急なお客様の訪問でも2分で飲み物を冷やす方法

急いで飲み物を冷やしたい時には塩を使うのが非常に有効です。簡単な原理なので、思い出す感覚で、どうぞ!塩がない場合は、他の方法もあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2014.10.19 作成:2014.10.19

氷水に塩を入れる

quote
通常、氷は0度であり、溶けても温度は変わりません。ここに塩を混ぜると、通常より急速に溶けるスピードが増し、まわりからも急激に熱を奪います。
quote
1. 氷水にスプーン2杯の塩を入れて混ぜる
2. ボールに缶を入れて1分待つ
3. 2の後、さらに1分間よくかき混ぜる
quote
この方法は塩を入れすぎると、水の温度が最大で-20℃まで下がってしまうので注意。
quote
小学校の理科の実験で習った「凝固点効果」を用いたこの方法ですが、思った以上に効果があるようですね。

クルクル回すのもポイントです

quote
缶の回転によって中身が対流することと、氷が溶けた水が缶の回転によって流れて、缶と氷が常に接した状態になるのが「すぐ冷え」の理由です。

動画で確認

How to Cool a Drink in 2 Minutes - YouTube

エアスプレーを使う

quote
プラスチック容器の中にスポンジを幾つか詰め込み、その真ん中に飲み物を入れたボトルを差し込むだけです。エアスプレーを逆さに持ち、ボトルとスポンジの隙間に噴射して下さい。

冷凍庫に入れる

quote
まず、タオルを1枚用意します。水で濡らした後、固く絞ってボトルに巻いてから、冷凍庫に入れます。そのまま冷凍庫に入れるより、濡らしたタオルに巻いて入れるほうが、短時間で冷えます。

扇風機の強風に晒す

quote
濡れたタオルにくるんで扇風機の強風に晒すと、気化熱により温度が下がる。そもそも冷蔵庫自体が冷蔵庫の内側と外側を交互に巡る物質の圧力を変えることによって、気体と液体を交替させ、液体が気体になる時に熱を奪い取る作用を利用している。

紅茶・コーヒーの場合

quote
コーヒーは、出来上がる量の半分くらいの氷をサーバーに入れ、2倍のコーヒーの粉をフィルターに入れて出来上がり量になるくらいまで、ドリップします。紅茶も同じく、2倍の濃さのホットティーを作り、氷を入れた容器に漉して急激に冷やします。

10秒以内に冷却できる装置も!

quote
Enviro-Cool社という英国の会社が、急速冷却装置「V-Tex」を開発した。回転させながら冷却し、常温から5度まで45秒もかからず(販売店向け製品の場合は、10秒以内で)冷やすことができるという。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事