ミサンガの作り方!編み方!応用編を総まとめ「100均で揃う」

簡単に手作りできるから、お守りやプレゼントにもぴったりなミサンガ。ミサンガの願いが叶う方法や、初心者でもできる、基本的な編み方・応用編を紹介します。材料は100均で入手可能。アイディア総まとめ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年10月19日更新

目次
  1. ミサンガってなに?
  2. ミサンガの色と付ける場所について
  3. 材料は100均の糸のみでもOK!
  4. ミサンガの作り方 編み始め
  5. ミサンガの作り方 編み終わり
  6. ねじり編み
  7. ななめ編み
  8. 平結び
  9. 輪結び
  10. V字編み
  11. ハート編み
  12. 文字や絵柄の作り方
  13. ビジュー、ビーズ、金具との組み合わせ
  14. まとめ

ミサンガってなに?

ミサンガとは、刺繍糸やヘンプなどを使って編まれる組み紐です。
かつて、お守りとして編まれたため、今でもミサンガをお守りとして手首や足首に付けて願いをこめることが多いですね。

ミサンガが切れると願いが叶うと言われています。ミサンガをつける前に「受験に合格するぞ」とか「花子ちゃんと付き合えますように」とかお願い事をしてからつけるようにします。

切れると願いが叶うと言っても、もちろん意図的に自分でハサミで切った場合は含みませんよ。

切れるのではなくミサンガが解けちゃったなんて話もありますが、「ほどけた」事に意味はありません。

ただミサンガは、解けてしまうと願いが叶わないと言われますので、新しいミサンガを付け替えるか、今度は団子結びなどにしてほどけないように、願いを込めてしっかりと結ぶと良いそうです。

切れたミサンガはどうするの?

切れたミサンガは残しておくと「願いを叶えなくてもいいよ」というような意味合いになり、せっかく自然に切れたのに、ムダになってしまいますので早めに処分したいところです。

そうは言っても、中々思うように捨てられない時は、地域によっては無い場合もありますが、「どんど焼き」という行事で燃やすのが良いでしょう。今年一年の無病息災を祈り行うものですので、とても良い方法と言えます。

友達や家族、彼氏・彼女にもらった場合ですでに別れてしまった場合などもあると思いますが、友達・家族、付き合い中の相手からのものであれば、ミサンガが切れた事を伝えて、願いについて話しながら一緒に捨ててあげるのが良いでしょう。

相手に返したりせず、願いを込めて作ってくれた方に感謝してください。
たいていのひとは新しいミサンガを次の願いのためにまた作って贈ってくれるでしょう。

ミサンガの色と付ける場所について

ミサンガは色と付ける場所で効果が変わるとも言われます。
せっかく願いが叶うお守りとして付けるのなら、ちょっと気にしてみてもいいかもしれません。

糸の色

長らくお守りとして親しまれてきたミサンガは、使う糸の色にもそれぞれ異なる意味合いがあり、願いをかなえるために編む時には、こんなところにも気を遣ってみるといいかもしれませんね。
  • 白:健康やさわやかさ
  • ピンク:恋愛運・可愛さ
  • 赤:情熱・勇気・運動・恋愛運
  • オレンジ:希望・友情
  • 黄色:金運・明るさ・笑顔
  • 緑:癒し・やさしさ
  • 黄緑:友情・やさしさ
  • 青:仕事・さわやかさ・勉強運
  • 水色:美しさ・さわやかさ

着ける場所

また、ミサンガを着ける場所によっては、こんな意味が・・・
これもぜひ覚えておいて、願いをこめて結びたいですね。
  • 利き手:恋愛
  • 反対の手:勉強
  • 利き足首:友情
  • 反対の足首:金運

材料は100均の糸のみでもOK!

