【100均DIY】かなり使える!ワイヤーネット活用術(アレンジ集)

家中のデッドスペース有効活用に、ワイヤーネットを使ってみませんか?使えるアイディアを集めてみましたので、参考にしてみてくださいね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2017.7.19 作成:2017.7.19

目次
  1. 100均で手に入るワイヤーネット
  2. ワイヤーネットに必要な道具
  3. 100均のワイヤーネットで収納棚を作る
  4. 100均のワイヤーネットで壁掛け収納
  5. ワイヤーネットで収納に便利なラックをDIY
  6. ワイヤーネット+キャスターで移動も可能に!
  7. 安全対策もワイヤーネットで!
  8. インテリア雑貨や家具もワイヤーネットでDIY
  9. 配線の収納
  10. 車内の収納
  11. キッチン周りのワイヤーネット収納アイデア
  12. お部屋の見せる収納に
  13. アートなスペースに
  14. 他にもある!オシャレで便利なワイヤーネットDIY
  15. まとめ
100均で色々なサイズが手に入るワイヤーネット。

みなさん、ワイヤーネットって、物を引っ掛ける収納としてだけ使って満足しちゃっていませんか?

ワイヤーネットの可能性って、それだけじゃありません!
結束バンドと組み合わせたり、DIYの材料としてみたり、いろんな技があるんです。

ここでは、全国のみなさんが試している
アイディア満載の活用術を紹介しちゃいます!

100均で手に入るワイヤーネット

大きさも様々なものが販売されているワイヤーネット。結束バンドと突っ張り棒等を組み合わせれば、簡単に、多岐にわたってアレンジできます。

ワイヤーネットのサイズ

ワイヤーネットは、どの100均でも見かけられます。
ダイソー、セリア、キャンドゥなど、代表的な100均ではもちろん確実に手に入れることが可能です。

サイズ展開も豊富にあり、使いたい用途や場所によって、適正なものを選びやすいのも魅力です。
ダイソーなどは、15種類ものサイズ展開があり、ワイヤーネットと言えば、今やまずは100均で手に入れるもの、という認識の方も多いのではないでしょうか。

カラー展開も白だけに限らず、インテリアに合わせやすいのもいいですよね。

ブラックは、最近の男前インテリアやモノクロインテリアなどにも対応しやすく、かっこいいアレンジを加える方も。
その他、店舗によって、カラフルなピンクやグリーンなども♪
アイデアに合わせて、選びたいですね。

ワイヤーネットに必要な道具

結束バンド

ワイヤーネットを活用したい時、役に立つ道具の代表として挙げられるのがこちら、「結束バンド」!

結束バンドを使うことで、ワイヤーネット同士をしっかり固定することが可能になります。

固定手段は、結束バンドに限らないのですが、紐状のものを穴に通してキュッとするだけで、かなり丈夫につなげることができ、一度つなぐとなかなか外れません。
手軽に丈夫に、安定して固定できるのが強みです。

100均でももちろん簡単に手に入り、色なども各種揃っているので、作りたいものに合わせて選べますよ。

ジョイント

ワイヤーネットを固定する道具は、専用のものも各種揃っています。
こちらは、ワイヤーネット専用の「ジョイント」。
固定しながら折り曲げたり角度を変えられるという特性を持ちます。
扉のように使いたい時などにもいいですね。

ただし、適正なサイズのものを選ばないと、しっかり連結できなかったり、固すぎて入りづらかったりするので、購入時にはよく確認してください。

フック

ワイヤーネットを壁掛けで使用したい場合に、まず手軽で取り入れやすいのが、「フック」です。

こちらはダイソーの「ステンレスミニフック」。粘着テープで固定する方法で、耐荷重も300gとそれなりにあり、軽いものならかけられます。フック自体が小型でインテリアの邪魔もしにくいことから、使いやすいです。

軽いものをかける場合、フックの他にも画鋲で固定するという方法もあり、そちらも気軽ですね。

ネジ

同じフックでも、しっかりと固定したい時に安心なのが、こちら、ネジ式の吊り下げフックです。
こちらもワイヤーネット用のものが100均にあります。3kgまでの耐荷重がありますので、汎用性も更に高まりますね。

