「日本映画のスター」菅原文太さん、高倉健さん死去、永遠に語り継ぐ名作集

高倉健さん(83歳)、菅原文太(81歳)さん。昭和を代表する2人の偉大なる俳優が、まるで連れ立つように逝かれました。お二人の永遠に語り継がれるであろう名作と、貴重な共演作を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2014年12月3日更新

仁義なき戦い(1973年/東映)

菅原文太さん主演 名作

日本映画不滅の金字塔、実録ヤクザ戦争を描いた傑作「仁義なき戦い」。戦後直後の広島・呉を舞台に、ギラギラしたならず者たちが躍動。

quote
主人公の広能は、刑務所から出たところを組長に拾ってもらいます。しかしその後は、ひたすら貧乏くじを引かされる。仲間からはヒットマンを押しつけられて刑務所へ逆戻り。
quote
『出たら全財産やる』といっていた親分も、いざ出てきたら祝いの食事さえ、『飯代払え』です。
quote
それでも広能はどれだけ裏切られても男には通す筋がある、と仁義なき社会で仁義を通す。まさにやくざの見本といえる1本です。

トラック野郎(1975~1979年/東映)

煌びやかな電飾と極彩画に飾られた長距離トラックの運転手、一番星桃次郎とヤモメのジョナサンが巻き起こす、アクション・メロドラマ・お色気・下ネタ・笑い・人情が渾然一体となった大衆娯楽活劇
。(出展:トラック野郎‐ウィキペディア)

quote
このシリーズの特徴である下ネタのオンパレードの中にあって、桃さんとジョナサンの二人の熱い友情、これは男にしか理解出来ないだろう世界と男だからこそ理解出来る世界が描かれている。
quote
何かこの作品を観ていると菅原文太の桃さんに惚れてしまう。そう、やっぱり男が男に惚れる映画!

ダイナマイトどんどん(1978年/東映)

才・岡本喜八監督が菅原文太をはじめ、豪華俳優陣を配し映画化した正統派ヤクザ喜劇。終戦直後の九州小倉、抗争中の2組のヤクザは警察署長の提案で野球で勝負することに。バットに鉛を埋め込んだり、ルールも守らぬ荒くれたちの喧嘩野球が勃発する。 (出典:Amazon.co.jp)

quote
任侠道とベースボールと民主主義。奇妙な調和が、なんとも面白い。登場人物の個性と活力が最高。
quote
コメディでありながら、やくざ映画の定石もしっかり踏まえる、その独特なリズムとテンポこそ抑え気味だが、軽妙洒脱で、それでいて気骨あるタッチが横溢するやっぱりこれは岡本喜八映画。

太陽を盗んだ男(1979年/東宝)

「原爆を作って政府を脅迫する」という奇想天外なアイデアの日本映画。大掛かりなカーアクション、国会議事堂や皇居前を始めとしたゲリラ的な大ロケーション、シリアスで重い内容と、ポップでエネルギッシュな活劇要素が渾然となった作品。(出典:ウィキペディア)

quote
不可能を可能にしようとする1人の男に、壮大なロマンを感じさせる。
quote
テーマにしろ、ロケ地にしろ、ラストにしろ、「掟破り」のてんこ盛りで、しびれてしまう。また、配役も沢田研二の知的な危うさと菅原文太の飽くなき執念が観客に伝わってきて、実に素晴らしい。

高倉健さん主演 名作

八甲田山(1977/東宝)

1902年(明治35年)に青森の連隊が雪中行軍の演習中に遭難し、210名中199名が死亡した事件(八甲田雪中行軍遭難事件)を題材に、一部創作を加えた作品(出典:ウィキペディア)

quote
北大路欣也扮する陸軍大尉が「天は我々を見放した」というセリフがCMで流れ、当時の流行語になった。
quote
エキストラのなかには一度、ロケに参加したけれど、あまりの寒さに耐えかねて、宿舎から逃亡した者も出たという。
quote
映画「八甲田山」は3年の製作期間を要し、30年前の日本映画では史上空前規模の制作費7億円、使用フィルム30万フィートを費やした。
quote
1977(昭和52)年6月18日(青森県内は4日から)に全国ロードショーが始まり、短い上映期間にも関わらず、観客動員500万人と配収27億円を記録した。

南極物語(1983年/東宝)

タロ、ジロの奇跡の実話を高倉健主演で映画化した「南極物語」。タロ、ジロの奇跡の実話を基に、南極に取り残された犬たちと大自然との闘い、そして彼らをやむを得ず置き去りにした人間たちの苦悩を描く。

quote
フジテレビ製作の大作日本映画『南極物語』(83年)は、邦画の興行記録を次々塗り替えた大ヒット作品となった。あれから23年ほど経った今、なんとハリウッドがリメイク、ディズニー映画として、日本でも公開される運びとなった。
quote
与えれた運命の中でそれぞれの命を輝かせ、人間の都合などものともせずにひたすら生き抜いた犬たちの強靭さと純粋無垢なる高貴な姿に、ただただ生命賛歌を感じるのみ。

幸福の黄色いハンカチ(1977年/松竹)

刑務所帰りの中年男が、偶然出会った若い男女とともに妻の元へ向かうまでを描いた山田洋次監督によるロードムービー。(出典:YAHOO!映画)

quote
『幸福の黄色いハンカチ』昭和の古き良き時代を醸し出す雰囲気とキャスト陣の名演と相まったクライマックスの心地よい高揚感!
quote
高倉健さんの武骨さ、倍賞千恵子さんの美しさ…そしてなんといっても武田鉄矢さんの瑞々しさ。
quote
下手をすると今より活気のある35年前の北海道が保存されているだけで資料的価値は大きい。

鉄道員 ぽっぽや(1999年/東映)

蒸気機関車のカマ焚き、キハの機関士、そして終着駅・幌舞の駅長。廃線の日まで、生後間もない娘が亡くなった日も、妻が先立った日も、駅に立ち、愚直なまでに鉄道員(ぽっぽや)を貫いた佐藤乙松(高倉健)の人生を描いたヒューマンドラマ。(出典:映画のある旅)

quote
150万部の大ベストセラーとなった、浅田次郎の直木賞受賞作を映画化。
quote
「あ・うん」「ホタル」などヒット作を数多く送り出した高倉さんと降旗康男監督の名コンビで、引退間際の鉄道員が体験する小さな奇跡を描き出した
quote
不器用にしか生きられなかった男性の人生を、雪の中にたたずむ姿だけで体現した高倉さんの存在感は圧倒的。

菅原文太さんと高倉健さんの共演作

網走番外地 吹雪の斗争(1967年/東映)

伊藤一の原案から「網走番外地 悪への挑戦」の石井輝男がシナリオ・監督を担当した“網走番外地”シリーズ第十作目。撮影は「網走番外地 決闘零下30度」のコンビ中島芳男。(出典:Movie Walker)

神戸国際ギャング(1975年/東映)

昭和22年の神戸を舞台に、男女混成のギャング団の凄絶な生きざまを描いたアクション映画。脚本は「喜劇 特出しヒモ天国」の松本功と山本英明、監督は「実録阿部定」の田中登、撮影は「資金源強奪」の赤塚滋がそれぞれ担当。(出典:weblio)

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事