保管するだけじゃもったいない!子供の作品をおしゃれに飾るインテリア集

お絵かき、工作…子供の作品は日々増えていきますが、どのように保管していますか?成長の記録として残したいけど、この量は収拾つかない…ということも多いのでは。子供の作品も工夫次第でおしゃれなインテリアになりますよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2014年11月27日更新

フレームに入れて飾る

quote
子どもの絵は額縁に入れると驚くほど引き立ちます。ガラスを使わない軽くて手頃な値段の額縁がホームセンターなどで手に入るので、サイズに合わせて購入するとよいでしょう。

絵が浮き立つように、背景に黒い画用紙を入れています。ちょっとした工夫で見栄えもおしゃれに。

白で統一したフレームを縦横ランダムに配置

壁と同系色の白いフレームで統一感を。大きさや向きをさまざまに変えてもおしゃれ。

フレーム&切り抜きを合わせて飾る

大小のフレームがバランスよく配置されています。所々に形通り切り抜いた絵を入れるとアクセントになりますね。

トレイやプレートもフレームになります

カラフルな色や形を選んでポップな額にしてみましょう。

マスキングテープでフレームを作る

作品を直接壁に貼って、周りをマスキングテープで囲んでいます。好きな形を自由に作れるのも楽しいですよね。

吊るして飾る

ワイヤーで吊るす飾り方

吊るす方法だと、絵の他に工作も簡単に飾ることができます。一か所に集めて飾ると見てる側も楽しくなってきます。

フレームと組み合わせて飾っても

ワイヤーだと折り紙や工作も簡単に飾ることができます。思わず手に取って楽しみたくなります。

ワイヤーロープにクリップを使って飾る

ワイヤーロープは100均でも手に入ります。

棚に飾る

絵本と一緒に棚に並べて

絵本棚があれば、そこに作品を並べる方法もあります。色鮮やかな絵本となじんで素敵なインテリアに。

飾り棚に雑貨と一緒に飾る

並べ方次第で子供の工作も立派な雑貨。お部屋のちょっとしたスペースにこういう飾り棚があってもかわいいですよね。

ボードで作品コーナーを作る

フェルトボードに飾る

フェルトボードはピンで簡単に飾ることができます。お子さんが自分でお気に入りの作品を飾ることもできそうです。

クリップボードを使って飾る

壁にクリップボードを取り付ける方法。クリップではさんで飾るので作品を入れ替えるのも簡単。

スキャナーで取り込んで飾る

少し手間はかかりますが、こんな方法もあります。

小さく印刷して貼っていく

手作り感があってあったかい仕上がりになります。フレームに入れて飾ります。

グリッドコラージュにして飾る

たくさんある作品を選んで飾るのは大変、という方におすすめ。作品をスキャナーで取り込んでトリミングしてみましょう。数枚並べると素敵なコラージュに。限られたスペースでたくさんの作品を飾ることができます。

14×14枚集まるとこの迫力

まるでモザイクアートのよう!

ものづくりが好きなお母さん向け

絵を再現して作る

裁縫が得意な方は、このように実物に作り替えてみてもいいかもしれません。

作品を転写する

アイロン転写用紙を使うとオリジナルクッションもできますよ!

quote
お気に入りの絵を撮影orスキャンでPCに取り込みます。

アイロン転写の用紙にプリントして

布にアイロンで転写

好きな形に切り まわりを縫い

綿を詰めて 口をとじたら
こんな風に出来上がり。

布くれよんを使ってもいいですね

くれよんで描いた絵を紙ではさみ、アイロンをかけるだけで塗れても消えない優れもの。

やっぱり大事なのは「気持ち」

quote
飾られた自分の作品を日々目にし、ときおり家族の話題にのぼるとすれば、「私は大切にされている」「両親は私をちゃんと見ていてくれる」と子どもは自然に感じとることでしょう。
 そういう心の部分のベースがしっかりできていると、勉強にも落ち着いて取り組めるようになります。
見た目ももちろんですが、一番大事なのは「子供の作品に対する気持ち」。
どうしても処分しなければならない時は親の判断だけではなく、子供の意見も大切にしていきたいものです。
quote
作品本体を残すかどうかよりも、誉めてもらったという子どもの記憶に残る方が大切。モノそのものに感情移入しすぎずに、思い出を心に残していけるといいですね。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事