消しゴムはんこを使ったあったかい年賀状アイデア集

プリンターで綺麗に印刷された年賀状ももちろんステキですが、今回は消しゴムはんこに注目!ふんわりとした仕上がりがなんともかわいいのです♥
ひと手間かけた手作りのあたたかい年賀状もいいものです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2014年11月17日更新

消しゴムはんことは

その名の通り、消しゴムで彫ったはんこのこと。

quote
木版などの素材よりも身近で、簡単に始められることから、一部の人達の間(特に主婦層)でブームとなっている。

スタンプパッドを変えると、紙だけでなく、布やビニールにも押すことができるのです。これは便利!

消しゴムはんこの作り方

図案をトレースする

作りたい図案をトレーシングペーパーに写します。

消しゴムに図案を転写する

消しゴムの上にトレーシングペーパーを乗せ、上からしっかりこすります。

三角刀やカッターで彫っていく

インクをつけたいところは残して彫っていきます。必要な所を彫ってしまわないように慎重に。

消しゴムはんこの年賀状がかわいい!

初めての方でも、このようなデザインは作りやすいかもしれませんね。筆で描いたような「賀正」の文字ももちろん消しゴムはんこです。

カラフルなだるまをペタリペタリ。4つの消しゴムハンコでできるデザインです。

ビビットな羊たちが目を引きます。スタンプパッドの色ひとつで雰囲気が変えられるのが、消しゴムハンコの魅力。

大きいはんこで作って、中にメッセージを描くようにしてもいいかも。

色もデザインもかわいい!毛糸を大小2種類、羊1匹、文字を1種類のはんこで構成されています。淡い色を使うと優しい仕上がりですね。

文字は印刷したのでしょうか。そして空いたところに消しゴムはんこでグラデーション。色を混ぜて使えるのも、スタンプならでは。

落ち着いたデザインです。まるで水彩画で描いたかのような仕上がり。

消しゴムはんこをいくつか作っておくと、配置を変えるだけでバリエーションが豊富に!年賀状だけでなく、ポチ袋にも使えますね!

定番の「松竹梅」も消しゴムはんこで柔らかい仕上がりに。これは年上の方にも喜ばれそうです。

デザイン性の高い年賀状も作れますよ。文字を彫るときは逆にならないように気をつけましょうね。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事