更新:2015.1.8 作成:2015.1.8

100均のレインボーペーパーシートを使った作品がスゴい

皆さん、「レインボーペーパーシート」をご存知ですか?子どもの頃図工の時間にクレヨンを重ねて描いた「アレ」です。ダイソーで売り出したところ、その懐かしさにはまる人続出。魅力ある作品が生まれています。
❤︎ お気に入り

これが「レインボーペーパーシート」

「レインボーペーパーシート」を知らない人へ。

ダイソーなどの100均で販売されています。
シートについている引っ搔き棒や、家にある適当な棒(爪楊枝や箸でもOK)で擦ったり、書くとさまざまな色がでてきます。
それを生かして面白い作品が作れます。

特別な技術は不要。簡単にはじめられる。

菜箸や武串などで削っていきます。

完成☆

手順自体はとてもシンプル。描くものが決まれば、あとは自分の画力や創造力でひたすら下地のレインボーをカリカリと削りだすのみ。

レインボーペーパーにはまった人たちの作品の数々

夜空にきらめく花火

夜空に浮かぶ花火のキラキラとする様子がこちらに伝わってくる作品です。

クリスマスの飾りに使えそうな作品

店先に出す看板に使えそうですね。ライトアップすれば夜でも人目を引きそうです。

絵本の1ページのような物語性を感じる作品

レインボーペーパーの良いところを引き出した表現です。ペガサスなど空想のモチーフを使ったことでより幻想的な作品になっています。

アラベスク模様

細かな線にも虹色が透けて繊細な美しさになっています。
伝統的な装飾表現と合わさると新鮮な魅力が生まれます。

肩の力を抜いた作品1

肩の力を抜いた作品2

こういった肩の力を抜いた内容には虹色のカラフルさがいい感じにポップ。

一味違った絵手紙

こんな絵手紙で季節のご挨拶が届いたら嬉しいですね。

お子さんのいる方は一緒に楽しんで遊ぶもよし、一人の趣味として楽しむも良しです。
ちなみに、「作ってみたい!」という気持ちがムクムク沸いてきたけど近くの100均では売ってないという方。自作できます。

少し突っ込んだ話をすると、この「レインボーペーパーシート」を使った絵は美術の技法でスクラッチ画というカテゴリになります。
スクラッチ画の技法を使った自作の「レインボーペーパーシート」のつくり方は以下の通り。

自作「レインボーペーパーシート」の作り方

quote
用意するもの
クレヨン、画用紙、楊枝や割り箸など削るための道具

1、好きな色で塗ります。

2、その上から黒いクレヨンで、なるべくすきまが残らないようにひたすら塗りつぶします。

後は市販のもの同様。上に塗った黒のクレヨンを引っかいて下の色を露出させます。
自作であればどんな色を乗せるか選択できますから、「狙った色を出したい!」というときには自作してしまうのも手です。

下地の色を自作した作品(タイトル「静寂の誓い」)

但し、クレヨンで手が真っ黒に汚れることもあるので、ご注意を。
市販のレインボーペーパーシートの良いところはそういう汚れの心配が無いことです。
quote
画用紙一面に好きな色を塗り上から黒で塗りつぶした後、竹串で引っかいて下の色を出すスクラッチ技法。
手が真っ黒になった思い出があるのですが、こちらは汚れず簡単に楽しむことが出来ます。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

ログイン・無料会員登録

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

【連載】パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ 〜 Episode 1

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!