7417 VIEW

冷蔵庫の節電・衛生面アップ!収納方法

冷蔵庫の節電・衛生面のアップ、収納方法とも、詰めすぎないことがポイントのようです。冷蔵庫を賢く使って、スマートに家事をすすめましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2014年11月13日更新

冷蔵庫の節電

quote
冷蔵庫の設定を「強」から「中」に変え、扉を開ける時間をできるだけ減らす。・・・約110円/月  食品をつめこまない・・・約80円/月  ※食品の傷みにご注意ください
quote
壁から適切な間隔で設置・・・上と両側が壁に接している場合と上と片側が壁に接している場合との比較 約80円/月  無駄な開閉はしない・・・約20円/月  開けている時間を短くする・・・約10円/月  熱いものは十分に冷ましてから

冷蔵庫の衛生面アップ

quote
□ 冷蔵庫や冷凍庫の詰めすぎに注意しましょう。目安は7割程度です。
□ 冷蔵庫は10度以下・冷凍庫は-15度以下に維持することが目安です。
(生鮮食品を冷蔵するときは5度以下・冷凍するときは-20度以下が基準です)
quote
温度計を使って温度を測ると、より来ない温度の管理が正確になります。細菌の多くは、10度では増殖がゆっくりとなり、-15度では増殖が停止しています。しかし、細菌が死ぬわけではありません。早めに使い切るようにしましょう。

詰めすぎないことが、節電、衛生面どちらも有効な手立てなのですね。

quote
<細菌を増やさない>  1.冷凍・冷蔵庫の温度管理を徹底  2.冷凍・冷蔵品は冷凍・冷蔵庫へ詰めすぎないなど常に個々の食品にあった温度管理を。  3.期限表示など日付に注意。

冷蔵庫の収納方法

◇野菜室の収納

野菜や果物は、元々、なっている状態で収納することで鮮度を保つことができます。

quote
野菜の大きさや形状ごとに分けて保存すると見た目もよく、スペースも有効に使えるようになります。使いかけの余った野菜は、密閉容器にひとまとめに保存しておくと使い忘れを防ぐことができます。
◇冷凍室の収納

立てる収納がポイントなんですね。

quote
フリージングパックで冷凍した野菜や肉に、食材名を書いたクリップを留めておくと、立てた状態でも、上から使いたい食材がすぐに見つかります。ご飯やお肉は平らに冷凍し、立てて保存しましょう。同じサイズに冷凍するとよいです。
◇冷蔵室の収納

冷蔵室の中でも、それぞれ定位置があるんですね。

quote
よく使うものは中段や下の段に入れておきましょう。なるべく照明の前を空けておけば、見やすく取り出しやすくもなります。

100均のトレイを使うことで、こんなにスッキリと収納できるんですね。中身もはっきり分かるし・・・。

quote
100均トレーを上手に使って収納。引き出せるというのは想像以上に便利です。これぐらいの半透明のトレーを使えば、庫内の光も遮らないので見やすそうです。
◇チルド室を活用しよう

チルド室は食品を新鮮に保つのに便利な場所ですが、低温に弱い葉物野菜や果物、マーガリン、水分の多い食品(こんにゃくなど) には不向きだそうです。

quote
チルド室は冷蔵と冷凍の間、0℃前後に設定された冷蔵室です。鮮度の落ちやすいものや発酵して品質が変わりやすいものなどを入れておくのに便利な場所ですね。収納に適しているのは魚・肉・ヨーグルトなどの乳製品・漬物などです。
◇容器を変えてすっきり収納

わざわざ詰め替えるのは面倒ですが、スッキリ収納できることと衛生面にもイイと思います。

quote
買ってきたトレイやパックのまま収納すると、場所を取る上につい重ねた収納になりがちです。当日使わない食材は保存袋や保存容器に移し替えてすっきり収納したいものです。
◇ドアポケットの収納

背の高いものは奥、低いものや小さなものは手前にしまい、どちらのポケットも、容器が完全に隠れてしまわないように気をつけているそうです。

quote
右ポケットの収納ルール・・・使用頻度の高いもの…上段と下段奥に調味料、下段手前に飲み物

右ポケットと左ポケットは、使う人が右利きか左利きかで変わってきますよね。

quote
左ポケットの収納ルール・・・使用頻度の低いもの…調味料やストック、個人の薬など
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事