子供でもお片づけできる☆簡単おもちゃ収納

形がバラバラのおもちゃは、収納するのが難しい物。子供は散らかす天才です。結果お部屋は片付かないまま、なんてご家庭も多いのでは?
子供が自分で片付けられるようにすれば、子育てもちょっと楽になり、子供の自立にもつながります。そのグッズとコツをお伝えします
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2014.11.26 作成:2014.11.26

子供が片付けできる収納の基本

quote
・子供の手の届く収納場所
・放り込むだけでOKの簡単収納
こんな棚はいかが。

ポイポイ入れるおもちゃいれ

行方不明おもちゃゼロ。遊びたいおもちゃがすぐ見つかり、すぐしまえる。おもちゃもなんとなく生き生きして嬉しそうな♪
そして何より、子供が自分で簡単にお片付けができる!!!

quote
片付けられない、すぐに散らかってしまう原因として、収納場所に問題がある可能性があります。 収納する場所は、「使う場所の近く」に設置することが大切です。
quote
ラベリングすることにより、物の指定席を決める。指定席が決まるから、いつでも欲しいときにその場所にあり、また使い終わったら、その場所に戻すことができる。
quote
大人のものを置かない
「自分のスペースなんだよ」と感じさせることで、お子さまは自分のスペースを大切にするようになります。
quote
不要なおもちゃをよける
お子さまの年齢にもよりますが、一緒に"分けられる"くらいの歳でしたら、その子にとって必要なおもちゃだけを残すように声かけをしながら分けてみてください。
quote
どんどん増えてゆくおもちゃたち~。今まではおもちゃワゴンに何でも投げ込んでいましたが、こうしていると、行方不明のオモチャや、埋まってしまって全然遊ばないオモチャが出てくる
管理できない数のおもちゃは、存在も忘れられて無いも同然。子供の年齢に合わせて「断捨離」が必要です。

お片づけに最適な収納グッズ

放り込むだけ、バケツ収納

フランス製の角型バケツ「baquet」。インテリアに合わせてカラーやデザインが合うものを選ぶのがコツ。

quote
バケツの良さと言えば、とりあえず放り込む事ができる事が魅力。子供自身でさせるように仕向けるには、「片付けのしやすさ」も重要です。

DIYでつくるこんなバケツ収納もユニーク

プラスチックのバケツに穴をあけ、ジップタイで固定すればこんな面白い収納ができちゃいます!
ななめ具合が絶妙でちょっとアート作品のように見えちゃいます。使い勝手もよさそう!

お部屋を有効活用、ベンチ収納

リビングなどに玩具スペースを作る場合、さりげなく収納を増やしつつ有効スペースを確保できます。

quote
「自分のおもちゃ箱&イス」という意識が強く、喜んで自分のおもちゃや大切な物を収納しています♪また、イスが代わりに座って、テレビを観たりしています。

これもDIY。カラーボックス1個で作るベンチ収納

カラーボックスと2×4材を使って、収納付きのベンチチェストを作ってみましょう。用意するものはカラーボックス3段タイプと、2×4材長さ90cm程度のものを12本。あと蝶番とネジです。

子供への声掛けもお片づけの重要ポイント

quote
以下のことを理解させる必要があります。
片付けると気持ちがいいということ。
きちんと片付いていれば次に使いたいときにすぐに取り出せるということ。
quote
根気強く繰り返し、繰り返し言っていくしかありません。3歳を過ぎる頃になるとだいぶ理解できるようになってきます。それまで「片付けると気持ちがいいよねー」と言い続けましょう。
quote
私がよく使う方法は、「片付け」ではなく「お手伝い」にしてしまうような声かけです。
quote
『片付け』はみんな嫌がりますが、『お手伝い』は喜んでやってくれます。
いかがでしたか?「好きなおもちゃで遊んだ後はしっかり片付ける。」小さいうちからお方付けの基本を身につけて、家族みんなで気持ちよく過ごせるようにしましょう。
もちろん、大人の皆様も「出したら、片付ける。」をお忘れなく☆
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事