16416 VIEW

簡単なお正月飾りの作り方

お正月飾りは、12/30までに飾るようになっています。また、12月29日は「苦待つ」といわれ縁起が悪いので飾ってはいけません。なので、今日を入れて2日しかありませんので、急いで作って飾りましょう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2014年12月28日更新

門松

材料】 器2コ,飾り(松、松ぼっくりなど…100均で調達できます),吸水性フォーム,24番か26番のワイヤー(地巻きワイヤーが便利です)

1. 器の直径に合わせて、吸水性フォームをカットする。
2. 飾りにワイヤーを引っかけて根元でねじる(挿しやすいようにワイヤーをカット)。
3. 松を中心に、飾りを吸水性フォームを隠すように低く挿していく。

しめ飾り

※作り方はこちら
  ※画像の右上のURLをクリックしてくださいね。

quote
100円ショップの「しめ縄」と、「造花」を使った、お正月飾りを…
quote
材料】トイレットペーパーの芯3本,画用紙(緑色‐竹の部分とまとめる部分、赤‐),セロハンテープ,のり,はさみ
赤の画用紙の部分を和柄の画用紙だと、また雰囲気が違って本格的になりますね。

折り紙で作る門松

※作り方はこちら  ちょっとしたことですが、玄関先を清める門松には違いないですね。

quote
〈材料〉○折り紙(2枚)
↓※その他にも「しめ飾り」などの作り方もこちらから

マンションにぴったり!モダンなお正月飾り

材料】 注連飾り,根引松,サンキライまたは南天(赤い実),羽根、千代紙、紐、水引などのお正月小物

quote
お正月、玄関に飾る「注連飾り(しめかざり)」は、古来お正月に迎える年神様を祀る依り代とされてきました。地方によって、装飾や形、呼び名は異なりますが、日本のお正月になくてはならないもののひとつです。
※↓作り方

お正月リース

材料】 リース土台(100均ショップで買ったもの),南天の葉,千両の実と葉,麻ひも(100均でも購入可),お正月用ミニ飾り    千両の実だけだとクリスマスのようですから、お正月用ミニ飾りは必須ですね。

quote
いけばなで余った南天の葉や、買ってきた千両を使って慌てて作ったのが、写真のリースです。
※↓作り方

材料はダイソーで全部購入。  とても100均で揃えたとは思えないですね。

quote
お正月リースを作りました。洋風の、生花で作るようなリースを意識しました。
※↓詳細
竹を割って作る本格的な門松の作り方…今からじゃちょっと間に合わないかもしれませんが、田舎に帰省している人などは、材料さえ揃えばできそうですよ。

お正月飾り

材料】 椿、千両、松葉の造花,水引,タッセル,千代紙を使い、
取り付けにはワイヤーとグルーガンを使用。  しめ縄の形を少し変えるだけで、手作り感がでますね。

quote
今年はお正月飾りのしめ縄を手作りしてみました♪
造花や千代紙、水引を使ったハンドメイド*^^*
※↓作り方

レースペーパーのお鏡餅

材料】 レースペーパー30枚,22号ワイヤー30本程,水引き1こ,橙1コ     可愛くて、カビないお鏡餅ですが、鏡開きができませんねぇ~。

quote
お餅の丸みをイメージしながら作ります。橙も、和紙で作ると統一感が出ます。お盆やお座布団に乗せて飾ります。
※↓作り方
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事