野菜嫌いの子どもに野菜を食べてもらう方法

野菜嫌いの子供って多いですよね。いかにして野菜の美味しさを伝えるか・・・料理方法、盛りつけ方法などを集めてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2014年11月17日更新

とにかく細かく小さくが基本! 子どもの人気メニューで使いましょう

quote
「緑=苦い」「赤=酸っぱい」のように、食べる前からイメージを持ってしまうのかもしれません。子供が大好きなメニューに入れてしまうのは、とてもいいアイディアだと思いますね。

嫌われ野菜のツートップ「ピーマン・なす」なんだそうです。

お菓子と野菜のコラボレーション! 野菜の自然な甘さで子どもも大満足

quote
子どもと言えばお菓子が大好き! ここを上手に利用して、野菜のスイーツを作ってみるのもおすすめです!最初は、かぼちゃ、さつまいも、人参など甘みが強めの、お菓子に取り入れやすい野菜から使ってみるのがいいでしょう。

盛りつけで子どもの好き嫌い克服

ピーラー活用法・・・人参、キュウリなどピーラーで薄く切ってリボンのように丸める。一口で食べれるようにする。噛むのも噛みやすい。

画像のようにピーラーで薄く切っていき、リボンのように丸めたり結んだりして、子供が一口で食べられるようにする。

型ぬきの活用法・・・人参など茹でてから型ぬきすると、柔らかくて食べやすくなる。ジャガイモと人参などを同じ型にして組み合わせる。カワイイ型抜きをしたものは、子供の好きなカレーなどに入れる。
つまようじの活用法・・・子どもの好きなものと一緒にさすと食べてくれやすい。カワイイ旗のついた楊枝などで挿すと余計に食べてくれやすい。

子供が嫌いな代表的な野菜とその理由とは?

quote
<苦味が強い(ピーマン・ゴーヤー・セロリなど)> 特にピーマンは子供の嫌いな野菜の代名詞と言っていいほど。苦味を感じさせないよう、火を通したり、好きなものを組み合わせることがポイントです。

焼いたことで甘くなり、爪楊枝を挿すことで楽しく食べやすくなります。

quote
<辛味が強い(玉ねぎ・ネギ類など)> 玉ねぎやネギ類はツンとした刺激があり、生のままでは子供にとって刺激強すぎることがあります。そのかわり、火を通すと柔らかく甘くなるため、美味しく食べられる野菜でもあります。

子供に嫌いな野菜をたべさせる方法

quote
料理する時に、苦手な野菜の皮をむく等の簡単な事を子供に手伝わせる。食事の時に、手伝ってくれた事を家族に話したり、誉めたりすれば少しずつ食べるようになった。
quote
野菜を食べると、○○くんみたいに強くなれる、大きくなれるかもしれないよ、など子どもの目指すものに近づくことができるとアドバイスする。もしくは、頑張って食べたなら、ほめる、一緒に喜ぶ。
quote
キャベツの千切りの場合、繊維と同じ方向に沿った切り方をしたほうが、シャキシャキした食感になり、子供にはおいしく感じるのだという。子供たちの意見は「口の中に残って、モゴモゴして気持ち悪い」というものだった。

ほうれん草のシフォンケーキ♪ピーナッツ入り

ほうれん草のシフォンケーキ♪ピーナッツ入り

材料】ほうれん草の葉100g,粉末ピーナッツ50g,小麦粉(薄力粉)60g,ベーキングパウダー5g,サラダ油90cc,牛乳60cc,グラニュー糖110g,卵6個,(粉砂糖)適量

quote
葉っぱを使ったケーキを作ってみました。葉っぱだけを使用したほうが、いいと思います。葉は、できるだけピューレ状にした方が綺麗です。
※作り方↓

セロリウィンナー

セロリウィンナー

材料】(2人分) ウィンナーソーセージ6本,セロリ(葉つきで大きめ)1本,ごま油(炒め用)大さじ2/3,つゆの素大さじ1,お酢小さじ1,トマトケチャップ大さじ4

quote
セロリと知らずに男ウケ!子供ウケ!ウマい!おいしい!と繰り返し言われる自慢の一品です♪
※作り方↓
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事