稲わらで作られた「猫ちぐら」が大人気!予約殺到で3年半待ち!?

稲わらで作られた「猫ちぐら」。元々は赤ちゃんの「ゆりかご」として作られていた。夏は涼しく、冬暖かい「ちぐら」を猫用にと「猫ちぐら」として作られていたのが、今、話題になって、最近では最長5年待ちになっているところもあるそうです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2014.12.11 作成:2014.12.11

「猫ちぐら」とは

quote
猫ちぐら(ねこちぐら)、猫つぐら(ねこつぐら)とは、藁を編んで作った猫用のペットハウスの一種。 新潟県関川村、および秋山郷(同県津南町と長野県栄村)周辺の伝統民芸品である。
quote
関川村では「猫ちぐら」と呼び、秋山郷では「猫つぐら」と呼ぶ人が多い。 ちぐら(つぐら)は「稚座」と書き、新潟の方言で籠のことである。

狭いところ大好きな猫たち・・・上に登ったりとお気に入りのご様子。

quote
むかし農家では、子守のための「ゆりかご」を「ちぐら」又は「つぐら」と呼んでいました。当時の農家には、どの家にも猫がいて、家族の一員として住んでいました。その猫の為に「ちぐら」をヒントに「猫ちぐら」が誕生しました。
もともとは赤ちゃんを入れておく子守用の「ゆりかご」だったので、現在も「赤ちゃんちぐら」として使われています。
quote
手から手へ技と心で受け継がれてきた伝統の民芸品は、かわいい猫が快適に住めるように改良されて今の形に至っています。名人の手でひと編みひと編み、しっかりと編み込んで作ったわらのぬくもりと素朴さが自慢の「ねこの館」です。
quote
「猫つぐら」は、100%天然のわらで作られていますので、保湿性が高く通気性があります。また、夏涼しく冬暖かい温度管理ができます。猫は本能上、狭い所や暖かい場所が好きですから喜んで入ります。

「猫ちぐら」の作り方

脱穀するときに「猫ちぐら」用に稲わらを集めておきます。
コンバインで脱穀した後に田んぼに落ちている稲わらを集めます。
稲わらを束にまとめたあと、一週間から10日くらい乾かします。
稲わらを柔らかくします。
ハカマをはらいます
稲わらの周りについている柔らかい皮を「ハカマ」と呼びます。関川の辺では「こもず」と呼ばれています。
編んだ時に見た目が綺麗になるようにフシをあわせます。
ハカマを取った稲わらとハカマを別にしておきます。
上がハカマを取った稲わら。下がハカマです。
猫ちぐらはハカマを取った稲わらを使います。

ひと編み、ひと編みしっかり編んでゆきます。根気のいる仕事です。

作り手の方が高齢化して、少なくなっているのが悩みだそうです。

関川村特産の猫ちぐら、手作りの温もり人気集める - YouTube
新潟県関川村の特産品「猫ちぐら」の製作風景を撮影しました。現在は村の住民グループ「猫ちぐらの会」のメンバー約30人が製作しています。

「猫ちぐら」の値段と、どれくらい待てば手に入るの?

【猫ちぐらに入っている猫たち】

農家の冬場の手仕事、猫ちぐら、ワラ細工、民芸品作り。関川村の田圃のワラで作りますので、数量にも限りがある限定品です!  無理矢理3匹も入ってますね。

quote
「猫ちぐら」の値段
大[直径40cm×高さ34cm]  (一匹用)  23,000円
特大[直径45cm×高さ38cm] (二匹用)  26,000円
お値段は結構しますが、先日テレビで紹介されたこともあり、予約が殺到。
なんと今は、早いところで2年2ヶ月待ち、所によっては約5年待ちとのことですよ。す、すごい!
quote
一番大きなものは約10日間の時間をかけて丁寧に編みこまれ、その手作りの温もりある仕上がりが、多くの愛猫家から親しまれているほか、家庭のインテリアとしても好評です。

「猫ちぐら」大好き猫たちのおもしろ画像

作成中の猫ちぐらからどうしても出たくない猫のこはくさん、爆笑! - YouTube
息子が手作りしている猫ちぐらですが、猫の邪魔が入って中々作業が進みません、特にこはくさんは人の言うことを聞かないので困った事になってます。 のけた瞬間入って来るの繰り返しです。 絶対にのくものかと強い意志を感じて、結局こちらが負けるので作業が進みません。
猫ちぐらを編むおかぁちゃん邪魔する♂猫だいず:猫おもしろ動画 - YouTube
猫ちぐらの直径が50cmほどになりました。♂猫だいずが邪魔しなければ、もう少し大きくなってたかも!?邪魔する♂だいずにチョッカイを出すお父ちゃんです
猫ちぐらだよ - YouTube
うちのちびお坊ちゃま、お気に入りのハウスだよ!
もこ&りん 猫ちぐらを手に入れた~ - YouTube
猫ちぐらを手に入れました。遊んでいます。
プロフィール画像

なまぐさ坊主 @namagusaboodu

RT @susususan: おはようございます。 テレビで猫ちぐらの特集。 田舎の農村の藁仕事に注文が殺到して5年待ちなのだとか。 類似品にはご注意かもしれませんが、格好の町おこしネタになるんじゃないかな。 欲しくなりました。

2014.12.11 16:59

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事