更新:2014.11.6 作成:2014.11.6

【お歳暮】これだけは知っておきたい!デキる大人のお歳暮マナー

年末に近づくにつれ、気になるのがお歳暮。日頃の感謝の気持ちを込めて贈るものですが、一歩間違うと相手に失礼になってしまうことも。「いつ、何を、どれくらいの値段のものを贈れば良いの?」「贈りそびれてしまったら、どうすれば良い?」確りマナーを押さえて、相手に喜ばれる大人のお付き合いをしましょう。
❤︎ お気に入り

感謝の気持ちを込めて贈る「お歳暮」

お世話になった人に1年の感謝をこめて贈るお歳暮。

quote
お世話になった方に感謝の気持ちを込めたり、またこれからもよろしくお願いしますという気持ちをこめて贈るのがお歳暮
quote
近年では社会生活を営む上でお世話になった人だけでなく、親愛の情を込めて友人・知人や親族にも贈るお歳暮へと少しずつ変化してきました。

贈る時期

quote
関東では12月初旬から12月31日、関西では12月13日から12月31日までとされていますが、暮れも押しせまった忙しい時期に届いても迷惑なので、できれば20日くらいまでが無難。
quote
12月26日以降になると「謹賀新年」が「寒中見舞い」になるのと同様に「お歳暮」が「御年賀」「寒中御見舞い」となるのが正式マナー

贈る時期を逃してしまったら!?

年末の忙しさにバタバタしていたら、ついうっかり贈りそびれた!なんてことも。

quote
そんな場合は、年末を避けて、お正月中(1月7日まで)に贈ります。
その場合の表書きは「お歳暮」ではなく、「年賀」
quote
それ以降になる場合、立春(2月4日頃)までに贈ります。この場合も、表書きは「お歳暮」ではなく「寒中御見舞」

贈り物の金額の目安

quote
贈りものの金額は3000円~5000円くらいが一般的
quote
贈る相手によって価格は多少変わり、親戚や知人には3,000~4,000円ほど、仲人や勤務先の上司であれば5,000円前後
quote
特にお世話になった方には、5,000~1万円ほどの品物を贈る人も多いようです

お歳暮で避けた方が良い物

quote
冷蔵庫や冷凍庫に入れなければいけないもの
quote
賞味期限が短い物
quote
目上の方に贈る場合、「踏みつける」という意味を持つ履物類や、勤勉であることを推奨する意味を持つ時計、筆記用具類は避けた方が無難

お歳暮の選び方のポイント

quote
年配者へのギフトはデパートで買う

目上の人、特に年配の人の中には「贈られてきた商品が、デパートのギフトかどうか」を気にする人もおられるようです。デパートが近くに無い場合、百貨店の運営するオンラインショップを利用しましょう。

お歳暮シーズンになると、各百貨店やギフトショップ等で通常価格より1~2割安く買える早割や、送料無料にしてくれるサービスをしてくれる所があります。早く手配することでお得に、しかも贈る時期を逃さずにすみますのでぜひ利用しましょう。

quote
相手の好き嫌いもありますが、自分自身で美味しいことを知っており、相手にぜひ味わって欲しいものを選ぶのが良いです

お歳暮としてもらったらうれしい商品・ギフト

自由に欲しい物を選ぶことができる、商品券やカタログギフトが人気のようです。「それでは味気ない」「何の食品を贈ろうか悩む」というときは、地元の特産品や定番のギフトがオススメです。

喪中の時は、贈っても良い?

quote
お歳暮はお祝いごとの贈り物ではなく、普段お世話になっていることに対する感謝の気持ちを贈るもの
quote
当方又は先方のいずれか(又は双方)が喪中の場合であっても、お歳暮を贈りあうことは一向に差し支えないことになっています
quote
忌中(仏教では忌明け法要前、神道では忌明け祭前)の場合やどうしても気になる場合は、事前にお断わりを入れて先方の了解を得た上で、時期をずらして寒中見舞い(松の内以降立春まで)の形で贈る方法もあります。

お返しはどうする?

quote
基本的にお返しは、不要です。
quote
確かに受け取った事の報告を兼ねて、できるかぎり早く(できれば翌日に投函)、お礼状を送りましょう。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

ログイン・無料会員登録

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!