突っ張り棒

おなじみの「突っ張り棒」も、ワイヤーネットとはとても相性のいいアイテムです。
突っ張り棒を併用することで、ワイヤーネットを好きな場所に掛けることが可能になります。

突っ張り棒を使用する際には、結束バンドも必要となりますのでご注意ください。

スタンド

ダイソーから出ているワイヤーネット専用の「スタンド」を使えば、このように好きな場所に立てて使うことも可能にします。

ディスプレイ用に使ってみたり、観葉植物を飾ったり、または小さなお子さんやペット用のバリケードとして使用したり、こちらもアイデア次第で様々な活用方法があります。

キャスター

100均のキャスターを利用して、こんなアレンジも可能です。
結束バンドでキャスターを取り付ければ、ワイヤーネットの移動も自由自在に!
主に収納棚を作るときに活用してみたいアイデアです。

100均のワイヤーネットで収納棚を作る

ワイヤーネットで作る収納棚の例

ワイヤーネットを組み合わせることで、暮らしに役立つ収納棚を作ることができます。
キッチン用の収納から、シューズラック、洗面所収納にディスプレイ棚まで・・・
アイデア次第で、その活用の幅はいくらでも広がります。

それでは早速基本の作り方を見てみましょう!

収納棚の作り方

ワイヤーネットと結束バンドを用意

まずは、作りたい収納棚に合ったサイズ、カラーのワイヤーネットと、必要な数の結束バンドを準備します。
100均でも様々なサイズのワイヤーネットが手に入るので、初めてなら、まずは100均のもので試すのもいいですよね。

結束バンドで仮止め

今回作ってみる収納棚に必要なワイヤーネットは5枚。
まずはこちらを、結束バンドを使って、ゆるく仮止めしておきます。

形を整えたらきつく結ぶ

思っていたような収納棚の形に整えたら、結束バンドをキュッときつく縛って、しっかり固定します。

固定できたら、更に強度を高めるために、結束バンドでの固定箇所を増やして、どんどんきつく縛っていってください。
ちなみにこちらの棚では20本の結束バンドを使用されているそうです。

この基本の棚を作れるようになれば、ワイヤーネットや結束バンドをどんどん増やして、それなりに大きなものを作ることも可能になりますよ。

強度を補強

強度を補強するためには、ネジを使うのもいいですね。
収納する場所やものによって、より安全に運用することが可能になります。

100均のワイヤーネットで壁掛け収納

キッチンの壁掛け収納

ワイヤーネットに突っ張り棒、結束バンドを使うことで、こんなキッチン収納を作ることができます。

キッチンの壁を収納として使いたい時に、リーズナブルに、そして壁を傷つけることなく設置できるのが魅力的ですね。

連結ジョイントを使用してつなげることも可能です。

専用のカゴやフックなどもあるので、そちらを利用すると、収納方法の幅が広がります。

シンク下、コンロ下のスペースを活用して、こんな収納棚を作る方も。
こちらは、棚板となるワイヤーネットをあえて斜めに設置して、調味料を取り出しやすくされているのが優れものですね!

工夫することで、料理や片付けも捗りそうです。

壁掛け収納の実例

壁に固定することで、様々なDIYが可能になります。
壁掛けの利点は、すぐに取り出せること、ディスプレイとしても使えること、そして、デッドスペースを有効活用できること。
用途に合わせた活用方法で、暮らしがより便利になりますよ。

文房具の収納

机の上に置いておくと、乱雑になったり、使用できる面積が狭くなってしまい、片付けに困りがちな文房具類も、ワイヤーネットで壁に固定することで、整理整頓も捗り、便利に使用することができます。

こちらは、ワイヤーネットにワイヤーバスケットを組み合わせ、また、セリアのカラフルなコップをペン立てとして併用することで、見た目も可愛い収納とされていますね。
木箱のマスキングテープ入れもキュートです。

