ごちゃごちゃを解消!靴収納アイデア

シーンや洋服、気分によって履き替えることが多い靴。気がついたら数が増えて、下駄箱に収納しきれないほど…。しかもごちゃごちゃしてなんだか見た目もよくない…。そんな悩みを解消する靴収納のアイデアを集めました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2014.12.29 作成:2014.12.29

シューズラックを使えば、収納量が2倍増える

シューズラックは100均にも売っています。

突っ張り棒、ラック、ハンガーを使って収納力アップ

突っ張り棒で収納を増やす

スペースが空いている場合は、突っ張り棒を2本使うと、靴を乗せる収納ができますよ。

1本をうまく使う方法もあります。

突っ張り棒1本に片方の靴をかける

片方は棚に、もう片方は突っ張り棒にヒールをかけます。収納も増えるだけでなく、見た目もきれい。

キッチンラックを使って

お皿をのせるラックを下駄箱で活用。靴用のラックと同じように2段に収納できます。

ブーツはフックに吊り下げる

突っ張り棒をつけ、フックをかける。ブーツはそのフックにかけておけば、ブーツの型崩れも防げます。

ワイヤーネットで壁掛け収納

ワイヤーネットをフックで壁にかけ、ワイヤーラックを取り付けると壁掛け収納のできあがり。まるで靴屋さんのディスプレイのよう。

ハンガーをリメイクして吊るす

ハンガーの上半分をカットし、外側にくるんと曲げます。おしゃれに見せるために、リボンで飾ると、靴用ハンガーの完成。下駄箱に置くよりもたくさんの靴を収納することができそうです。

下駄箱の扉裏も上手に活用

ラックを取り付けて靴やスリッパを入れる方法も。

突っ張り棒やラック、ワイヤーネットは100均にも置いているので手軽に手に入りますね。

かごや箱も活用

100均のかごに立てていれる

フラットシューズは靴底を合わせて立てて収納することもできます。

靴の空き箱を利用

靴の箱前面にカッターで切り込みを入れて、内側に倒しテープで留めて手作りシューズラック完成。

子供靴は箱に立てて収納

靴の空き箱は何かと便利。子供靴であれば4足入ります。片方しか見当たらない…なんてことも解消されます。

下駄箱をDIYする

靴が下駄箱におさまらない…そんな時は下駄箱や靴置きをDIYする方法も。

レンガに板をのせるだけ!靴置き棚

道具は一切不要。レンガの上に板をのせる、それを繰り返していくだけで完成。下駄箱を増やしたい時に簡単に作ることができます。

すのこで下駄箱

釘を使わず、接着剤ですのこを組み合わせていきます。目隠し用の布をかけてもかわいいですね。

キャスター付き収納で、下駄箱の下スぺースも活用

SPF材で木箱を作り、キャスターをつけます。これなら、取り出しやすいですね。

道具は要らない!置き方を変えるだけ

いろいろ道具をそろえる前にぜひ試してみたい方法。これで、靴が全てきれいに収納できるかもしれません。

道具不要!左右の靴を前後にずらすだけ

前後にずらすだけで収納量を増やすことができます。

靴の向きを少し変えるだけ

つま先とかかとを交互に向けて収納するだけで、たくさんの靴を収納することができますよ。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事