幸せを感じさせてくれる♪世界一スマイルが上手な動物「クォッカ」

オーストラリアの小さな島に住む「クォッカ(Quokka)」をご存知ですか?小さな身体と人懐っこさ、にっこり微笑むような顔に思わずキュンとなってしまう動物です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2014.12.12 作成:2014.12.12

どうも、僕クォッカ(Quokka)です。

クォッカはオーストラリアのロットネス島という小さな島に住む有袋類です。有袋類とはカンガルーやコアラと同じ、オーストラリアで独自の進化を遂げた固有種です。
quote
クオッカ・ワラビーともいい、カンガルーの仲間でありながらネコくらいのサイズだそう。
quote
木の芽や葉も好きだけど、大好物は“湿原の草”

素敵な笑顔の秘密はにっこり上がった口角

にこっ

おもわずこちらもにこっとしてしまいます。

quote
生まれつき口角が上がっているので表情は常に笑顔
この笑顔が広まる中『世界一幸せな動物』と言われるようになった

そんなクォッカの子どもは大人のミニチュア版という感じ

これまた可愛らしい。

もちろん有袋類なので赤ちゃんはママのおなかの中

超可愛い赤ちゃんの動画はこちら
A baby quokka trying to get a feed from its mum

笑顔だけじゃなく性格も人懐っこい。

quote
ものすごくキュートなルックスにくわえて、とってもフレンドリーなのだそう。オーストラリアの離島で暮らしてきたこともあり、外敵への警戒心が薄いのでしょう。クオッカのほうから寄ってきてくれることもあるよう

くんくんくん、こいつは誰だ?

運がよければ、こんなに近くに来て撮影させてもらえます。
島の様子となにやら冒険モードで荷物を探索しているクォッカの映像。

それゆえに絶滅の危機も心配されています

quote
昔はたくさん生息していたクアッカワラビーも、今では絶滅(ぜつめつ)が心配されている。開発によって、すみかの湿原(しつげん)が減(へ)ってしまった
quote
さらに、人間が持ちこんだ動物たちにも苦しめられている。もともとオーストラリアにはいなかったネコやキツネにおそわれ、ブタに大切な湿原(しつげん)をあらされることも。
彼らが安心して暮らしていける環境を守っていく必要がありますね。

・・・・ZZZ

またねっ☆

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事