自宅で簡単!お腹のおにくを燃焼させるストレッチ

食欲の秋、肥満の冬到来で、どうしてもお腹まわりにお肉がついてしまいますよね。痩せてる人でも、お腹まわりにだけお肉がつくっていいます。そんな方に寒い中、外に出なくても自宅で簡単にできるストレッチを紹介いたします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2014.11.1 作成:2014.11.1

腹筋を鍛えるだけでは、ぽっこりお腹はスリムにならない?

quote
ぽっこりお腹に必要なのは、過度な緊張を与える筋力トレーニングではなく、しっかりと伸ばして、リラックスさせてあげることなのです。腹筋を鍛える筋力トレーニングは効果があります。ただ、鍛えるまえには必ず、お腹のストレッチをしてくださいね。

「腹筋」はこのなかで、「腹直筋」のことを指しているそうです。ここが緊張している状態だといくら腹筋をやっても効果がないそうです。知らなかったぁ~。

腸の緊張をほぐすストレッチ

1.全身脱力で消化器官を縦に伸ばします

ポイントは、特に下腹部の消化器官が伸びるのを感じるといいそうです。

quote
1.全身脱力で消化器官を縦に伸ばします。吐く息で全身を脱力します。これを数回繰り返しましょう。  2.あごを軽くひき、深くゆったりとした呼吸をとりましょう。5回の深呼吸を目安にとった後、手足を伸ばした基本姿勢に戻ります。

2.消化器官を圧迫してガスを抜きます

ポイントは、呼吸を止めずに気持ちよいと感じるところまで引き寄せることだそうです。

quote
3.今度は右足を左太腿の上に置いて、下半身を左にねじります。左手のひらを右膝の上にやさしく添えて、首を右側に倒して背骨のねじりを感じながら呼吸をとっていきます。

3.背骨全体をねじった姿勢で腰を伸ばします

ポイントは、ゆっくりと息を吐きながら行うことだそうです。2.と3.は左右同じ回数おこなってくださいね。

お腹を伸ばすストレッチ

quote
①うつ伏せになり、胸の横で手を床に付けます。
   ②肘を伸ばし、体を持ち上げお腹の筋肉を伸ばします。
   ※腰が痛む場合は即座に中止してください。

お腹を伸ばすストレッチ

このストレッチは最初に説明した、腹直筋をリラックスさせる運動ですね。

タオル1本でお腹のくびれストレッチ

quote
1.身体を横に曲げる…10回~20回ほど同じ動作を繰り返しましょう。  2.ウエストをねじる  3.腰を入れて横にひねる運動  4.脇腹をひねって「くびれ」をつくる
詳しくは↓下記サイトと画像を参照してください。  <体脂肪を減らすタオルダイエット>

身体を横に曲げる

コツは左右の腕でしっかりとタオルを引っ張るようにすることだそうで、楽そうに見えて、結構きついです。

ウエストをねじる

タオルをしっかり引っ張りながら行うことがいいそうですよ。

腰を入れて横にひねる運動

これまでのストレッチよりもタオルを持つ幅を広めに取ってもらうと、より、キツさも変わってきます。これはかなり、きついです。

脇腹をひねって「くびれ」をつくる

これもタオルを肩幅以上に広げて眺めに持ちます。これは、太ももやふくらはぎのダイエットにも効果的だそうです。これもかなりきつい。

部屋でできるお金のかからないダイエット法

quote
まず、腹筋。
1.最初は30回。1日10回ずつ増やすといいです。何気なく1週間で100回ですね^^   
2.湯船で気になる部分をひたすらつまむ(10分ほど)
quote
3.足あげ…足を揃えて地面から垂直に足をあげます(横からみるとLになる感じです。   そしてゆっくりさげ、地面にぎりぎりつかないところで5秒ストップ。キツイのでご自分の体調にあわせてやるといいですよ。

お腹インアウトダイエット

quote
歩きながら、2歩ごとにお腹を出したり引っ込めたりを繰り返 す。 出して、出して、引っこめ、引っこめ、です。「お腹を引っこめた後に力を入れて出す」のがポ イント。これを1週間くらいやり、慣れてきたら 椅子に座っている時、テレビを見ている時にもやる。

おなかのまわりの余分な肉をそぎ落とすworkout

quote
仰向けに寝て、手は頭の後ろに軽く回し、足を90度くらいになるように曲げて上げてください。写真のように首を持ち上げて、自分のおへそを見るように腹筋を上から丸めるようなイメージでやってみてください。この運動がお腹の上部に効く運動です。

正面(上部)のPOINT

正面(上・下) 10回 × できれば3~4セット

quote
仰向けに寝て、手はバランスをとるように両脇にまっすぐ広げて、足はそろえて上げてください。そこからまずは下に足を下げていきます。足をそろえたまま右の写真よりもさらに下へもっていき地面すれすれで軽く静止するような感じで、また上へ上げてください。

正面(下部)のPOINT

正面(上・下) 10回 × できれば3~4セット

慣れてきたら、回数を増やすか、足を地面すれすれにして静止する時間を長めにするといいそうです。地面すれすれはきつい!

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • flow

    みなさんの生活が豊かになるようなご紹介ができたらと思います。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事