8745 VIEW

今、ネットで話題沸騰『萌えハンコ』が熱い!

「萌えハンコ」から「萌えキャラはんこ」まで、かわいいハンコが大人気!はんこの文化がない海外からでも注文が殺到しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2014年11月17日更新

痛印堂とは?

quote
「痛印堂」は、長年に渡り四国で印鑑を制作してきた印鑑職人を通じて、e3paper合同会社が手掛ける通販サイトになります。「日本に一つくらい痛い印鑑を専門としたはんこ屋があってもいいじゃない」こんな一言で始まった。

角印から丸印まで種類も様々です。   ※申し込みはこちら

ハンコ文化「萌え」刻む 実印にも使える「痛印」

quote
いま人気を呼んでいるのが、いわゆる“萌えキャラクター”を印面にあしらったオーダーメイド印鑑「痛印」(いたいん)だ。

萌え好きの方にはたまらないほど「萌え~」の印鑑なんでしょうね。女性でもカワイイと思いますもん。職場でも受けそうですよね。

quote
印鑑の作成でこだわったのは、彫れるイラストの見極め。痛印に適さないイラストをそのまま彫ってしまうと欠けてしまう恐れがあるため、イラストに関して的確なアドバイスや修正提案ができるよう、研究を重ねたという。
quote
実際に口座を開設にし行ってみました。拍子抜けするほどあっさり通帳ができあがりました。書類を確認した窓口のお姉さんも「かわいいですね~」と言ってくれました。痛印堂さんの印鑑は本当に銀行印として登録出来ました。

痛印堂を立ち上げたのは24歳のアニメオタクの若い社長です。

quote
本日、市役所で痛印を説明してきました!「この痛印が銀行で口座登録できました」と説明すると、市役所の担当者さんもビックリ!(*^O^*)
quote
痛印堂の顧問税理士から聞きました!痛印を会社の登記に使用しても問題ないとのことです!(*^O^*) http://www.itaindou.com/ どなたか勇気あるお方はいらっしゃいますか?

こんなオリジナルの代表印も格好良く作れます。信用問題でどこまで崩していいものか微妙ですが・・・。

quote
「日本全国に数多く印鑑屋はありますが、『萌イラストに特化した印鑑屋が1件ぐらいあってもいいだろう!』と、“痛い印鑑屋”のサービス『痛印』を起ち上げました」と語るのは、このサービスを手がける「痛印堂」の中川店長。

SOHOの方たちには、角印として使えますね。

quote
「当店では一次創作と二次創作に明確な線引きを行い、オーダーメイドの印鑑制作は著作権上問題のない一次創作物に限ることにしました」。また『痛印』はワールドワイドで注目を浴びていて、外国語による問い合わせも届いている。
quote
お堅い契約の場面も和むかも。名前の横に美少女キャラが彫られた「痛印(いたいん)」は正式な書類にも使える、正真正銘の印鑑だ。印鑑と萌(も)えという、新旧の日本文化が融合した品として海外からも注目されている。

世界に一つだけの印鑑!それにしてもカワユイ!!

quote
使えるのは、宅急便・郵便物の受け取り、回覧板、学校や塾のテストや連絡帳、オフィス、お店のスタンプカード用、銀行の口座登録(みずほ・三井住友・三菱東京UFJなどのメガバンクやゆうちょ銀行、浜松信用金庫、イオン銀行など)

柘植でできたハンコは、押しやすく、しっかりと印がつくそうです。

quote
下記先生達の作品の印鑑が作れます! しらたま先生、珈琲貴族先生、和遥キナ先生、奈月ここ先生、かんなぎれい先生、オダワラハコネ先生、雨音颯先生、桜沢いづみ先生、片桐雛太先生、池上茜先生

年賀状のシーズンになってきましたから、葉書に名前入りの角印を押すと賀状がしまりますよね。

quote
痛印堂で取り扱う印材は「柘植(ツゲ)」1種類のみ。
彫刻料金は印鑑の形状とサイズにより、1380円~2980円

痛印イラストシリーズネコカンペ・たいへんよくできました印鑑

学校の先生や塾の先生がこれを押してあげると、子供たちは大喜び!?

quote
「同人業界やそれにまつわる同人グッズ業界は著作権上問題と思われる二次創作物について『著作権者の黙認』という形であいまいにしてきた所がある」という反省から基本的に題材を著作権上問題のない一次創作物に限ることにしている。

自分の名前が入れられる「ゆるキャラ」印鑑

今、23種類の「ゆるキャラ」印鑑が揃っています。やっぱり、「くまモン」が一番人気でしょうか?

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事