電源ケーブルの収納

ワイヤーネットを壁に固定して、そこに電源タップやコード類を収納することも可能です。
ごちゃつきがちな電源コードの扱いには手を焼いている方も多いかと思われますが、使用したい場所に簡単に設置できるワイヤーネットで、このようにスマートに収納できると、使い勝手もいいし、すっきりしますね。

小物収納

バスケットやクリップを利用して小物を整理されています。
洗面所などの限られたスペースでも、ワイヤーネットなら空いた場所にすっと設置することができ、身支度も捗りそうです。

ワイヤーネットで収納に便利なラックをDIY

ワイヤーネットを利用したDIYでは、まだまだいろんなアイデアが存在します。
工夫次第で、オシャレにも使える便利グッズが作れるので必見ですよ!

シューズラック

横長のワイヤーネット4枚を木の棒を支えとし、結束バンドで固定しています。玄関のデッドスペースを上手く使ったシューズラックです。ネットなので通気性も良さそう。

収納棚

こちらは、「幸せ!ボンビーガール」で森泉さんが作った押入れの中の収納スペースです。つっぱり棒つきのワイヤーネット、普通の突っ張り棒とワイヤーネット、結束バンドを使用して組み立てています。自分の持ち物に合わせて棚の高さや幅も変えれるのでとても便利です。S字フックを使えば、折り目を付けたくないストールだってひっかけた状態で収納できますね。

こちらは、クローゼットのサイズに合わせて作った収納棚です。既製品の収納ケースやタンスだと、どうしてもサイズが合わなかったりしますよね。100均ワイヤーネットを使ってピッタリサイズの棚を作れば、デッドスペースも無く空間全体を有効活用できます。

ワイヤーネット、結束バンド、フックで作った洋服棚です。ワイヤーネットなので重量も軽く、簡単に解体・組み立てができるので、特に引っ越しの多い転勤族の方や単身赴任の方にはおススメのアイディアです。

簡易クローゼットもお手の物!

赤ちゃんやペットの服って、サイズが小さくて大人用のラックと一緒にするとかなりのデッドスペースが出来てしまいます。このサイズのラックであれば、ぴったりすっきり収納できてとても便利です。

ワイヤーネット+キャスターで移動も可能に!

ワイヤーネットで作成したラックに、キャスターを取り付けることでより使い勝手がアップします。
キャスターも、様々なタイプのものが100均で販売されていますのでまずはそちらで探してみるといいですよ。

キャスターを設置すれば、コロコロどこへでも転がしていける便利な整理棚に。支柱代わりに突っ張り棒を使用することで、強度がアップするそうです。

安全対策もワイヤーネットで!

赤ちゃんやペットのいるご家庭では、その安全対策も万全に施しておきたいところですよね。
そんな時にもワイヤーネットがお役立ちです♡

ベビーゲート・プレイスペース

ワイヤーネットをジョイントでつなぎ合わせ、L字型にしたものを家具に挟んで固定しています。
ペットや赤ちゃんのプレイスペースの完成です。

突っ張り棒とワイヤーネットで作ったベビーゲートです。赤ちゃんがハイハイしだした時に必要となるこのゲートも、100均の材料で作れてしまうから経済的。

ベビー用の柵って、市販のものを買うとけっこうかさばったりして
赤ちゃんが成長して柵が不要となった時、収納や処分が結構大変だったりするんですよね。
ワイヤーネットで作った柵であれば、解体も簡単ですし
処分せずに他の用途に利用することも可能です。

階段からの転落防止柵です。小さいお子さんのいる家庭は、ぜひ。

テレビなどの大きな電化製品も、赤ちゃんが近づいて、倒して下敷きになってしまわないか心配なケースもありますよね。
また近づきすぎて、視力が落ちるかもという懸念も。

そんな時に、こんな風にワイヤーネットをスタンドで固定した簡易フェンスを作っておけば、赤ちゃんは簡単には近寄れません。

期間限定の安全対策ですから、なるべくコストをかけたくない、でもちゃんと安心できるものを作りたい、そんな悩みにワイヤーネットは応えてくれます。

インテリア雑貨や家具もワイヤーネットでDIY

ごみ箱

ワイヤーネット5枚と結束バンドを利用し、45リットルのゴミ袋に合わせたごみ袋を作っています。S字フックを使ってはさみなど簡単な小物をぶら下げておくこともできるので、便利ですね。