ミサンガは材料を揃えるのも簡単です。
一般的に、刺繍糸やヘンプと呼ばれる麻糸を使って作られますが、刺繍糸なら100均でも色とりどりのものが安価に手に入ります。

写真の糸はダイソーのもの。
お店によって品揃えの違いはありますが、単色で揃えることもできるようですし、ミックスカラーのものなどもあり、作りたい作品のイメージによって選ぶことができます。

100均ミサンガのメリットとデメリット

ただ、100均の刺繍糸と手芸店で一般的に販売されている刺繍糸を使い比べたことのある方ならおわかりかと思いますが、100均の刺繍糸は、量は多いのですが、残念ながら質はやはりまだまだと言えます。

仕上がりにこだわりがあったり、こんな作品が作りたいという明確なビジョンをお持ちの方なら、手芸店でヘンプ糸を手に入れられるのが、作業もしやすくおすすめです。

100均刺繍糸も、お試し的に作ってみたり、いっぱい作って練習したいという場合には便利ですので、目的に応じて選ばれるといいですね。
100均の刺繍糸のほうが切れやすいからあえてこちらを・・・なんて方もいらっしゃるようですよ。

必要な道具

quote
道具はハサミやクリップボード、モノサシ(コルクボードとピンやセロテープでもOK)など。先の尖ったピンセットなど
必要な道具も、お手持ちのもので十分です。
もしないものがあるなら、それも100均で手に入れるといいですね。

ミサンガの作り方 編み始め

さて、材料も揃えていよいよミサンガを編み始めよう!
・・・と思っても、初めてだといったいまず何をしたらいいのかすらわかりませんよね。

動画で編み始めの部分をチェックしてみましょう!

簡単!ミサンガの作り方 はじめの部分は、どうやるの?-youtube

quote
端から10cmくらい(目安)のところを軽く結びます。
この「10cmくらい」部分が両端の三つ編み部分になります
quote
両端の三つ編み部分が短いとミサンガを付ける時に結べなくなるので、予想する仕上がりよりも、余裕をもっておきましょう。
quote
軽く結んだ所はセロテープetcでしっかり土台に固定する。

ミサンガの作り方 編み終わり

簡単!ミサンガの作り方 終わりの部分はどうやるの?-youtube

編み終わりの部分も迷いますよね。分かりやすい動画をご紹介しましょう。

まず、糸をひねりながら編んでいきます。
そして、作りはじめと作り終わりに結び目を作ります。
この時、少しくらいほどけるようでも気にしなくても大丈夫です。
作り始めと作り終わりは、2本とも、同じくらいの長さになるようにしましょう。

ねじり編み

用意するのは好きな色の刺繍糸2種類。とっても簡単なので、お子様でも簡単に作れます。

刺繍糸は、2色とも1mほどに2本ずつカットしておきます。
そして4本の糸をまとめてから軽く結んでおき、作業台やテーブルなどにマスキングテープで固定します。

ねじり編みの動画

ねじり編み(ねじり結び)のやり方を、わかりやすく説明された動画です。
刺繍糸でよく知られるCOSMO社から配信されています。

どちらからねじるかで仕上がりも変わる

また、こちらのねじり編み、右の糸からねじるか、左の糸からねじるかで、できあがりのイメージもちょっと変わるんですよ。

左の糸から編むと左ねじり結び
右の糸から編むと右ねじり結び

ちょっとした違いですけど、こだわる方は、気にしてみられてくださいね。

糸の本数を変えてみると

ねじり編みで、使う糸の本数をどんどん増やして2色、3色、それ以上と色を使っていくことも可能です。実際にどう変わるのか見てみましょう。

2本の糸で簡単に(2色)

ブルーとベージュとの2色の刺繍糸を使って編まれたミサンガです。
こちら、ベージュの糸を芯糸として、ブルーがメインとなるように編まれていますね。
シンプルで爽やかなミサンガで、男性への贈り物としても喜ばれそうですね。

根気よく3本で作る(3色)

3色の糸を使えば、こんなお洒落なミサンガも作れちゃいます。コツさえつかめば簡単に編めるようになりますよ。
糸の本数が増えると、その分螺旋の模様もくっきりしてきて、デザイン性が際立ちます。

4本の糸で四つ編み

4色のグラデーションが鮮やかなこんなねじり編みミサンガにも挑戦してみたいですよね!
暖色系、寒色系と、使う糸の色によってガラッとイメージの変わるミサンガになりますよ。

ななめ編み

お次は、ななめ編みのご紹介です。
こちらも、簡単なので初心者の方にもオススメの編み方ですよ。
色の組み合わせ方でいろんな表情へと変化を見せてくれるから、センスの見せ所でもあります。
好きな色の刺繍糸、何本でも作れます。初心者のうちは、6本くらいが編みやすいです。

