WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

新発想!本物そっくりのサボテンカップケーキ作りに挑戦しよう

観葉植物の定番として愛されるサボテン。そのサボテンをモチーフにした、かわいいカップケーキがあるんです!しかも、通常のお菓子作りに必要な材料で作れるから、お家で挑戦もできちゃう。上手く作るにはちょっとしたテクニックが必要ですが、クリスマスに向けて今から練習するのもアリかも!? #レシピ

2014.10.23

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2014.10.23 / 作成:2014.10.23

ニューヨーク発!かわいらしいサボテンカップケーキ

quote
このホンモノそっくりのサボテンを作り出したのは、デザイナーでパン職人でもあるAlana Jones-Mann(アラーナ・ジョーンズ-マン)さん。

ニューヨークのパン職人で、数多くのDIYも手がけるAlana Jones-Mann(アラーナ・ジョーンズ-マン)さん。

quote
彼女は自身のブログで、このサボテンカップケーキのレシピや、様々な芸術的なお菓子の作品達を紹介しています。

まるでおもちゃのような、可愛くて美しいカップケーキ達。プレゼントにしたら喜ばれること間違いなし!

サボテンカップケーキの作り方

必要な材用

①台座となるケーキカップ ②フロスティング(バタークリーム) ③グラハムクラッカー ④着色料(グリーン、イエロー、レッド) ⑤フォンダント(砂糖ベースのデコレーション用のペースト) ⑥絞り袋 ⑦口金、#352、#21、#102(バラ)

土台の作り方

①ケーキカップを用意する ②ボウルにフロスティングとグリーンの着色料を入れ、色が均一になるまで混ぜる ③グラハムクラッカーを細かくなるまで砕く ④ケーキカップに着色したフロスティングを詰めて、表面に砕いたクラッカーをまんべんなくまぶす

リブ付サボテンの作り方

①フォンダントに緑色の着色料を混ぜて色が均一になるまでよく練る ②着色したフォンダントを棒状に丸めて、爪楊枝で台座に固定する ③フロスティングを詰めた絞り袋と口金の#352を使い、下から上へなぞって棒状のフォンダントにサボテンのリブを描く 

葉状サボテンの作り方(難易度アップ)

①フォンダントに緑色の着色料を混ぜて色が均一になるまでよく練る ②練ったものを絞り袋に詰め、口金#21を付ける。③土台に円を描くようにフォンダントを乗せていく※フォンダントがぬるくなると、形状が上手く保てないので注意。そのような時は一度口金を取り、冷蔵庫で20~30分程冷やすと良い。

写真のレベルにまで高さを作るには、それなりのテクニックが必要。練習あるのみ。

多肉植物カップケーキの作り方①

①フォンダントに緑色の着色料を混ぜ、良く練る ②それを麺棒で平たく伸ばす(麺棒に引っ付かないように、粉砂糖やコーンスターチをまぶすこと) ③3サイズの花形のクッキーの型を用意し、それぞれくりぬく ④花びらの先をつまみ、多肉植物の形を作る ⑤それをカップケーキの型に入れ、2~3時間乾かして固める 

多肉植物カップケーキの作り方②

⑥中心に来る葉を作る ⑦中心の葉を囲むように、乾かしていた型で作った葉をサイズごとに重ね合わせていく

最後にサボテンの花を咲かせる

レッドかイエローで着色したフロスティングで、サボテンのてっぺんに絞り袋と口金の#102を使ってバラを描いて出来上がり

アイディア次第で、いろんなパターンのかわいいサボテンができます!グリーンを出すために、着色料ではなく抹茶を使うのも良いかもしれませんね。

”砂”の代わりとして使われているアメリカで有名なテディグラハムズ(Teddy Grahams)のクラッカー。日本では、森永製菓のマリービスケットなんかで代用すると良いかもしれません。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