加湿器の変わりに部屋を加湿する方法10選

乾燥する季節がやってきましたね。加湿器を買わなくても、お部屋の加湿をする方法があります。簡単にできる加湿方法を選んでみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2015年11月6日更新

簡単な加湿法

夜眠るときに、コップに水、またはお湯を入れて枕元に置いて寝る。特に暖房をつけて寝るときなど手軽に乾燥を防いでくれます。
マスクを湿らせて寝る。超お手軽! 風邪予防にもなりますよ。
お風呂に入った後、お風呂のふたを閉めず、入り口もしばらく開けておく。蒸気が部屋に流れ込むようにするだけで乾燥を防ぐことができます。
特に旅行先などのホテルなどで有効的です。

お風呂場が寝室やリビングから離れていると、ちょっと効果が薄いかもしれませんね。

quote
急ぐ時は霧吹きで

部屋の消臭スプレーをかけるような感じで、部屋の中で霧吹きをシュッシュとするだけでも違います。リネンウォーターを代用してもいいでしょう。
タオルやバスタオルをぬらして絞ったものを干しておく。エアコンの風が直接くるところに干すと効果的です。これも旅先で簡単にできる加湿法です。ホテルでは自分の枕元の近くに干しておくといいでですよ。

タオルよりもバスタオルの方が、やはり長時間の加湿に向きます。ただ、雑菌など繁殖させないように注意が必要ですね。

quote
必ず清潔なものを、清潔な手で湿らせてくださいね。 このように干しておくだけでも、かなり部屋の環境が変わりますよ。 気化式の加湿器を使っている状態と同じ感じになりますよ。 乾燥する冬の季節などには、かなり使える方法です。

日中の加湿法

quote
洗濯物を部屋に干す。なるべく窓側で、太陽の光が当たるところに干す。
洗濯物の量によっては一気に多湿状態になるので、上がり過ぎたら窓を少し開けて調節する。

来客が多い家には、この方法は不向きですね。部屋干しの臭いも気になります。

ヤカンや鍋でお湯を沸かす。ストーブをたいている部屋は、ストーブにヤカンなどをかけておくと蒸気が常に出ている状態で、程よい加湿になります。夜は火事になる恐れがあるのでやまめましょう。
quote
電気ポットに冬場になると必要量よりいくらか多めにお湯を入れてわかします。そして、ぱか。とフタを開けっ放しにして一時的な加湿器がわりにします。本気で加湿器代わりにしたければ水をいれてまたスイッチをいれて沸騰したらふたを開ければいいのです。
quote
キッチンとリビングが繋がっている場合は調理すれば自動的に加湿されます。洗った食器をカゴに入れて置いても加湿されます。早い話がボールに水を入れて置くだけでも加湿されます。

自然を利用した加湿法

部屋でグリーンを育てましょう。できるだけ大きな葉っぱの植物の方が効果的です。特にサンセベリア(トラノオ)はマイナスイオンを発生させる植物と知られていますので、加湿しつつ空気を浄化するという一石二鳥の植物です。

育て方も簡単!頻繁に水をやる必要はありません。また、トラノオを家に置くと魔除けにもなるとも言われています。

quote
加湿器代わりに 鍋で晩ごはん。

体も温まるし、一石二鳥ですね。やっぱ、冬は鍋でしょう、鍋!

自作加湿器を作ってみる


タオルで作ったアヒルを水につけて簡易的な加湿器に!
コレなら家にあるもので簡単に、しかもかわいくできちゃいます!


こちらも空き瓶に可愛らしくカットしたコーヒーフィルターをさしたもの!
キッチンペーパーでもOKなんだとか
シンプルなのでお部屋に馴染みそうですね


こちらも濡らしたフェルト生地を水につけただけの簡易加湿器
そのまま突っ込んでも機能は変わりませんが、綺麗にカットしたものがあると可愛くてテンションが上りますね!

こういった加湿器を作る際は綺麗な10円玉を付けておくとカビを防げるんだとか…!
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事