3色の糸を、1m程度ずつ2本ずつカットしておきましょう。
先端を10cm程度残して紐を結び、作業台にテープで固定します。

斜め編みの動画

斜め編みの説明動画です。
画像と文章だけではわかりづらい部分はぜひ動画でチェックしてみてください。

色の組み合わせで雰囲気を変えやすい

色の組み合わせ方によって、イメージがガラッと変えられるのも斜め編みの魅力です!
このように、はっきりくっきりした色合いでネイティブ・アメリカンなムードも素敵ですね。

淡~い色合いでまとめてみると、どうでしょう。
上の作品例とはまるで違った優しい雰囲気に仕上がっていますよね。
春先のふんわりした装いにも合いそうです。

糸の本数を増やすと幅が太くなる

作る時に、糸の本数をどんどん増やしていくと、その分ミサンガの幅も太くすることが可能です。
ミサンガなのに、まるでバングルのようなお洒落も楽しめそうですね。

こちら(↓)の動画は、そんな太めのミサンガの作り方を解説されていますので、気になる方はぜひ参考にしてみられてくださいね。
 

平結び

結び糸2本、芯糸1本以上(作りたい太さに合わせて)が必要です。平結びはヘンプや革紐にも応用が効く、定番の結び方。ぜひ、マスターしましょう。

平結びの動画

平結びのやり方を説明されている動画です。
音声はありませんが、動きを追うだけでも理解が進みます。

輪結び

芯の糸に巻き糸を輪っかになるように結びつけていくだけの「輪結び」です。
こちらも簡単だから、初心者さんにも安心ですね!

輪結びの動画

わかりにくい!
という方は、ぜひ動画でチェックを♪
実際に見ながらその通りに手を動かしてみるといいですよ。

2本の糸の輪結びで簡単シンプルに!

上の作り方説明の、紐を刺繍糸へと置き換えると、こんな仕上がりに♡
刺繍糸は、2色をそれぞれ3本ずつの束にしてから作られています。
ブルーとホワイトの組み合わせが爽やかで、夏につけたくなりそうですね。

3本でグラデーション

3色使いで華やかなグラデーションカラーのミサンガも作れます。
色を変えながら、同じ編み方を繰り返していくことでできあがります。
最後は、三つ編みで仕上げます。

3本でどんどん色を変えていく結び方は、こちらの動画を見るととてもわかりやすいですよ!

4本糸で少し手を加える

4本でもっとオリジナリティを出したい、更にもっと糸の色を増やしていきたい、という方もいらっしゃいますよね。
その場合も、基本的には3本のときの色の変え方と同じ要領で増やしていけば、どんどんカラフルなミサンガを作ることができます。
自分のセンスを発揮させてみてくださいね!

V字編み

続いてV字編みのやり方です。
できあがりのイメージは、斜め編みにちょっと似ていますよね。
色を替えてV字に見えるよう結んでいくこの編み方でできるミサンガは、落ち着きがあった印象です。
見た目は難しそうかもしれませんが、やってみてコツを掴むと単純な作業の繰り返しで、意外と簡単にできます。

V字編みの動画

わかりにくい方は、動画も参考にしてみてください。
V字編みのやり方はいろいろあるので、上でご説明したやり方とは異なる部分もありますが、結び方の基本の動きはやっぱり動画を見るとすんなり理解できます。
結ぶ順番などは、ご自分のやりやすそうな方で試してみてくださいね。

2本でシンプルに

2色使いでシンプルなデザインがセンスのよさを引き立てます。
ネイビーとグレーの配色が品を感じさせて、V字編みの落ち着いたデザインにぴったりです。

3本に挑戦

3色使いのミサンガは、更に色合わせの楽しみも出てきますね!色選びは、センスの見せ所でもあります。
右側3本左側3本で編んでいくミサンガも、コツを掴めば簡単にできますよ。

4本で凝ったV字編み

4本の刺繍糸を使うと、より多彩なグラデーションが楽しめます。
上の作り方説明では、右4本左4本で編んでいくやり方について解説いたしましたので、そのやり方で色を替えていくと、自分好みのイメージでいろんなV字編みミサンガを作ることができます。

