これで安心!飲み会前の二日酔い対策まとめ

これから年末にかけて飲み会が多くなります。気を付けていてもつい飲み過ぎてしまって、次の日後悔することも。辛い二日酔いにならないために飲み会前にできる対策があります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2014.10.30 作成:2014.10.30

二日酔いとは

頭痛、めまい、吐き気、震え、下痢…など二日酔いの症状は本当につらい…

quote
二日酔いというのは、アセトアルデヒドやその参加物の毒性、アルコールを摂取することで引き起こされる脱水、体液の酸性化、低血糖、そして、飲んだその日は体力が不足していたといったような原因があわさって起きる症状です。
quote
一般的には二日酔いが続く期間は、もちろん飲んだ量にも依りますが、7~8時間と言われています。
辛い症状が7~8時間も続くなんて…
できれば、二日酔いになりたくないですよね。お酒を飲まないことが一番ですが、付き合いもありますし難しいですよね。

飲み会の前にできる二日酔い予防法をご紹介します。

日頃から肝機能を高めておく

quote
普段から良質のタンパク質やビタミンを含む食事をし、肝機能を高めておこう

タンパク質の豊富な食品

quote
ビタミンB1は肝臓内で疲労物質やアルコールを分解する際に重要な栄養素で、お酒を飲むことで大量に消失します。
quote
ビタミンCはお酒の飲み過ぎで血中に増えたアセトアルデヒドの分解能力を高め、二日酔いの解消を早めてくれます。

前日はたっぷりの睡眠を

quote
寝不足のときは体調が悪いときと同じように、アルコールの分解能力が半減しています。

飲み会前に食べておきたい食品

quote
空腹のままお酒を飲んでしまうと、血中アルコール濃度が一気に高まります。短期間に血中アルコール濃度が高まると分解が追いつきません。その結果、酔いが回りやすくなり、二日酔いにつながってしまうのです。
飲み会前の空腹は避けましょう!

二日酔いを予防してくれる食品たちをご紹介します。

牛乳やチーズ

胃壁に膜を作ってくれるので、アルコールの吸収が穏やかになります。

quote
二日酔い予防で一番効果的なものは、なんと「脂肪」です。脂肪は胃の中では吸収や消化がされません。ですので胃の中に膜を貼った状態になり、アルコールの大幅吸収を防ぐのです。

スタバのフラペチーノ

生クリームにもたくさんの脂肪が含まれています。牛乳と比べて約12倍!
手軽に生クリームをとれるフラペチーノもおすすめです。

チョコレート

チョコの油分が胃を保護してくれます。これだったら飲み会前に食べやすいですね。

緑茶

緑茶に含まれるカテキンはアルコールの吸収を穏やかにしてくれます。
ペットボトルなら手軽に飲むことができますね。

梅干しや柑橘系の果物、お酢

肝機能を促進するクエン酸や酢酸が含まれています。
これを食べると、アルコールの分解が促されますよ。
お酢は大さじ1杯を飲むだけでも効果的。
果物はジュースでとってもいいですね。

サプリメント

肝臓の働きを助けてくれるウコンやアミノ酸を飲むのも手です。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事