勘違い!?実は間違いが多い風邪の治し方

風邪をひいた時、どうしていますか?昔からの言われであると効きそうな気がしますが、実は間違った対処法である場合も。間違った風邪の治し方についてまとめました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2015年1月12日更新

寒いこの時期、どんどん風邪が流行ってきています。風邪にかかってしまったらまずどうしますか?
おでこを冷やす?熱を下げるためにいっぱい着込んで汗をかくようにする?
実はこのどちらも間違った方法なのです。間違った対処法だと、早く治るどころか長引く場合も。

おでこを冷やしても熱は下がらない

熱が出たらまず頭やおでこを冷やすイメージがありますが…

quote
体温を高めることでウイルスの動きを弱めて、
免疫力を上げるために身体が発熱しているので、
無理に熱を下げると治るのがおそくなります。
おでこを冷やすと気持ちいいですが、直接解熱作用はないのですね。
quote
熱を下げる時のポイントは、大きなリンパが通っているところを冷やすということ
quote
太い血管が集まる脇の下、首の周囲やそけい部(股の付け根の内側)など、太い血管が走っている部位に、
冷やしたペットボトルや冷たいタオルなどを置く。

冷やすのは、首・脇・足の付け根

風邪による発熱の他にも、熱中症の時にもこの部分を冷やすと良いようです。

「とにかく汗をたくさんかく」は×

汗をかけば熱が下がる、と着込んだり布団をたくさんかけたり。でもこれは間違い!

quote
厚着をしたり、
布団をいくつも重ねたりなど、
無理やり汗をかく行為は体の消耗を早めるだけ
quote
風邪が峠を越えると、それまで免疫力を活性化するために発生していた熱を下げるため、大量の汗をかくことがあります。体温を高く維持することは、それだけで体力を消耗しますから、身体としては必要なくなった熱を下げなければなりません。
quote
汗は身体が必要だと判断した時に自然に出てきますから、我々はその汗で身体を冷やしすぎないように注意していればいいのです
汗をかけば熱が下がるのではなく、熱が下がってくると汗が自然に出てくるのですね。
汗をかいた場合は、脱水にならないように水分補給と、汗で体を冷やさないように着替えをすることを忘れずに!

「たくさん食べれば早く治る」は×

あー…食べたくないー…

治すためには栄養が必要。
だから食欲がなくても、しっかり食べなくちゃ!

いえいえ、実は食欲がないのに無理して食べる必要はないのです。
quote
食欲が無いのは、身体が体内の老廃物を燃やして、
胃腸を休ませようとしているからです。
quote
無理に食べると胃腸に負担がかかり、
免疫力が落ちて治るのが遅くなります。
quote
風邪の時は自分の好きなものを適量食べるのがベスト
でも水分はこまめにとって脱水を防ぎましょう。

食欲が出てきたら、温かい・消化の良い食事を少しずつ量を増やして栄養補給をしましょう。

「早く治すなら風邪薬を飲む」は×

薬を飲めば早く治る…わけではないのです

quote
体の免疫機能に任せていたほうが治りが早いのです。(無理に熱を下げたり、ウィルスや菌を放出するための咳や鼻水を止める薬も良くないです。)
薬は風邪の症状を一時的に緩和してくれる作用はあっても、風邪ウイルスに直接効くわけではないのです。
あくまでも、風邪を治すのは自分の治癒力なのですね。

病院で処方される「抗生剤」も風邪全般に効果があるわけではないようです。
quote
風邪の原因のほとんど(90%程度)はウイルスによるものです。しかし、抗生物質はこのウイルス性の風邪に対しては効果がありません。
抗生物質はウイルス性の風邪ではなく細菌性の風邪に対して効果があるものなんです。

「何もしない」が一番効果的な方法

quote
とにかく安静にして、免疫機能がよく働けるように環境を整えることが必要
風邪を治すのは自分の免疫機能。
免疫を働かせるために十分な休息が必要です。
体を冷やさずに、こまめに水分(温かい飲み物)をとっていくとよいですね。

まだまだ油断ならない季節なので、もとろん予防の手洗い・うがいも忘れずに!
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事