↑↑↑ちなみにこのゴミ箱の底の部分は、ワイヤーネットをこのように直角に折り曲げているそうです。女性の方でも壁などを利用すれば手で折り曲げることもできるみたいです。

テーブル

小サイズのワイヤーネット4枚をくっつけてテーブルの脚をつくり、上に天板となるアクリル版を置いたコーヒーテーブル。雑誌などを置くスペースもあり、なかなか使い勝手がよさそうです。

見せる本棚、写真立て

ワイヤーネットと結束バンドと使わなくなった本立てを利用して作ったそうです。

こうしてお気に入りの本や雑誌の表紙を見えるようにディスプレイしておけば、それだけでもお部屋のインテリアとなって素敵ですよね。

CDのジャケットや懐かしのレコードジャケットなど、しまいっぱなしのものがあれば、そういったものを活用するのもいいアイデアです。

こちらはポストカードを飾るスペースに。
窓辺においているので陽の光がカードに透けてきれいですね。

配線の収納

ごちゃつきがちなPC周りの配線をすっきり

パソコン周りって、モデムや配線などでごちゃごちゃしがち。
ワイヤーネットを壁に貼りつけ工夫すれば、こんなに整理できちゃいます。

結束バンドをうまく活用

結束バンドをうまく使って配線をスッキリと見せています!
タコ足配線など他のものを近づけなくないものにはぴったりですね!

デスクの裏面を利用して

机の下にヨートフックを4カ所とりつけそこにワイヤーネットをひっかけます。
そこに配線を結束バンドでくっつければ、パソコン周りの配線もすっきり!

車内の収納

車の中って、スペースが限られています。
でも、必需品など、ドライブのお供を上手に収納するスペースはほしいところですよね。
そんなときにもワイヤーネットが大活躍します。

車内の限られたスペースを有効活用。ワイヤーラックを使った小物置き場&引っ掛けフックです。
車内泊するようなことがあっても、このような物置が一つあるだけでかなり便利になりますね。

ハイルーフの車をお持ちの方にぜひ。これぞ車のデッドスペースを上手く利用!という感じです。結束バンドでしっかり固定すれば、耐荷重は5kgくらいはいけるらしいです。寝袋や毛布程度なら問題なく置けそうですね。

キッチン周りのワイヤーネット収納アイデア

狭いキッチン周りには、ワイヤーネットを使った収納は欠かせません。
キッチンという場所に特化した、ワイヤーネット収納アイデアをご紹介いたします。

キッチンツールをハンギング収納

大きなワイヤーネットを立て掛け、S字フックやワイヤーの棚、ペン立て等を駆使してかなりの量のキッチングッズを収納しています。

フックで吊り下げ式の収納

お洒落感を増すために、マットな色で染め上げたワイヤーネットで作った調理器具用の棚です。天井からフックでつりさげているので、ガラスボール等重たいものはNGですが、かなり使えそうです。

シンク下の収納棚に

湿気のこもりやすいシンク下の収納って、お悩みの多い場所でもありますよね。

ワイヤーネットなら、湿気を気にすることなく、そして低コストで収納棚を組み上げることも可能です。

こちらは、数枚のワイヤーネットを、結束バンドを使って連結し、フックで固定して使われています。
簡易的に作られたとは思えないほど使い勝手がよさそうですね!

キッチンツールを置き型収納で

男前でかっこいい置き型キッチンツール収納も、ワイヤーネットひとつで簡単に手作りできます!

