote
3.母親が働く等の理由で、子どもが3歳まで、あるいは就学前ぐらいまでの時期を育児に専念しないと、子どもはとても寂しい思いをして、将来にわたって成長にゆがみをもたらすという考え方

人格の土台は3歳までに形成される

精神的基盤は妊娠期の胎児の時期から3歳までに決まります。

quote
3歳までの成長&育児が、決定的に重要な理由は、この時期に人格の根底部分が形成されてしまうと言う事実があるからです。両親が、どれだけ深く愛情を伝え心の絆作りをしたか?数多く抱きしめ触れ合って、また様々な状況下で赤ちゃんに対してどのような対応をしたかによって決まります。

「三つ子の魂百まで」はやっぱり正しかった!3歳児神話のヒミツ

quote
・親子との絆を通して確立される信頼関係は、やはり生まれてから3歳頃までに培われるようです。
・3歳までの大切な時期に親との関わりがうまくいかなかった子供は「サイレントベイビー」の可能性が。
・脳の大切な神経細胞の橋渡し、ニューロンの数は生後1年でマックスになる。

脳の発達が急速に進む時期

3歳までに見たこと、覚えたことは一生を左右するほど大事なんですね。

quote
三つ子の魂百まで、と言う言葉あるように胎児期から3歳までが、人間の一生で脳がもっとも急速に発達する時だと言われています。また、幼少期に性格もある程度決まると言われています。

幼児教育の重要性 人間の脳は3歳までに80%完成する

quote
子どもが3歳になるまでに脳の発達がほぼ完了する。新生児の脳の細胞は多くの成人が何が起こっているかを知るずっと前に増殖し,シナプス(神経細胞相互間の接続部)による接合が急速に拡大して,終生のパターンがつくられる。

3歳までは、とにかく愛情をいっぱい与えてください。しつけは4歳からでいいそうですよ。

3歳までの育児が大切な理由

quote
3歳までは家庭でみなさい神話がなぜあるのか。 それは、3歳まではいろんなことを何でもいっぱい、インプットするからなんです。イイことも悪いことも、3歳くらいまではハッキリわからないから、何でも覚えちゃう。
quote
3歳までは、その子の心の基礎を作る大事な時なので、いっぱい愛情そそいであげた方がいいって事みたいです。自己肯定感って言うらしいですが、この『自分はいていい存在だ』『大切にされてるんだ』って気持ちがすごく大事。

「内気な子」にならない!子育てで本当に大切なポイント7つ

お母さんが子供を思いっきり抱きしめてあげることは、とっても大事なことなんですね。

quote
1.子どもが自由にできる空間を作る
2.いたずらや危険な行動を頭ごなしに否定しない
3.子どもの個性を親として引き受ける
4.大変なイヤイヤ期こそ、子どものプライドを尊重したい
quote
5.世界と具体的に出会わせる…お決まりの散歩コースを作り、そこを一緒に歩く等
6.子どもは自分で自分を発達させる。“見守る育児”を大事に!
7.兄弟が生まれる場合、上の子どもとより濃密な時間を持つ
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事