ハート編み

コツをつかんだら挑戦

ここまでの基本の編み方をマスターした方なら、ちょっと凝った模様編みなんかにも挑戦してみたくなりますよね。

こちらのハート編みは、その名の通り、ハートの形が何ともキュートな、一度は作ってみたいミサンガです。
V字編みができるようになったら、こちらも同じテクニックを使って編んでいきますので、ぜひチャレンジしてみてください。

色合いのハイライトでハート模様を作っていく、そんなやり方です。

可愛い仕上がりにキュンキュンしちゃいますよ♡

ハート編みの動画

一見難しそうなハート編みも、動画の通りに編んでいけば、可愛いハートの形も思いのままに作ることができるようになります。

文字や絵柄の作り方

ミサンガに、イニシャルを入れて大切な人に贈りたい!
好きな絵柄を入れてみたい!

・・・そんな風に思われる方も多いかと思います。

そんな文字や絵柄を入れる時に使う技法は、「たて巻き結び」と「横巻き結び」。
この2つのテクニックをマスターして、ぜひ挑戦してみましょう!

handomeido8826

このような文字を作りたい場合

・横巻き結びで文字・絵柄を作る
・たて巻き結びで背景を作る

というのが基本になります。
まずはこの原則を押さえておいてください。

縦巻き結び

これがたて巻き結びです。

結ぶほうの横糸が見えて、縦糸が隠れる編み方です。

この結び方で、背景になる部分を埋めていきます。

横巻き結び

こちらは上とは逆に、縦糸が見え、横糸が隠れる編み方です。

これで、文字や絵柄になる部分を作っていきます。

文字入りミサンガの編み方

文字入りミサンガの作り方を、動画で説明されています。
一見難しそうですけど、作り方のルールをきちんと理解できれば、どんな図案も編めるようになりますよ。

アルファベット入りのミサンガ作成も可能

アルファベットを入れて、こんなメッセージの入ったミサンガを作るのも素敵ですね!

NEVER GIVE UP!!

大切な試合や試験の前などにこんな贈り物をされたら嬉しいですよね。

ハートの絵柄

アルファベットだけでなく、ハートも図案として入れてあげると、可愛さがアップしますね!

図案を起こせば、どんな絵柄も自由自在に

ミサンガに文字や絵柄を入れたいときの図案は、ネットで「ミサンガ アルファベット 図案」などのキーワードで検索してみてもいっぱいヒットしますが、自分でオリジナルの図案を作ってみるのもいいですよ。

方眼紙など、マス目状のものに、ドット絵のような図案を起こしてみて、その通りに編んでいけば、どんな絵柄も思いのままに編むことが可能になります。

ビジュー、ビーズ、金具との組み合わせ

ビジューや金具、ビーズと組み合わせると可愛さアップ!
より本格的なアクセサリーとしてミサンガを身に着けたい方はこちらをご参考にどうぞ!

平結びの途中にビーズを編みこんで

平結びに、大きめのウッドビーズを編み込まれた可愛いミサンガです。
こんなアクセントのついたミサンガは、本格的なアクセサリーとしても使えそう。
意外と簡単にできるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

チャーム付きも可愛い

yukavvvv

お好きな編み方をしたミサンガに、好みのチャームやビーズ、ビジューなどを付けてみると、仕上がりがぐんとグレードアップしますね!

チャーム類も、100均で可愛いものがいろいろ手に入りますので、そういうものを使ってみてもいいですね。

夏のコーデにもぴったりミサンガウォッチ!

zat_hana

ミサンガに時計を組み合わせると、こんなにおしゃれなミサンガウォッチに!

夏には特にぴったりのファッションアイテムとして使えますね。
他のブレスやミサンガと重ね付けするのが素敵です。

まとめ

ミサンガの編み方、デザイン実例について、お伝えいたしました。
特別な道具はなくても、100均の刺繍糸でも気軽に取り組めるミサンガは、色選びやデザインでオリジナリティを出すこともでき、初心者でも楽に作れるやり方もいっぱいあるので、時代を越えて、いつでも愛される手芸です。
願いをこめたミサンガを贈り物にしても素敵です。
ぜひご自分の好みの配色、デザインのミサンガを作ってみられてくださいね。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • えま

    ハンドメイドでアクセサリーを作るのが趣味です

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事