こちらは、ダイソーのワイヤーネットを真ん中で折り曲げるだけで、自立できる収納ができあがるという優れものアイデア。

オシャレに見せるために、下部にプレートをタッカーで留めるという手間だけかけられていますが、もしそれが不要でしたら、その手間さえいりません。

壁に穴を開けたくない賃貸の方にも嬉しいアイデアですよね。

お部屋の見せる収納に

趣味のギターをいつでも見える空間に

ギターの収納にワイヤーネットが大活躍!
デザインや色合いがクールなギターは収納、というよりは見せておきたいもの。
そんなときにワイヤーネットは便利ですね。

ワイヤーネット自体がシンプルなので、ギターの醸し出す雰囲気を損ないません。

オシャレ小物もワイヤーネットで見せる収納

帽子とサングラスも見せる収納!
サングラスはワイヤーにそのまま引っ掛けるだけなので収納もしやすいですね。

別角度から見た写真です。
すっきり整然と小物が配置されていて、とてもかっこいい収納になっていますよね!

ハンギングする小物は、もちろんそれぞれのケースに合わせて、帽子以外のものをディスプレイしても。バランスよく引っ掛けていくとオシャレに決まりますよね。

「見せる」ということを意識してディスプレイしていくといいですよ。

鍵をかける場所にもピッタリ!
ワイヤーネットは、大きさも様々だから、小さめのものを選んで玄関などで活用されるのもいいですよね。

玄関って、乱雑にしておきたくない場所でもあるから、こういったすっきり収納アイデアって役に立ちます。

アートなスペースに

収納だけでなく、アートスペースとしてワイヤーネットを活用するのも素敵です。
ウォールインテリアのひとつとして捉えてみるのはいかがでしょうか。

フェイクグリーンとカードを飾って

フェイクグリーンやカードを飾るスペースに!
なにを飾ろうか色々考えたくなりますね。

ワイヤーネットの下部分に、使っていないウッドクリップを並べて挟んでおくアイデアも、それ自体にデザイン性があるようで、とても参考になります。

海外インテリアのようなディスプレイも

ポストカードをウッドクリップで挟んで。
海外インテリア風に見えますね!

クールなカレンダーとして活用

ナンバーのプレートをハンギングして、さり気なくカレンダーとして使うのもオシャレで素敵なアイデアですね!

よく見たら小さなアナログ時計もディスプレイされていて、実用性もありながら、見た目がかなりクールなディスプレイスペースとなっています。

他にもある!オシャレで便利なワイヤーネットDIY

好きなものをディスプレイ

自分の好きなものをこんな風にいっぱい飾り付けるだけで、その空間はますますお気に入りのスペースとなります。

そこに目をやるたびに、気分があがりますよね♪



何かお気に入りのコレクションがいっぱいある、という方は、こんな風に思いっきり飾ってみるのはいかがでしょうか。

ラック

ワイヤーネットを2枚使って、こんなお洒落なラックを作ることも可能です。
こちら、ヤスリをかけて色合いを変えるなど、更にインテリアに馴染みやすいように工夫されています。
観葉植物などをディスプレイして楽しみたいですね。

収納ボックス

ワイヤーネットとカッティングボード、それから丸棒を利用して、こんなお洒落な収納ボックスを作ることも可能です。

クラック塗料などを駆使したペイント技が光ります。
材料そのものはいずれも100均で手に入るものばかりなので、DIYにハマってきたら、ぜひ挑戦してみたい作品のひとつですね。

隙間収納

ワイヤーネットで、こんな隙間収納をDIYすることもできます。
ダイソーのワイヤーネット2枚の間に、プラカゴを結束バンドでつないでいくだけで、洗面所などの狭い隙間にぴったりな収納を作れちゃいます。

工具も何も必要としないのが、ハードル低くて助かりますよね。

まとめ

いかがでしたか?

安くて軽くて丈夫なワイヤーネットは
使い方次第で、家中の色々なデッドスペースに適応できる
収納スペースを作り出してくれる万能グッズなのです。

「あのスペース、何かに有効活用できるかも!」と思ったあなた
早速100均で材料を調達して、試してみてくださいね♪

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事